スポーツをした後から腰痛

スポーツ後に始まった非特異的腰痛の疑い

  • スポーツをした後徐々に痛くなってきた
  • 痛みはどんどん増してきている
  • スポーツをしている時はなんとも無かったのになぜだろう…

スポーツをした後、特にぐキッとなったわけでもないが、腰痛になっていることも珍しくはありません。医学的には非特異的腰痛といいますので、原因がハッキリと言い切れないケースが多いです。臨床的には腰の筋肉の状態が硬かったり、浮腫んでいたり、弱っていたりと様々です。

20代男性でIT関係のお仕事をされいる方のケースになります。

初めての来院時の状態

  • 学生時代から毎年2回ほど、腰痛になる生活が続いている
  • 社会人になってから腰痛発生の頻度が増してきた
  • 今年はこれで5回目の腰痛になる。なぜ腰痛になる回数が増えてきたのか解らずとても心配
  • 今回の腰痛は一昨日からで痛みがある。これまで経験した腰痛と同じような痛みだが一番きつい痛みがでている
  • 日常生活に支障が出るほどではないが、何か動作をするときにかなり腰が一瞬痛む
  • 過去の腰痛の時に 医者に何度かかかり、MRIなどの画像診断まで行ったが原因が解らないという

カイロプラクティックケアの経過

初めての来院時に腰痛の発症や、概念などをしっかりと説明を可能なかぎり行う。これはストレス環境下にないか、不安や抑鬱感はないか納得していただいてから施術を行う 痛みは半分になる

2回目。20日後に再来院してもらい、80%以上回復をしていたので状況確認と腰痛に関する集学的リハビリテーションの方向性をお伝えして終了

これはカイロプラクティックケアだったから回復したのだとは、言い切れないのですが、急性腰痛の場合は日にち薬が一番たいせつです。背景にストレスが多いと、20日経過しても変化がないこともあります。
その場合は社会的なストレスが背後に潜んでいることが多いです。

院長のコメント

痛みは画像に映らないことをお伝えし、カイロプラクティックによる手あてと自宅で出来るセルフケアをお伝えしました

本症例のように、幾度か腰痛になって医療機関を転々とする方も多いです。過去に運動をしていた方や、運動習慣がある方でも腰部の使い方に偏りがあると、どうしても筋膜が硬くなってきてしまいますから、定期的なメンテナンスケアをするのに越したことはありません。

本症例のような方は一度カイロプラクティックに足を運ぶことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました