よくある質問

当院によくある質問をまとめてみました。

Q
どのような症状、悩みを相談していいのでしょうか?
A

カイロプラクティックはヘルスケアの専門職ですから健康全般のご相談ができます。筋骨格系のスペシャリストなので腰痛や肩こりの相談が一番多いですが、抑うつや全身疲労などの相談もあります。慢性的症状がある方の多くは医療機関や接骨院に通院した後のご相談が多いです。 「こんな症状は?」という方はお電話でお気軽にご相談ください。

  • 背骨関連の症状 頭痛、首、背中、ぎっくり腰、慢性腰痛、肩こりなど
  • 体の前面の症状 のど、顎関節症、胃が痛い(逆流性胃炎など)、胸(息苦しいなど)
  • 四肢(手足)の症状:50肩、腕、脚のしびれ、痛み、足の裏の痛みなど
  • 全身の症状:全身疲労、疲労が抜けないなど
  • 精神的な症状 不安や抑鬱 パニック障害、睡眠障害など
Q
保険証は必要ですか?
A

カイロプラクティックは保険適応ではないので必要ありません。学生の方はご予約時に学生である事を伝えて学生証を持参ください。

Q
どうして名前が”そのまんまサンシャイン”なのか?
A

これは症状とは関係ない質問ですが実際に多い質問です。実は開業前に別の治療院名を考えていたのですが友人に相談したところ、私のカイロプラクティックへの想いを上手く表現したユニークな治療院名になりました。

そのまんまサンシャイン「名前の由来」は腰痛から脱して輝こう

私がカイロプラクターを志すきっかけを作ってくれた友人は「カイロプラクティック」を通して鬱から快復しました。人間は本来、環境、コンディションが整えば自然と快復する力を持っているからです。

苦しみ、痛みの中にあるとき人は自己否定的になりがちなものです。そんな悩める相談者ひとりひとりに「そのままのあなたで輝いていますよ」という本質的メッセージの意味を込め、院の名前を「そのまんまサンシャイン」としてもらいました。

そのまんまカイロプラクティック院長
Q
何でこの場所で開業したのですか?
A

さびれた商店街ということで資金的な負担が軽かったこと。幼少のころ地元の河川敷で’’白蛇’’に遭遇した経験があるからです。氏神様の「蛇窪神社」に白蛇が祭ってあり「何となくご縁があるような」気がしています。白蛇を祭ってある神社は珍しいようですが学生時代の下宿先がたまたま東京の白蛇さまで有名な「上神明神社」の近くだったのです。

Q
ぎっくり腰を治せますか?
A

ショートアンサーは治せません。
ロングアンサーは「回復スピードを速めます」。もともとカイロプラクティックは治す行為はしていません。サブラクセーションを脊椎矯正で取りのぞき人間が本来持っている回復力をフルに発揮させるのを目的としています。軽度のぎっくり腰から、歩けないような重度のぎっくり腰まで万全な対応をしています。
軽いぎっくり腰は1-2回(1-2週の間に)、重いぎっくり腰は2-5回(1-4週の間)の来院だとお考えください。

ぎっくり腰になる方の背景には心理社会的ストレスが関連している状況であることが多く初診時に必ず確認します。
また再発性腰痛がある場合心理的ストレスが大きいかもしれません。医学誌ランセットが腰痛管理に「新たに患者教育・患者中心の医療・安心感の提供など生物心理社会モデルに基づいたケアを推奨します」としたように心理社会要因モデルでケアすることが一番大切です。腰の関節はズレていませんし壊れてもいません。

Q
何処に行っても良くならない腰痛ですが改善する見込みはある?
A

はい、改善していくと思います。ただしゴッドハンドを期待して、数年、数十年単位ある腰痛を「1回で何とかしてくれ」と言われたらそれは無理です。
先ずは数回通ってみて信用できるようであればその時点でどれ位まで回復したいか、ご相談ください。
ある程度計画的に通院出来る方ならば確実に改善していくと思います。
慢性腰痛には運動療法によるリハビリが不可欠になります。(運動器の問題なので)
場合によっては認知行動療法マイオセラピーも受けてもらっています。

Q
慢性の症状はどれくらい通う必要がありますか?
A

症状の軽度、中度、重度と患っている期間にもよります。5-6回の来院を一区切りして再評価します。お話合いをして次の目標をその都度立一緒に立てます。どれくらい回復したいか教えてください。詳しくはガイドラインのページ(別ページへ飛びます)をご参照ください。

数年単位である腰痛は慢性腰痛に該当しますから、各国の腰痛診療ガイドラインが示すとおり運動療法は不可欠であるとお考えください。運動器をリハビリテーションしていく方向で腰を含めた身体の使い方を変えていく必要があります。そうでないと緩めた関節、筋肉の良い状態を維持できないからです。

Q
椎間板ヘルニアや坐骨神経痛は改善します?
A

はい改善していきますよ。理由は多くの場合ハムストリングなど足裏の筋肉の固まりが原因であるからです。 臨床上では筋膜にそって症状がでていることも多く骨膜付近の深層部も含めた筋膜の硬化が原因だと私は考えています。

そもそも手足の症状は神経根症状(しんけいこんしょうじょう)と呼ぶよう世界的なコンセンサスがあります。 そして特に命に係わる問題が無い腰痛や脚の症状の場合はMRIやレントゲン、CTなどの「画像診断」をしてはいけないことが強調されています。 それは回復を妨害することが分っているからです。(詳しくは椎間板ヘルニアのページをご参照ください)

腰痛のガイドラインなどでは、症状と画像所見との関連性が殆んどないことから「神経根症状」という診断分類になっています。このため腰痛の為の画像診断ガイドラインでは「進行性の神経症状が無い場合、画像診断をしないでください」と強い勧告がなされています。

(Clinical Guidelines 1 February 2011)
Q
顎関節症だが診てもらえるか?
A

はい。多くのケースで何らかの改善は望めます。医療機関ではマウスピース以外の手法で改善を試みたことがありますか?歯科医や口腔外科では顔面、首の筋骨格系の調整をほとんど行わないのでは無いでしょうか? カイロの施術を受けて宿題としてお伝えする日々の運動療法を行なえば普通に改善します。 詳しくは顎関節症についてのページをご覧ください。

Q
病院で肩こりや首の痛みの原因がストレートネックだと言われたけど改善する?
A

はい。ただ注意すべき点は『症状は改善する』がストレートネックという形状は改善しません。そもそもストレートネックが首痛、肩こりの原因ではないことが統計上証明されています。
『ストレートネックが原因で痛みが出る』はマーケティング用語です。施術で首のカーブが出来ると宣伝するのもマーケティングの為です。ちょっと上向き加減でレントゲン検査をすればカーブのついた写真が撮れます。
首の機能回復や筋肉、筋膜をほぐしていくことで症状は回復していきますよ。詳しくはストレートネックについてのページをご覧ください。

ストレートネックが痛みを引き起こすことはありません。統計上証明されています。

(Eur J Orthop Surg Traumatol. 2013 Jul;23)
Q
頭痛は良くなりますか?
A

頭痛の種類によります。特に効果緊張性の頭痛や、頸性頭痛と呼ばれる頭痛です。 回復にかかる期間に違いがありますが、良くなりますよ。

特に効果が期待できるのは、緊張性の頭痛や、頸性頭痛と呼ばれる頭痛です。マッサージに行っても直ぐに戻ってしまう方も多いです。

筋緊張があまりにも強い方にはマイオセラピーも勧めています。

頭痛薬に頼っていると、次第に頭痛の頻度が高くなり、最終的には交感神経優位が常態化してしまって最後は薬も効かなくなるので早晩根本対策が必要です。頭痛で来院して下さった方の声はこちらからご確認ください。(別ページへ移動)

Q
50肩は診てもらえるか?
A

はい、得意です。強い施術に耐えられる方なら1-2カ月で日常生活が問題ないレベルまで回復します。通常半年~1年を要することを考えると驚異的な期間で回復します。

Q
腕に痛み、痺れがあって首の手術を検討しているが、その前にカイロで何とかなるか?
A

はい。多くの腕の痺れはカイロ治療やマイオセラピーで何とかなりますよ。 首の手術は中長期的に意味がないことが統計上解っていることです。

Q
アクティベータ・メソッドは使っていますか?
A

いいえ、アクティベータはやっていません。お近くでアクティベータ・メッソドを行う治療院を探すには、私の先輩にあたる土子先生へお問い合わせください。 お伝えくださるとスムースです。

Q
精神的な悩みも相談していいんですか?
A

はい、大丈夫ですよ。身体の痛みも関連していますから、むしろ悩みがないというほうが少ないです。

Q
マイオセラピー(振動療法)は痛いですか?
A

回復を急ぐ場合は痛いです。 手技療法では緩まない線維化した筋膜に意図的に炎症を起こさせる為、基本的には慣れるまでは痛いですが、強い施術が好みの方にはピッタリの施術です。

タイトルとURLをコピーしました