web予約・アクセス・料金
当日電話予約・お問い合わせフォーム

ご予約の空き状況


27日㈪午前中、14時半、18時以降ご予約可
28日㈫13時以降ご予約可
29日㈬定休日
30日㈭空き時間多
7/1㈮空き時間多
7/2㈯ご予約は全て埋まっています。
7/3㈰10時、11時、14.15.16時ご予約可

※ご予約の入れ替え等、業務中で更新できていない場合もあります。ご容赦ください。土日祝は比較的ご予約が取りづらい状況が多いため、早めのご予約をお勧め致します。

土日も営業 最終20pm受付 当日予約はお電話で
営業日
伊藤孝英
院長
ロイヤルメルボルン工科大学健康科学部カイロプラクティック学科日本校卒業。B.C.Sc(カイロプラクティック学士), B.App.Sc.(応用理学士)。従来の筋骨格系障害としての腰背部痛から生物社会心理的要因としての腰背部痛へとシフトチェンジ。鬱や不安障害にも着目したマルチモデルで腰痛ケアを行っています。

ギックリ腰で椎間板ヘルニアの診断を繰り返す

ぎっくり腰を繰り返し、そのたびに病院で画像診断を行い腰部椎間板ヘルニアの診断を出されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

その度に「私はヘルニア持ちだから仕方ない」と肩を落としていませんか?

このページはカイロプラクティックの症例を通して、腰痛持ちを脱した方のケースが書かれています。

目次

ヘルニアの診断歴が複数回

30代女性のケース

タイトルに敢えてヘルニア診断歴と記載したのは「椎間板ヘルニア」という診断名自体に苦しんでいる方が少なくないから

私自身は画像診断については、殆ど気にしないようにお勧めしています。

2009年の論文

腰下肢痛患者(足に痺れのある腰痛患者)に対する早期画像検査(X線・CT・MRI)の有効性に関するRCTを詳細に分析した。

結果:レッドフラッグのない患者に画像検査を行なっても臨床転帰は改善しないことが判明。医師は腰下肢痛患者の画像検査を控えるべき。

脚に痺れ症状がある方に画像診断を早期にしても、早く良くなることは絶対ないことが判った

男性医師

我々医師に対して脚の痺れ患者に画像診断をしないでくれ、という勧告です。

複数回同じ指摘を受けていても気にする必要はありません。腰部椎間板ヘルニアについては詳しく書いてあるページをご参照ください。

痛み 状態:腰が不安 外出もままならない

女性

10年間何度もヘルニアの診断が出てるので、腰が壊れているんだと思っています。
腰痛があるといつ歩けなくなるのかと不安で外出もできない。
真面目そうな治療院だとパートナーに勧められてきました。

そのまんま

腰痛で活動が制限されて大変ですね。

このように精神的な不安が続いている場合は、痛みや、診断名から不安障害が引き起こされているとも言えますので、そちらのケアも必要になります。

そのまんま

詳しくお聞かせください

忙しくなると出てくる腰痛

女性

そもそも10年以上前から腰痛があるのですが 3年前からは年度末に忙しくなると必ず動けなくなるほど痛い腰痛を繰り返しています。
お薬と牽引治療をしたが全く効果が無かったです。

そのまんま

痺れはどこまでありますか?

女性

右脚の膝下外側あたりまで痺れ感がでています。
一生腰痛と付き合っていかなければならないと覚悟はしているけど、年度末の忙しい時期にまた腰痛になると思うと会社経営に支障をきたすと心配です。

腰痛に牽引治療は効果がありません。三ッ星なので確実です。

牽引は腰痛や神経根症状に対して効果はない(★★★)

http://amzn.to/Hk8veA

そのまんま

それは心配ですね。
それでは身体の機能を調べる簡単な検査をしてみましょう。

検査でわかる圧痛

そのまんま

この部分は押すととても痛がりますね(腰仙部)

ガンステッドテクニックで仙骨を矯正。コックステーブルによる椎骨のけん引治療を行う。

腰痛に対して非常に強い恐怖心があるので、腰部の解剖学的な説明を含む集学的リハビリテーションを繰り返しおこなう

結果的には痛みの直接の原因は腰仙骨分の筋肉群が痛んでいて、恐怖心が痛みを助長していたのだと考えています。

さまざまな研究から心理的要因が腰痛の原因であることが発表されています。会社経営の負担や不安、腰が壊れているよ言う恐怖など様々な要因です。

慢性の非特異的腰痛に対する心理社会的介入の有効性に関する体系的レビューによると、従来の標準的な治療よりも、積極的なリハビリテーション(認知行動療法に基づく運動療法)の方が活動制限と疼痛の改善に効果的。

感想

女性

初診の時に、真剣に取り組めそうな印象でした。最初は半信半疑でしたが、腰が壊れていなかったのが来院とともに少しずつ実感できた。
腰痛への恐怖から自粛していた映画鑑賞や音楽ライブに参加できるようになって嬉しいです。
今では営業で外回りをしても平気です!
いつも腰の心配ばかりしていたがお蔭様で普通に生活できるようになれました。

院長コメント:生活の質が落ちた方は本気

腰痛と一生付き合うだなんて、そんなこと考える必要はありません。しっかり対応していけば腰痛の無い生活を取り戻していけます。

長年腰痛があると、生活の質がどんどん低下していきます。ヘルニアと診断を受けても大きな心配をすることはありません

本症例の最大の特徴は、週に1回計画的に積極的な保存療法に参加された結果です

そのまんま

運動習慣の無い生活から定期的にエクササイズをおこなうライフスタイル変更の必要性も理解してくださったことも重要です。

合計20回の来院

合計20回という来院回数でした。粘りづよく腰痛と向き合えば少しずつ回復していく良い例だとおもいます。実際には数回ぎっくり腰を起こしていますが、最終的に通年で大きな腰痛は起こらなくなりました。

腰痛と決別することで一体どれだけ多くの恵みを享受できるのでしょうか。カイロプラクティック治療の進め方に不安がある方は以下のページをご参照ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる