長時間ドライブ後、右脚痺れと腰痛

長時間のお車のドライブは楽しい反面、身体の使い方が一定になり筋骨格系の機能が著しく制限をうける姿勢です。このページではカイロプラクティックの症例を通じて、回復へ向けて注意したいポイントと方向性を提示していきます。

目次

医療機関で「状況次第では手術が必要」告げられた右脚痺れ

カイロプラクティックを最初にご利用になる方の多くは整形外科でレントゲンやMRIによる診断を受けています。この男性もヘルニアの症状が改善しなければ手術が必要と迫られてのセカンドオピニオンを求めての受診になりました。

セカンドオピニオンを求めてカイロ、早期に回復した症例40代男性

  • 10ヶ月前に長距離ドライブで発症
  • 右脚に強いしびれを伴う腰痛
  • MRIでヘルニアの診断が出ている
  • お医者様から「ヘルニアの為症状が改善しなければ手術が必要」と伝えられた
そのまんま
そのまんま

それでは早速ですが、先ずは 知っておかなければならない、ヘルニアへの手術成績に関する研究をご覧ください。

まずは知っておかなければならない、ヘルニアへの手術成績

椎間板ヘルニアに対する手術に関する論文81件を厳密に検討した結果、椎間板ヘルニアの手術成績は短期的に見れば良好だが長期的に見れば保存療法とほとんど変わりがなく、回復には心理社会的因子の影響を強く受けていることが確認された

椎間板ヘルニアの手術自体は急いで行う必要性は少ないものです。認知行動療法を行っているのは心理社会的側面を大切に考えているからです。患者が抱えている不安は、痛みに対する不安なのか、社会的な不安なのかはケースバイケースであると思います。

痛みと状態:手術はやはり怖い

  • できれば手術は避けたい
  • 牽引や投薬による治療を病院で2週間行うが、まったく改善が見られなかった
  • 不安でいっぱい
  • 疼痛スケールで8の強さの痛み

まずは不安を取り除くのが医療の仕事だと私は思います。病気というのは英語でdiseaseといいますが、dis+easyが語源といいます。安心感が欠如した状態だということです。病院で不安を取り除く試みがなされていないと考えられます。

検査:神経圧迫かもしれないが、神経学的所見は限られる

  • 神経学的検査では右大腿部外側、皮膚の感覚鈍磨が確認できるものの運動障害等の他の神経学的問題は無い
  • SLRは20度とかなり狭い角度となっている
  • ブラガードサイン、ボネットサインはともに陽性で神経根症状の所見は多
  • 初回はオーソドックスなカイロ治療とストレッチで様子をみる
  • 初回ケア後にはかなり症状の回復が見られたので先ずは手術の必要はないのではないかというアドバイスを行った
  • 計6回のカイロプラクティックを受けて手術は回避できた
所見からは神経根症状の疑いがやはり強いですが、4週間以内は専門医への紹介は不要、そもそも専門医を経て代替医療に相談に来ている、発症後から積極的保存療法は受けていないということから、カイロプラクティックの適応と考え対応しました。以下の論文からもわかるように、一見神経根症状ぽく見える所見でも、筋筋膜性病変である脚の症状である場合も少なくありません。

2017年の論文
国際疼痛学会(IASP)は次のように述べています。「下肢の痛みは、具体的には関連痛または神経根痛として説明する必要があります。しかしそれが疑わしい場合は、痛みは別で作られ、痛みは下肢の痛みとして説明されるべきです。」
脚の痛みを伴う腰痛の診断は依然として困難な場合があります。患者は神経根痛症候群を患っているように見えますが、神経学的障害はなく、筋筋膜性病変の兆候を示します。

Vulfsons S, Bar N, Eisenberg E. Back Pain with Leg Pain. Curr Pain Headache Rep. 2017 Jul;21(7):32. doi: 10.1007/s11916-017-0632-x. PMID: 28551736.

相談者のご感想

ご感想
ご感想

代替医療ははじめてだが、初回の施術から痛みが随分へったので期待できました。手術しなくて済みそうなので、本当に嬉しいです。ありがとうございます。
自分の身体がかなり硬くなってきているのが良くわかりました。

院長コメント:

早期に回復傾向があったのが幸いしました。カイロプラクティックは脚の痛みを伴った腰痛にもエビデンスがあります。ただし短中期的に効果ががあって、1年以上のスパンでみると差がなくなります。ですから足の症状が少し楽になることが確実にいえることです。

2009年下肢痛へも短・中期的なエビデンス RCT
腰下肢痛患者192名を対象に2グループに分けて追跡調査

①脊椎マニピュレーション群+自宅 運動+健康助言グループ
②健康助言のみのグループ
でブラインド比較試験をした結果2週の時点で
①脊椎マニピュレーション+自宅運動、健康助言グループが
どのような観点からも臨床的有意有益性を示した。

重篤な事故はない。このテストでは54週目に両グループの臨床的差はない。

ですから、この症例でも脊椎マニピュレーション+自宅でのエクササイズ、健康助言を行っています。

カイロプラクティックの考え方では、痛みがあると身体をかばう動きをします。そうするとバランスが崩れて他の部位にも機能障害が生じると考えます。その結果QOLが下がることになり、生活の他の部分で影響がでると考えます。

ヘルニアに手術は第一選択ではない

一番大切なポイントですが、痺れがあるような症状でも基本的には2.3か月はカイロプラクティックや針、運動療法、理学療法、薬物管理などいわゆる保存療法で管理するのが学問的、臨床的な結論として出されています。

(Woods BI, Hilibrand AS. Cervical radiculopathy:  J Spinal Disord Tech. 2015)

比較的短期間で回復した症例だとおもいます。手術を選択する前にカイロ治療を試してみるといいのは、このような症例でしょう。

比較的短期間で回復したのを強調しておかなければいけませんが、ヘルニアによる手術の選択は第一選択にすべきでないことは最新の情報からもあきらかで、欧州の腰痛診療ガイドラインにも明記してあります。

手術は2年後に検討すべき手段の一つ
「痺れも含めたすべての慢性的な腰痛に対する外科的な手術は、適切な保存療法を行っても2年間行って変化が無かった場合に、幾つかある方法の選択肢の一つとして行うものです」

腰痛のガイドラインにも薦められてはいません

ヘルニアの手術は腰部の最新のレーザー治療では1回週十万円と聞きます。本症例のようなものばかりではありませんが、カイロプラクティックは圧倒的に費用対効果に優れている場合があります。

2回目以降 週に2回の施術を2週間行い、症状は回復した(計6回の通院)自宅で行う体操を行ってもらい、様子をみています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる