20年ある首の鈍痛(40代男性)

10年単位で筋骨格系の痛みに苦しんでいる方の症例です。当時はマイオセラピーを導入しておらず、カイロケアと運動療法の繰り返しで回復に至った症例です。

首の鈍痛へのカイロ・ケア:中期的に完治した症例

40代男性大田区西馬込在住。いろんなケアをしてきたが回復しなかった。近所にWHO基準のカイロプラクティックがあるのを知り、試しに来院してみた。

  • 20年ほど前から後頭部に重だるさ
  • 朝起きた時から寝る前までずっと首の重さがある
  • この症状に付きまとわれて、嫌で嫌でしかたがない
そのまんま
そのまんま

半年以上ある筋骨格系症状は、少なからず感情的なことが伴います。この「嫌で嫌で」という部分も、症状が長引いているから強調されている表現だと思います。

痛みと状態:朝から晩までの首の痛み

  • 鈍い痛みが後頭部に起床時から消灯時まで常にある
  • 交感神経過敏(痛みが長い方は攻撃的な傾向が強いです)
  • 静的触診、可動触診で頚椎は機能を著しく損なっている
  • 鈍い痛みが緊張でさらに強まると頭痛になる

検査と施術:単純に筋肉が固まってしまっている

  • 首の筋緊張が凄い
  • 頚椎は3分節ほど固まっているような状態
  • 後頭部から首いかけて充分な緩和操作
  • カイロプラクティック・アジャストメント。最初の頃は殆ど頚椎は動かなかった。
  • 来院毎に自宅でのストレッチ指導、確認を繰り返す
そのまんま
そのまんま

これくらい固まっている首も珍しいというくらい、硬い頚椎でした。そりゃ、ちょっとやそっとじゃ緩みません。けど人間の身体って少しずつ変化していくものです。

施術ごの感想:少しずつ回復を実感

  • しっかりとしたカイロプラクティックは初めて受けた
  • 20年あった症状だが少しずつ改善していくのが実感できたから、続けられた
  • 何所へいっても良くならなかったけれど、良くなっていった。
  • 時間をかけて毎回ストレッチを修正してもらえた。意地になってつづけたのが良かった。
鋤のポーズ
背骨のリハビリ

院長コメント:根性がありました。慢性の症状にはアクティブに治療

人を外見で判断するのは良くないですが、タイプ的にヨガのポーズを毎日行ってくれそうにないタイプだけど「何故運動療法に積極的になってくれたのか?」と質問したろころ、「あの痛みが本当に嫌で、なんとかしたかったから」と答えてくれました。

最初数回の来院では、翌日には首の重さが出ていたので毎週通ってもらいました。先述のとおりアジャストメントにならないくらい硬いので、モビリゼーションを中心に、頚部の可動域を時間をかけて回復させていきました。5回の来院で頭痛は消失。

改善と増悪を繰り返しながら4カ月間の間に計20回の施術を行い、20年間あった頭痛はほぼでなくなり、首も幾らか楽になってきている。15回目から20回目はヨガのアーサナなどを取り入れて積極的なアクティブケアを行っています。

首の関節が棒のように固まっていました

首の骨は7つありますが、症状がある方は複数個の関節がまとまって棒のようになっていることがあります。このような状態は筋肉を固めてしまい、悪循環になってしまします。レントゲン上では問題なく映りますが大切なのは、それらの機能性です。

何十年のある症状でも、積極的にとりくんでいけば改善していきますのでお気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました