脚の痺れ

脚の痺れの症例がまとめてあります。脚の痺れは多くの方が最初病院に行くと思いますが、 簡単には改善してこないのが現実です。残念なことに坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなど根拠に診断名を与えられて困っている方が多いです。「 そのまんまサンシャイン」ではマイオセラピーで筋膜をリリースしていくことで相対的に早い改善が見込めます。当院では脚の痺れ症状は筋肉由来であるという立場です。

足・脚・膝の症状

2日前から右脚全体が痺れる

カイロプラクティック治療により早期に回復した女性の症例報告です。神経学的な原因での脚の痺れの兆候は見当たらない SLRテストやケンプテストなど、整形外科的な検査では脚の痺れは誘発されない。結果的には1回の施術で回復したケースです。
足・脚・膝の症状

腰痛と脚裏面にジワーッとした痺れ

この方がカイロプラクティック治療の初回で症状が取れたのは、さほどストレスフルな状況ではないことと、運動習慣がしっかりあったこと(週に180分のrun)、痛みの程度が大きくなかったことです。 エビデンスとしては、「急性あるいは亜急性腰痛に対する脊椎マニピュレーションは、他の治療法に比べて短期間で疼痛および活動障害の改善、ならびに患者の満足度という点でより高い効果が得られる」というものがあります。
足・脚・膝の症状

座っていると右太もも前外側部にジーンと痛みが出るぎっくり腰の症例

山登りを控えた方へのぎっくり腰の症例です。来院時の状態としては3日前に悪化しているが、発症から数えると20日ほど経過している。1時間座っていると右腿の外側前面と鼠径部が若干ジーンと痛む。痛みが出ている時には背景にいろいろなことがあると私は考えています。多くは初対面の患者さんですから、いくら笑顔でフレンドリーに接していても全てを語ってくれるわけではありませんが、少しでもお伺いできればと思います。
足・脚・膝の症状

腰部椎間板ヘルニアで入院後

ヘルニアで1週間入院した後にカイロ治療を選択された方の症例報告です。世界の腰痛診療ガイドライン準ずる対応で歩行困難な椎間板ヘルニアも対応しています。お気軽にご連絡ください。
足・脚・膝の症状

10年ある腰痛と右脚外側が痛む(ヘルニアの診断歴)

10年ある腰痛と右脚外側が痛むヘルニア|整体に品川で通うなら【そのまんまサンシャイン】へ。WHO基準のカイロプラクティック治療で腰痛や脚の痛みはお任せ。世界の腰痛診療ガイドライン準ずる対応でヘルニアも完全対応。都営浅草線中延駅から徒歩5分で、専用駐車場もございます。是非一度お越しください。
足・脚・膝の症状

ふくらはぎに痺れ 医療機関で椎間板障害と診断を受けて

ふくらはぎに痺れ 医療機関で椎間板障害と診断|東馬込在住20代女性の症例です。品川区WHO基準のカイロプラクティック治療で脚の痺れや椎間板障害はお任せください。初回のカイロ治療で好結果だったので続けて週一回の治療をおこなっていきました。5回の来院で痺れ出現の80%減。期間を空けていき 計8回の来院でで症状の完全消失。エビデンスを交えて説明していきます。
足・脚・膝の症状

長時間ドライブで右脚に痺れを伴う腰痛

長時間ドライブで右脚に痺れを伴う腰痛|整体に品川で通うなら【そのまんまサンシャイン】へ。WHO基準のカイロプラクティック治療で腰痛や脚の痺れはお任せ。世界の腰痛診療ガイドライン準ずる対応でヘルニアも完全対応。都営浅草線中延駅から徒歩5分で、専用駐車場もございます。是非一度お越しください。
タイトルとURLをコピーしました