お電話でのご予約

受付:㈬以外の10時から20時まで

ご質問もどうぞ

ストレートネックを治す必要はない、首の痛みの原因でもない科学的根拠

レントゲン検査をしてストレートネックを指摘される人が多すぎる

この記事を読んでいる方は、おそらく「首、肩が痛くて」「病院でレントゲン検査をしてストレートネックを指摘されて」「どうしたら良いのか分からない」方だと思います。

そのようなストレートネックだから首が痛い、肩が凝る、ストレートネックにカーブをつけなければならないと思い込んでいる方に必要な情報です。

思いこんでいるって、感じ悪い書き方だけど、どういうこと?

通常WEBサーチを行って「ストレートネック」と調べても、「姿勢やスマホが原因」などという記事が検索上位にあたります。そしてなぜか統計的な根拠はないもののストレートネックが首の痛みの原因と書かれているものが殆どです。

お医者さんに言われたから、そうなんじゃないの?

カイロプラクティックに来られた方での問診であるあるですが、ストレートネックが首の痛みの原因だと医療機関でお達しを受けるとのことですが、問診時に特に多く訴えられる事柄の一つなのでとても残念に思っています。

ぜならば画像診断の印象は一生付きまとう傾向にあるからです。画像に囚われてしまうと、脳裏に焼き付いてしまい自分の首の痛みは頚椎の形状が問題なのだと思ってしまいます。

このページでは、そのようなことが根拠にない俗説であることを統計的な情報を基に丁寧に解説していきます。

ストレートネックは首痛の原因ではないと言い切れる根拠

首に症状を抱えている方の多くはレントゲンの写真を見ながら説明を受けると、ストレートネックが原因であると思い込んでいます。実は10年以上前からストレートネックと症状は無関係であることが統計的に明らかにされています。

ご不安な方はこのエビデンスを医療機関の方にお見せください。逆にいうとストレートネックが痛みの原因であるという質の高い研究証拠は世界中に存在しないのです。

ストレートネックと首の症状は関係ないという比較対照試験

2013年7月 EU整形外科学会による報告

頚椎前弯※の有無と首の傷害の関連性の有無は幾つかの研究で課題になっている。

頚椎に損傷がある人60人と、健康な人100人のレントゲンを比較したところ

①首の痛みの無い方で通常のカーブがある人36.5%、ストレートネックは36.5%、2コブカーブが17%、逆カーブ(逆cの字)が10%

②首の痛みがある人で通常のカーブがある人は36%と、ストレートネックは34%、2こぶカーブはで26%、逆カーブ(逆cの字)が4%

統計的に有意な差がないことが解かった。ストレートネックと筋肉の痙攣(寝違い等)、と関連付けるべきではないとしている。

(Eur J Orthop Surg Traumatol. 2013 Jul;23)

※頚椎前弯は首のカーブの事です

エビデンス三角
エビデンスレベルの表です

比較対象試験は信ぴょう性は高いものです。医療費の高騰を招いた腰痛への研究がひと段落して首痛や膝に関する研究が2010年頃から出されるようになってきました。この表に従えば2番目か3番目の信頼性の高さです。

また下の表を見てお判りのように、医師の知識や経験というのはレベルは10番目ということになります。ストレートネックが原因で痛みが出るというのも仮説であって、その仮説を医師がまことしやかに語り継いできただけです。

逆に言うとストレートネックであることが首の痛みの原因であるという証明は出来ていないということになります。

え?どういうこと?頭がこんがらがってきたぞ…

このような統計的根拠のある情報は「ストレートネック」と検索したときに、上位にくるサイトであるでしょうか?

1990年代に既にストレートネックは臨床上意義がないことが指摘されている

実はこのような指摘は以前からもされておりました。本場アメリカのカイロプラクターは画像診断権がありますから盛んに研究がなされていたようです。

1999年に福田邦彦先生によって監訳されたカイロプラクターによる画像診断学の教科書にも「ストレートネックと首の痛みに関しては臨床上の相関性はない」と明記してあります。2章p153

このようなストレートネックの統計的情報は、カイロプラクティックの教育の中に含まれています。

余談になりますが腰のカーブ有無と腰痛との関連研究は1960年代に決着している

意外と知られていない、50年以上も前に結果がでていること

腰痛患者200名と健常者200名(腰痛無い人)のX線写真を比較した結果、

腰痛患者の30%に脊柱側彎症が、1%に前彎過剰(反り腰)が、22%に前彎減少(真っすぐな腰)が見られ

健常者の45.5%に脊柱側彎症が、2.5%に前彎過剰(反り腰)が、22%に前彎減少(真っすぐな腰)が見られた。

反り腰に関しては痛みの無い人々の方が多いのです。真っすぐな腰(ストレートバック)に関しては痛みがあってもなくても、全く同じ割合です。 (Radiology. 1957 Apr)

カイロプラクティックは首の関節、筋の機能回復を目的にしている

カイロプラクティックの施術は首のカーブを付けていくのではなく、首の機能を回復させていきます。

首の痛みがある場合はレントゲンを撮る前にカイロプラクティックを受けたほうが良いのです。なぜならばレントゲンでストレートネックを指摘されると何かにつけて「私はストレートネックだから」と理由付けをして積極的なアクティブケアにブレーキをかけてしまう傾向になることも統計的に明らかだからです。

2003年に発表されているカイロのような理学療法を推奨する医学的根拠

脊髄造影やMRIなどの診断研究は適切なタイミングで行われるべきだが、ほとんどの首の痛みは、自己限定性疾患であり適切な保存療法で解決されます。

カイロプラクティックによる手あてのような非外科的治療は、頚頚腕症候群のほぼすべてのケースで最も適切な最初のステップである (Instr Course Lect. 2003;52:489-95)

首には沢山の関節が存在します

背骨

首には7つの骨があり、関節が後ろ面だけで16個もあります。前面のルシュカ関節を含めるとその倍近くの関節の数になります。真っすぐの首が問題なのではなく、それら個々の関節、それを支持している組織、筋肉などの軟部組織が使われたおらず、固まってしまっているのが首の症状の原因であることが殆どなのです。

つまり言い方を変えると、レントゲン検査でしっかりとした首のカーブがあっても、関節機能、筋肉の機能が低下していれば痛みを出すということです。

関節の機能を回復させていきます

ストレートな首にカーブを付けていくのではなく、ストレートなネックでも機能を充分に発揮させていれば症状はなくっていきます。カイロプラクティックなどの理学療法で、首の関節機能を回復させていけば症状は軽くなっていくのです。

首の形ではなく、機能性に目を向ける

世界的には首よりも、腰の症状を訴える方が多いので腰に関する疫学研究が先行しています。日本では女性は数年前から腰よりも首の症状を訴える割合が高くなったそうです。首の研究結果が出され次第、追加報告いたします。

こちらは首痛と腰痛への牽引治療の疫学調査です

良くある牽引治療に効果はあるのか??

首に痛みがある方が良く受ける機械で引っ張る牽引治療。どのような効果があるのでしょうか。

頚部痛と腰痛に対する牽引に関する7件のRCT(ランダム化比較試験)をレビュー(批判的に吟味)した結果

どの研究からも牽引の有効性は認められなかった。 首痛や腰痛、坐骨神経痛に牽引が有効だという証拠は今のところ存在しない。

(Phys Ther. 1995 Feb)

ストレートネックは悪くない(動画でまとめてみた)

以上読んで頂いた通り、ストレートネックは痛みとは関係ありません。カーブがある人でも肩が凝るわけですから、対策は同じです。

首の機能を回復させていくということです。何か質問等ありましたら、お気軽にご連絡ください。

タイトルとURLをコピーしました