朝、玄関を出てからの腰痛

ぎっくり腰は何か重いものを持ち上げた後に出るパターンと、徐々に痛くなっていくパターンがあります。この症例は、朝、家の玄関を出た後じわじわと痛くなってきた腰痛です。

玄関を出て歩き始めてから出てきた腰痛

20代女性 事務職 品川区豊町在住の方です。腰痛を繰り返しているいわゆる「腰痛持ち」さんの症例です。

今回の腰痛の主な状況です。

  • 朝玄関を出てから少しずつ腰が痛くなってきて…
  • 昔からの腰痛持ち またやってしまった…
  • 少しでも楽になればと思い来院

痛みは前かがみが一番きつい

  • 前屈をすると腰に痛みがでるが、耐えられないほどの痛みではない
  • 身体を反らすことは問題なくできる
  • 右に身体を倒したときにズキッと右の腰に痛みがでる
  • 身体を動かしたときにだけ痛みがでるのは典型的なメカニカルペイン(動作時痛)です
そのまんま
そのまんま

ぎっくり腰の殆どは、前かがみになった時に痛いと訴えます。

検査と施術で 青信号 グリーンライトです

肘を見せた女性
グリーンライトは青信号
  • 問診上命に係わるような、おおきな問題はない
  • 充分な緩和操作と、カイロプラクティックによる手あて、基本的なケアです。
  • 温熱療法と日常生活でのアドヴァイス
  • 腰部へのキネシオテーピング
  • 腰痛ガイドラインの勧告に従った、腰痛教育

一晩で大きく回復

  • 施術の翌朝、すごく回復しているのが実感できた(電話で確認することが多いです)
  • 以前腰痛の時に受けていた療法より、効果的だとおもう
  • 回復までの過程を説明してくれて、その通りに回復していったので安心できた

ぎっくり腰への脊椎マニピュレーションの特徴として、施術を受けて1週間で急速に回復に向かうことが上げられます。

この方のように翌日に随分と楽になっている方も多いです。

院長のコメント

背中は脳の知覚領域が小さい

本症例のように過去に数回大きな腰痛を体験されている方は、前兆があったら早めに来院することをおススメします。多くの場合は脊柱起立筋の緊張が限界まできています。ご自身の脳が腰を認知する領域はとても狭いので、専門家に診てもらっておくと良いでしょう。

最後の腰痛にしませんか?

本症例のように何度もぎっくり腰を繰り返している方も少なくありません。当院は再発防止までしっかりサポートしているのが特徴です。

また1ヶ月に1回の頻度でメンテナンスをしておくと 腰痛になる前の段階で早期発見できます。日々のいぞがしい生活ではなかなか自分の身体に目を向ける時間がありません。中延、西大井周辺でぎっくり腰や腰痛でお困りの方は、また日ごろの身体のケアを考えていらっしゃる方はWHO基準のカイロプラクター伊藤にお任せください。

タイトルとURLをコピーしました