脇の下が何となく痛い

カイロプラクティックの症例報告になります。何かヒントになるものがあるかもしれませんから、お困りの方はご参考ください。

腰痛や肩こりがカイロプラクティックを受ける機会で一番多い症状ですが、脇の下が痛いという訴えも少なからずあります。症例の中で一部分でも参考になれば幸いです。

目次

カイロプラクティックで意外に多い訴え~脇の下の痛み~

品川区豊町在住 20代男性の例になります。男性は一般的に女性よりも関節可動域が狭いため、柔軟性が低下しやすい傾向があるのは、皆様ご存じのところです。

問題は可動域が低下した関節そのものであったり、その関節に関係している筋肉であったりします。関係している筋肉は一つや二つではないことは、解剖図を想像していただければわかります。

よく「人間の身体なので全部繋がっている」という表現をしますが、すくなくとも近隣の関節や、骨などは直接多くの組織が繋がっています。

主観的な訴え:はっきりしない場所がなんとなく痛い

  • 脇の下というか脇腹というか、どこかはっきりしない場所が痛いです。それも何となく痛い
  • じっとしていると痛みが気になって仕方がない。落ち着かない。
  • だんだん痛みが増してきているような気がする
  • 労働意欲が下がってきている

痛みが続くと神経系も疲弊してきますし、そのこと自体が抑鬱状態でもあります。痛みを長引かせない、3カ月以内に治めることがとても大切です。理由は痛みを気にする生活がベースになってしまうと何かと損失が大きいからです。

痛みは:擦れたような痛み

  • 痛みが2ヶ月以上続いているので、心配。どこか壊れているのか?
  • 特に気になる動作は、お店で在庫の出し入れする時に、脇の下にすれたような痛みがでるがイマイチどこか特定できないです。

痛みの場所が特定できない時は関連痛で、他の部位からの関連した痛みであることが多い。

肩甲骨から腕に繋がる筋肉群、大円筋、小円筋トリガーポイント

  • ローテーターカフの筋膜に強い圧痛と脇の下への関連痛’(大円筋、小円筋、前鋸筋あたり)があるので、筋膜リリーステクニックで痛みをとる
  • 起床時、就業時前に行うストレッチ指導
  • 背骨のアジャストメント
  • 胸郭からの肩甲骨の動きを意識するように指導
カイロプラクティックのテーブル
カイロプラクティックの専用テーブル

単純な筋疲労からの関連痛なら代替医療で充分に効果が発揮されます。

※夜に疼くような痛みがある場合は病理的な問題が潜んでいるかもしれませんのえ、先ずは病院に行きましょう。

まずはご自身で探してみて、見つけられたらセルフケア

毎日使う筋肉、または全然使っていない筋肉は知らないうちに疲労が蓄積されています。意識が痛いと思った時はかなり疲労がたまっていると考えてください。

彼はまだ20代なので筋の長さまでは変化は無かったですが、これが30代以降になってくると簡単には症状はとれないことが多いです

大円筋、小円筋をネットで検索してみて、ご自身でケアしてみてください。つまむようにすると大円筋や小円筋は捉えやすいです。つまんでみて大きく深呼吸を繰り返してください。いずれにせよ、生活で良く使うところは、毎日お手入れしてあげることが大切です。

20代男性のご感想
20代男性のご感想

小さなコリが肩甲骨の筋肉にあった。先ずは原因が解って良かった。
コリをとっていくのは少し痛かったけれど、施術の後はスッキリして痛みも出なくなった。最後に、教えてもらったストレッチを毎日していこうとおもいます。

解らなかったら早めに我々プロに依頼を!

もっともトリガーポイントのような関連痛は自分の思いもよらないところが原因のことも多いです。臨床上解ってきたことは殆どがこの関連痛や複合的な筋膜症状であるということです。手足の痺れや痛さも複合的な筋膜症状であることが殆どです。

やる気がでなかったり、すっきりしなかったら来院のサイン

当院はストレッチや押圧部分も丁寧にご指導しますので、家で続けていただければ再発防止につながります。痛みが出て3.4日して変化ないようでしたら、すぐに代替医療を利用するといいでしょう。 中、長期化すると、みなさんが思っているより大きな問題につながっていきます。(経験者は語る)

最新の医学でも痛みが出てからでは遅いのではないか?という議論もあります。痛みが出てしまったら、お身体がそれを記憶してしまうことが脳科学で解かってきたからです。

(日経メディカル2015.02.09)
そのまんま
そのまんま

3か月以内に何とか症状を抑えましょうというのは、大袈裟ではなく人生に関わってくる問題に発展していくリスクが高いからです。

痛みが放散していると専門知識が必要

この方は肩甲骨から腕に伸びる筋肉が痛みをだしていました。これは筋膜と脂肪組織が癒着していて自由度が低下するために痛みをだしていました。深い筋肉やホンの少しの癒着は本人には解かりづらいものです。筋肉の走行や働きを熟知したカイロプラクターが観察することで、見落としやすい痛みの原因をようやく触知できるものもあります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる