鬱/不安障害と身体の痛みの関係

東京都品川区のWHO基準カイロプラクティックそのまんまサンシャインは『心身一如』をモットーに2010年に設立されました。現代医学では身体の痛みと心の問題は分けて考えられていますが、本来は人間そのものを診るということだと私は考えています。

こころと身体はひとつの如く

カイロプラクティックは背骨を通して人間を診ていくというちょっと変わった代替医療です。西洋医学と東洋医学の中間に位置すると言われるカイロプラクティックですが、心と体の世界に一石を投じられたらと思っています。

拒否したい感情≒身体の痛み

社会的なことの拒否 と 身体的な痛み について新しい研究が行われて、脳の同じ部分が活動していることがわかってきました。

研究は、最近本人が望まない別れを経験した人達に、元パートナーの写真を見せて脳のどの部分が反応しているのかをファンクションMRIで撮影した模様です。

それによると、痛みを感じる第二次体性感覚野(大脳皮質の一部分)と島と呼ばれる部分(外側溝の奥深く)にある痛みの感覚を支える要素の部分で、別れたパートナーの写真を見せた時と痛みを経験するときと同じ反応をすることがわかってきました。

この研究は社会的な拒絶と肉体的苦痛の間のオーバラップを示します。

脳と横顔
社会的な痛みと身体の痛みは同じ部位が活動する

500の研究データベースによると、この領域が発動していて肉体的な苦痛があったひとは88%と陽性的中率が非常に高かったそうです。

これらの結果は拒絶が「痛む」という考えに新しい意味を与えます。

『社会的なことの感情的な拒絶』と『肉体的苦痛』が彼らが単にともに痛ましくないという点において同様であることを示します彼らはまた、ストレス感と一般的な体性知覚表現(痛み)は共有するものがあると結論している。

うつ と診断された方、きっと身体のどこかも痛いでしょう

1999年のWHOのデータ
WHOの心理的問題に関するデータを用いて14ヶ国の患者25,916名を分析した結果、プライマリ-ケアを訪れる気分の落ち込み患者の約70%は身体症状を主訴として受診しており、最も一般的な症状は痛みに関連するものであることが判明

(N Engl J Med. 1999 Oct 28)

もう17年前のデータなのですが、いったい本邦で知っている方はどれくらいいるのでしょうか?勿論身体の痛みを診させていただくことは大切ですが背景にこのような状況があるということが大切なのです。

そして抑鬱状態自体は私は病気というよりは、社会的な問題だと考える社会精神医学的な立場に立っています。人生の危機に面したときに現れる正常な反応という立場です。

問題を広い視点でみるとグローバル化によって人間の仕事が効率性のみを重視して、非人間的(機械的)な仕事が増えているというのも背景にはあると思います。当院に来院する多くの方も、お身体の痛みを主訴として来院なさいますが背景に大きなストレスを抱えていることも少なくありません。

鬱を主訴として精神科医や心療内科からお薬を処方してもらうか、カイロプラクターを受診して『大丈夫だよ』と背中を押してもらうのかは貴方の選択です。

慢性腰痛には鬱治療が必要

アメリカのノースカロライナで、2009年の研究
慢性腰痛のための薬物処置や無意味な通院が過剰であることは、以前とあまり変わらない。
慢性腰痛の治療には「運動療法」や「うつ治療」が必要であるが、現在の慢性腰痛に対する治療処置パターンは、従来通りの薬物療法と医療機関の過剰利用であることが調査で判明。

(Spine Carey et al.2009 Apr 1)

多くの慢性腰痛の方は医療機関では無意味な治療を受けているのが現状ではないでしょうか?無意味な治療とは湿布やコルセット、牽引治療などの事です。

症状が慢性化すればそれだけ人生における創造的な時間は減ります。それは人間性を奪われるということを意味します。

問診の時点でよく解るのですが、慢性痛を抱えている期間が長ければ長いほど抑鬱症状があり、ろくに問診もできないことも少なくありません。感情的で被創造的、被害者意識という状態ですね。無理もありません、慢性腰痛の状態は脳内は鬱状態ですし脳細胞の一部の縮小してきているというデータもあるのですから。

カイロプラクターとして考えること

カイロプラクターとして感じるのは、気分の落ち込みや痛み、不安、身体機能の低下を並列で考たほうがいいんじゃないかということです。

臨床心理士や精神科の医師は施術業を羨ましと思うこともあるそうです。絶えずスキンシップがあるから。

2008年の精神医学の研究です
慢性筋骨格系疼痛に気分の落ち込みと不安障害が併存する患者は疼痛の重症度が最も高い
一部の医師は疼痛の治療によって気分の落ち込みや不安障害も改善すると信じているが、もし医師が疼痛の治療だけに集中すれば誤診と過少治療に繋がる可能性がある

(Psychosom Med. 2008 Oct)

相談者は「痛みをどうにかしてほしい、痛みだけ何とかしてくれたらいい」という言い方をしますが、痛みだけ見ていても仕方ないのが解るとおもいます。

タイトルとURLをコピーしました