日本社会で増え続ける腰痛疾患。 日本医療の腰痛対応の問題点、世界の対応との差をお伝えしてきます。

カイロプラクティック(脊椎徒手療法),腰痛,運動療法

脊椎ジャーナルに掲載されていた2018年5月の論文。

慢性腰痛の治療のためのマニピュレーションとモビライゼーションの系統的レビューとメタ分析です。

これは長年論争のある「腰痛患者に対して」背骨をゆっくり動かして ...

腰痛

3.7年の追跡調査で不眠があると1.4倍腰痛になりやすいことが判明

2014年の研究になります。労働者にたいして行われた研究で不眠症は腰痛になる兆候の一因子であることが判りました。

腰痛がある方は不眠症を伴っていることが多い ...

腰痛

ぎっくり腰など慢性腰痛化しない為に一番大事な事

慢性腰痛はぎっくり腰などと違うカテゴリーになります。腰痛が慢性化してしまうと治るのに時間がかかりますし、おもっているより大変になります。

例えば今まで言われていた加齢や加体重や ...

うつ情報,不安,心身一如,腰痛

腰痛と脳や認知機能の関連は大手メディアでも数多く取り上げられるようになってきているので、お話ししやすい状況になったので感謝です。

そもそも慢性腰痛が不安や鬱病と関連が指摘されてきたのは2000年を過ぎたころからです。私達も ...

ランダム化比較試験(RCT),腰痛

男女差のある結果に

慢性腰痛患者に対する集学的治療をする場合、職場復帰という観点において、認知行動療法は軽めのメニューの方が良いという結果が出ているようです。ランダム化比較試験なので質の高いです。

■病欠している慢性腰痛患者 ...