MENU

腰痛などの痛みをとるエクササイズの考え方

目次

痛みをとっていくエクササイズとは何でしょうか?

これは状況状況によってさまざまなのですが、基本的にはバランス良く有酸素運動と無酸素運動を行うことをお勧めします。運動をしている人で腰痛の方と全く運動をしていなくて腰痛の方ですと当然必要な運動の種類は違います。

ここで強調したいのは、慢性痛には運動療法が不可欠ということです。

上をみる女性
さあ、考えて対処しよう

そしてぎっくり腰のような急性状態の時は運動は逆効果になります。

急性期1ヶ月以内は日常生活を維持するだけで充分

3週間くらいは無理な運動は厳禁

ぎっくり腰、むちうち、寝違いの状態の時は あえて運動をすすめていません。さまざまなデータがありますが、有酸素運動などは3週間経過してからお薦めすることはあります。

慢性の痛みは、続けられる運動を見つけることが大切

6週から12週は続ける

慢性痛の方で1.2週エクササイズを続けても効果がないという方がいますが、1.2週では効果がなくて当たり前。

慢性の痛みには、効果的なストレッチなどを最低でも6週間以上続けることが必要です。運動の結果得られた動きが日常生活に活かされるには時間がかかります。結構ながい期間ですよね。当院ではマッケンジー体操など手軽にできる運動を続けてもらうことが多いです。

ヨガ
例えばヨガ

検査や施術を受けると実感しやすい

情報は多くございますので、適当なものをご自身でやってみるのも良いですし、われわれカイロプラクターの直接検査があったほうがどこがどうなっているか解かり易いですし、早く理解できるとおもいます。

最近はYouTubeなどのストリーミングサービスである程度の流れを知ることは出来ると思いますが、直接的なフィードバックが無いので、大事な部分が伝わらない、ということは覚えておいてください。

理学療法に匹敵する効果のヨガ

12週目の時点で、ヨガ群と理学療法群ではいずれも教育群よりも大きな改善が認められた。臨床的に意味のある(つまり、日常生活に変化がみられるような)疼痛と障害の改善がみられた患者の割合は、教育群の23%に対し、ヨガ群では48%、理学療法群では37%だった。なお、ヨガ群と理学療法群の間には統計的に有意な差はなかった。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28631003

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる