web予約・アクセス・料金
当日電話予約・お問い合わせフォーム

ご予約の空き状況


11日㈭予約の受付は終了しました
12日㈮盆のお休み
13日㈯11時半、18時以降ご予約可
14日㈰10時~12時開始、17時以降ご予約可
15日㈪空き時間多
16日㈫空き時間多

※ご予約の入れ替え等、業務中で更新できていない場合もあります。ご容赦ください。土日祝は比較的ご予約が取りづらい状況が多いため、早めのご予約をお勧め致します。

土日も営業 最終20pm受付 当日予約はお電話で
営業日
伊藤孝英
院長
ロイヤルメルボルン工科大学健康科学部カイロプラクティック学科日本校卒業。B.C.Sc(カイロプラクティック学士), B.App.Sc.(応用理学士)。従来の筋骨格系障害としての腰背部痛から生物社会心理的要因としての腰背部痛へとシフトチェンジ。鬱や不安障害にも着目したマルチモデルで腰痛ケアを行っています。

よくある質問– そのまんまサンシャインでよく聞かれる質問 –

当院に良くある質問をまとめてみました。

当院によくある質問をまとめてみました。

どのような症状、悩みを相談していいのでしょうか?

カイロプラクティックはヘルスケアの専門職ですから健康全般のご相談ができます。
腰痛や肩こり、痺れ、頭痛などの相談が一番多いですが、抑うつや全身疲労などの相談もあります。「こんな症状は?」という方はお電話でお気軽にご相談ください。

  • 背骨関連の症状 頭痛、首、背中、ぎっくり腰、慢性腰痛、肩こりなど
  • 体の前面の症状 のど、顎関節症、胃が痛い(逆流性胃炎など)、胸(息苦しいなど)
  • 四肢(手足)の症状:50肩、腕、脚のしびれ、痛み、足の裏の痛み、膝の痛みなど
  • 全身の症状:全身疲労、疲労が抜けないなど
  • 自律神経系の症状:イライラ、冷えなど
  • 精神的な症状 不安や抑鬱 パニック障害、睡眠障害など
整形外科や接骨院、病因に通いながらカイロプラクティックを受診しても大丈夫ですか?

もちろん大丈夫です。カイロプラクティックは補完代替医療なので、西洋医療でカバーしきれない部分を補う立場です。また当院はカイロのなかでもミキサーと呼ばれる「西洋医療が必要な場合は頼る」という立場で、何でもかんでも背骨を矯正すれば「病気が治る」とは言いません。安心してご利用ください。またその場合は、来院頻度や方向性は相談して決めていきますのでお伝えください。

保険証は必要ですか?

カイロプラクティックは保険適応ではないので必要ありません。学生の方はご予約時に学生である事を伝えて学生証を持参ください。

どうして名前が”そのまんまサンシャイン”なのか?

これは症状とは関係ない質問ですが実際に多い質問です。実は開業前に別の治療院名を考えていたのですが友人に相談したところ、私のカイロプラクティックへの想いを上手く表現したユニークな治療院名になりました。

そのまんまサンシャイン「名前の由来」は腰痛から脱して輝こう

私がカイロプラクターを志すきっかけを作ってくれた友人は「カイロプラクティック」を通して鬱から快復しました。
人間は本来、環境、コンディションが整えば自然と快復する力を持っているからです。
苦しみ、痛みの中にあるとき人は自己否定的になりがちなものです。
そんな悩める相談者ひとりひとりに「そのままのあなたで輝いていますよ」という本質的メッセージの意味を込め、院の名前を「そのまんまサンシャイン」としてもらいました。

そのまんまカイロプラクティック院長
何故この場所で開業したのですか?

昔ながらの商店街ということで資金的な負担が軽かったこと。また幼少のころ地元の河川敷で’’白蛇’’に遭遇した経験があるからです。氏神様の「蛇窪神社」に白蛇が祭ってあり「何となくご縁があるような」気がしています。

ぎっくり腰を1発で治せますか?

ショートアンサーは治せません。ロングアンサーは「的確なケアを行います。回復スピードを速め再発防止まで考慮します」。
もともとカイロプラクティックは治す行為はしていません。サブラクセーションを脊椎矯正で取りのぞき人間が本来持っている回復力をフルに発揮させるのを目的としています。
軽度のぎっくり腰から、歩けないような重度のぎっくり腰まで万全な対応をしています。軽いぎっくり腰は1-2回(1-2週の間に)、重いぎっくり腰は2-5回(1-4週の間)の来院だとお考えください。

豆知識

ぎっくり腰になる方の背景には心理社会的ストレスが関連している状況であることが多く初診時に必ず確認します。
また再発性腰痛がある場合心理的ストレスが大きいかもしれません。
医学誌ランセットが腰痛管理に「新たに患者教育・患者中心の医療・安心感の提供など生物心理社会モデルに基づいたケアを推奨します」としました。骨はズレていませんし壊れてもいませんのでご安心ください。

何処に行っても良くならない慢性腰痛、不定愁訴だが改善する見込みはあるか?

はい、充分にあります。ただしゴッドハンドを期待して、数年、数十年単位ある腰痛を「1回で何とかしてくれ」と言われたらそれは無理です。
先ずは数回通ってみて信用できるようであればその時点でどれ位まで回復したいかお伝えください。
エビデンスベースのマルチモデル対応です。目的意識を持ち、ある程度計画的に通院出来る方ならば何かしらの改善はあります。どれくらい回復したいかを教えてください。詳しくはガイドラインのページ(別ページへ飛びます)をご参照ください。

回復して行きやすい方の傾向
  1. 一般的な傾向として年齢の若い方は早く回復していきます
  2. ガイドラインに沿った、またはそれに近い来院の予定が立てられる方
  3. 以前から運動習慣のある方は早く回復します。運動の種類によっては回復を遅らせることもある。
  4. 回復に前向きな方のほうが回復しやすいです。物事の捉え方も前向きな方の方がより顕著です。
  5. 提案したエクササイズを定期的に行える方。
逆に回復していかない方の傾向
  1. 計画通りに来院できない方(理由をつけて予約を取らない方など)
  2. 数回の来院で劇的な変化を求めている方。
  3. ご自身のペースだけ考えて来院をしようとする方。
  4. 慢性痛の回復に不可欠な日常的なエクササイズを行わない方。行っていても定期的に行わない方
  5. 積極的な保存療法に参加する姿勢の無い方
  6. 痛みが出ている原因を理解できない方
  7. 物事を否定的、懐疑的に捉える傾向が強すぎる方

※社会的・経済的事情で計画を立てられない場合はお伝えください。

病院で椎間板ヘルニアや坐骨神経痛を指摘されたが改善します?

はい。理由は多くの場合ハムストリングなど足裏の筋肉の固まりが原因であるからです。 臨床上では筋膜にそって症状がでていることも多く骨膜付近の深層部も含めた筋膜の硬化が原因だからです。
手足の症状は神経根症状(しんけいこんしょうじょう)と呼ぶよう世界的合意があり、命に係わる問題が無い腰痛、痺れは「画像診断」をしてはいけないことが強調されています。 回復を妨害するからです。(詳しい根拠は椎間板ヘルニアのページをご参照ください)

腰痛のガイドラインなどでは、症状と画像所見との関連性が殆んどないことから「神経根症状」という診断分類になっています。このため腰痛の為の画像診断ガイドラインでは「進行性の神経症状が無い場合、画像診断をしないでください」と強い勧告がなされています。

Diagnostic Imaging for Low Back Pain: Advice for High-Value Health Care From the American College of Physicians,Roger Chou, MD, Amir Qaseem, MD, PhD, MHA, Douglas K. Owens, MD, MS, 1 February 2011
顎関節症は改善します?

はい。多くのケースで何らかの改善は望めます。医療機関でマウスピース以外を試みていなければ望めます。
歯科医や口腔外科では顔面、首の筋骨格系の調整を行いません。顎関節症ガイドラインではマウスピースの前に推奨されています。 根拠は顎関節症についてのページ(別ページへ移動)をご覧ください。

病院で肩こりや首の痛みの原因がストレートネックだと言われたけど改善する?

はい。注意したいのは『症状は改善する』がストレートネックという形状は改善しません。
そもそもストレートネックは首痛、肩こりの原因でないことが統計上証明されています。
『ストレートネックが原因で痛みが出る』はマーケティング用語です。
施術で首のカーブが出来ると宣伝するのもマーケティングの為です。ちょっと上向き加減でレントゲン検査をすればカーブのついた写真が撮れます。首の機能回復や筋肉、筋膜をほぐしていくことで症状は回復していきます。詳し根拠はストレートネックについてのページをご覧ください。

頭痛は良くなりますか?

頭痛の種類によります。特に効果が望める頭痛は緊張性頭痛や、頸性頭痛と呼ばれる頭痛です。
頭痛薬に頼っていると、次第に頭痛の頻度が高くなり、最終的には交感神経優位が常態化してしまって最後は薬も効かなくなるので早晩根本対策が必要です。
頭痛で来院した方の声はこちらからご確認ください。

40肩50肩は良くなります?

はいご相談ください。強い施術に耐えられる方なら1-2カ月で日常生活が問題ないレベルまで回復します。
通常半年~1年、最長6年というデータから考えると驚異的な期間で回復します。(根拠は40.50肩のページを参照ください)

腕に痛み、痺れがあって首の手術を検討中だが、その前に診て欲しい

はい。多くの腕の痺れはカイロ治療やマイオセラピーで何とかなりますよ。 首の手術は中長期的に意味がないことが統計上解っていることです。詳しくは神経根症状のページをご参照ください。

アクティベータ・メソッドは使っていますか?

いいえ、アクティベータはやっていません。お近くでアクティベータ・メッソドを行う治療院を探すには、協会理事の土子先生へお問い合わせください。 「そのまんまサンシャインに聞いた」とお伝えくださるとスムースです。

精神的な悩みは相談しても良い?

はい、大丈夫ですよ。身体の痛みにも関連していますから、身体に痛みがあって精神的な悩み、ストレスがないというほう珍しいことです。そのような場合、通常のカイロプラクティックケアに加え、認知行動療法が行われます。根拠は鬱/不安と身体の痛みの関係(別ページ)をご覧ください。

マイオセラピー(振動療法)は痛いですか?

回復を急ぐ場合は最初のうちは痛いです。 手技療法では緩まない線維化した筋膜、筋肉に意図的に炎症を起こさせる為です。言い方を変えると、強い施術が好みの方にはピッタリの施術です。