MENU
営業日
予約状況

10月19日(火) 昼以降空き時間多

10月20日(水)水曜定休日

10月21日(木)空き時間多

マイオセラピー(振動療法)

マイオセラピーは日本の医学博士、理学療法士である辻井洋一郎によって考案された根本治療法です。

欧米にもマイオセラピーという言葉があり筋肉、関節の治療家という概念が存在するが、このページのマイオセラピーは日本で登録商標がある辻井氏により考案されたマイオセラピーです。

目次

マイオセラピーは万策尽きた腰痛も改善

振動療法(マイオセラピー)はマイオバイブという低周波のバイブレーターで深層筋を緩ませ、神経根血流を回復させることで根本治療を目指します。

マイオバイブにより筋肉、筋膜といった軟部組織を施術します。今でこそ筋膜リリースといった用語で一般的になりつつありますが20世紀後半では、正統な医学界では容易に受け入れられていませんでした。

徒手による起立筋群へのポンピングに始まったマイオセラピーは、より効率的な施術が行えるよう1990年代にバイブレーターの開発が行われ進化を遂げてきました。

狭義には食事や運動指導も含めたものがマイオセラピーですが、このページでは筋骨格系への施術法を説明します。

あらゆる腰痛治療に効果を感じなかった方

マイオセラピーは接骨院、理学療法、漢方、整体、マッサージ、指圧、カイロプラクティック、針きゅう、運動療法、ストレッチ、精神療法、ゴッドハンド、 手術など、どんな施術を受けても改善しなかった方、満足できなかった方も回復を期待できる治療法です。

標的はカチコチになった背中の筋肉

上記の療法で回復しなかった理由は筋肉が固まってしまっているから。皆さんが思っているより筋肉は硬く、線維化し、癒着ています。

マイオバイブ
マイオバイブ

マイオセラピーの仕組み

振動療法(マイオセラピー)は手技療法の延長線上にあります。皮膚に近い筋肉群は手や指で押圧をすることができますが、深層筋肉は触れることが出来ません。

中国針を使用して筋膜、骨膜を刺激することは可能ですが、その部位の血流を回復させるためにポンピングすることは不可能です。

マイオバイブと呼ばれる特殊なバイブレーターは他の療法では届かない、短縮してしまって刺激しきれない筋肉や結合組織を強力にポンピングし血流を回復させることを可能にしました。

※筋肉のパラドクス
マイオバイブの振動は20H前後です。筋肉は50Hz以下の振動で緩み、50Hz以上の振動では収縮するという特性があります。
市販の低周波治療器は100Hz以上ですから10分以上は使用しないでくださいと注意書きがあります。筋肉が硬くなるからです。

腰痛治療の最終兵器

マイオセラピーはあちこち通っても不快な症状が一向に治まらない、対症療法ではなく根本的に治したい方が最後に頼る療法です。

1回あたりの身体への負担が大きく回復に時間を要するため、通常は3~6週間に1度のペースで続けます(120分の場合)。

先ずは焦らず月に1回、1年間受けてみる(120分の場合)、3~4年をかけて根治を目指します。

浅筋膜のリリースから

浅筋膜イメージ
皮下組織から浅筋膜へ

深層筋まで届く治療法ですが、最初から深層筋を刺激できるケースは稀です。

まずは浅い皮膚の下にある脂肪層の癒着、脂肪層と筋膜(浅筋膜)の癒着、筋膜と筋線維の癒着をリリースしていきます。

浅筋膜の癒着が取れてくるだけでも随分楽になりますし回復の期待が生まれるでしょう。

次に筋硬結や短縮した筋にアプローチ

浅層がリリースされたら、次は実際に硬くなっている筋肉をポンピングしていきます。背骨周囲の筋肉は4層、5層になっています。

筋の走行も各筋肉違っていますので、それに応じた対応をしていきます。筋硬結が回旋筋や多裂筋といった最深層に発生していることも多く、それらの筋肉が短縮していると鈍く思い痛みが発生します。

深層筋イメージ図
深層筋の筋膜癒着のイメージ

この層がしっかり押せると、手足の痺れも含めた多くの症状が深層筋が関与しているのを実感します。

最終的には脊髄神経根の血流を回復させる

筋肉が硬くなって血流不足になり痛みを発しているのですが「痛みの背景には神経の酸欠があります」。筋肉の塊を除去していくことで背骨の関節の可動域もひろがるようになります。

筋硬結が無くなってくると脊髄神経根の血流不全症候群が改善していきます。神経根の血流改善が痛みの根本的な解決を実現させます。

その過程で筋膜の癒着や硬化、筋肉の短縮や筋硬結を可能な限り除去してく必要があるのです。

神経根の解剖図
左の腰骨の間から出ている神経根

マイオセラピーの施術風景

実際の施術の様子です。マイオバイブの先端は1㎝以下になります。意図的に筋肉の炎症を起こさせる為、筋肉の炎症が治まりコラーゲン代謝が正常化するのに2~4週必要です。

当院での実際の施術風景 (モデル;ウクレレさん)

基本的にはうつぶせ

施術はうつ伏せになって傍脊柱筋(ぼうせきちゅうきん)を施術します。脚に痺れがある時は脚部への施術も行います。

マイオセラピーでしか取れない筋硬結が取れていき、体調が良くなってくると『子供の時のようにぐっすり眠れる』『夏バテしなくなった』『趣味が変わった』など生活の質が変化します。

皮膚、皮下組織の浮腫みがある痛い

個人差が非常に大きいですが、知覚過敏な状態ですと表層の筋膜をマイオバイブ触ると痛みがあります。

最初は「チクチクする感じ」「焼けるような感じ」が表れることが多いです。

施術慣れした方や痛みに強い方は、まさに触って欲しい部分をポンピングして貰えるので「死ぬほど気持ちい」などと表現されます。

マイオセラピーで回復する順序

先ずは頭の中を整理するために、日常生活で痛みが出てくる順序をお教えします。

神経根の血流不全により末梢神経の閾値が下がることで、過敏性(Denervation)が起きて症状がでます。過敏性は以下のような順番で起こります。

症状が出てくる順序(神経過敏性の順序)

  1. 慢性痛や痺れなど知覚神経障害
  2. 筋緊張亢進や筋硬結などの運動神経障害
  3. 内臓平滑筋の緊張亢進や自律神経の失調などの自律神経障害

マイオセラピーで回復する順序

従ってマイオセラピーを受けることによって回復していく順番、つまり神経の過敏性が落ち着いてくる順番は症状が出てくる順番の逆になります。

  1. 内臓平滑筋や自律神経系
  2. 筋緊張亢進や筋硬結などの運動神経障害
  3. 慢性痛や痺れなど知覚神経障害

最初ぐっすり眠れるようになるのは自律神経系の過敏性が治まるからです

瞑眩反応(好転反応)が鍵

瞑眩反応(めんげんはんのう)や好転反応(こうてんはんのう)は漢方で重要な反応とされています。

瞑眩反応は体質が変わる時に出る反応です。「瞑眩なくして効果なし」といわれるくらいの大切な反応です。

マイオセラピーで傍脊柱筋が緩んでくると瞑眩反応が出ます。体質改善をする反応ですから、身体がだるく感じられ、反応は大きいです。

「かえって悪くなってしまったのでは?身体がおかしくなった?」とお感じかもしれません。反応が出たときはゆっくり休んであげましょう。

それぞれの筋肉は背骨の分節レベルからでてくる神経によって張りが制御されています。筋肉が緩めば、神経機能に変化が起きます。

日本マイオセラピー協会員

会員証
マイオセラピー協会会員

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる