じっとしてると足の指が痺れ痛む女性

じっとしていると足の指1~3指が痛むというと、むずむず症候群のような状態であったのだと思います。

お薬の処方がとても多い(12種類)を服用されている状態でのカイロプラクティックケアになります。

じっとしている時だけ痛い50代女性の症例

女性の足
足指だけの症状

歩行時や起床時に足が痛い方は多いですが、じっとしている時だけ痛いのは珍しいです。施術を重ねるとお互いにお話ししやすくなるのですが、線維性筋痛症などさまざまな事が要因であるのが解ってきました。

来院時の痛みと状態:服薬量が多い

  • 寝ていたり、座っていたりすると両足指の1~5指のが疼き痛む
  • 歩いていると楽。冬場は特に症状が顕著
  • 12種類の向精神薬、睡眠導入剤などを服用
  • 昔は歩き回れたが、最近は易疲労性である
  • 線維性筋痛症の診断が出されている

 12種類はちょっと多いですよね。抑鬱症状があるにせよ基本的には単剤処方というのがガイドラインに記されています。
服用が多岐にわたると薬害として新たな症状が上乗せされていきますので、複雑になってしまいます。

5種類以上飲んでいる場合、ポリファーマシーと呼ばれ、どのような相互作用が起きるか予測できない状況であると医学では指摘されています。
ポリファーマシーは5種類以上の薬を使っている状態

検査:脊柱はかたく動かない、足の指はふやふやしている

  • 脊柱は全体的に弾力性に欠け、腰椎は動きに欠ける
  • 計4回の治療の中でストレス要因を特定
  • 足の指は動きが鈍く、張りがすくない。
  • 足部を中心にモビリゼーションと緩和操作を行い、自宅での足指運動の指示
  • 主訴の左足は残ったが4回の対応を経て、ペインスケールでは半分になった

ご感想

50代女性の感想
50代女性の感想

医学では原因不明だったが、様々な角度から検査をしてもらって興味深かった。痛いといってもさまざまな痛みがあり、気持ちの面も含めて少し楽になったので安心しました。

はじめてお話することが多くて、自分でもびっくりしている。

院長コメント:心理的要因も大きい

この方のように種々のお薬を長年服用されている方も少なくありません。痛みは過去の経験や脳が覚えているという要もあるので、なかなか全快というところまではお時間がかかります。

簡単なフィジカルケアと会話の中で、少しお気持ちの整理ができたのではないかと思います。

私にも経験があるのですが、なかなか人に話しづらいことを話してみると気持ちが晴れるものです。
大変な想いをされている、過去にされた方の背中を少しでも押してあげられればいいのかなと思っています。

慢性的な痛み: 体と脳が出会う場所
慢性的な筋骨格痛は、臨床医が直面する最も手に負えない臨床問題の 1 つであり、患者にとって壊滅的な影響を与える可能性がある。
脳による痛みの増幅は未だ完全に説明できない知覚痛であり、痛みの伝達または下行性疼痛調節経路の生理学的変化によるものです。

誰にでも脳による増幅は、痛みそのもの、または神経障害による痛みを複雑にする可能性がある。さらに、身体表現性障害(心の痛みが身体の痛みとして表れる)患者は、痛みへの心理的問題または行動的問題があり、それが臨床症状に大きく関わっている可能性があります。

脳による痛みの増幅に関連する遺伝的、生理学的、心理的要因が理解され始めています。

慢性痛の 1 つの重要な要因は、知覚ストレスとストレス応答システムです。
私たちや他の研究者は、生理学的ストレス反応と慢性痛の症状との間に複雑な関係があることを示してきました。
残念なことに、慢性痛の治療は今のところとても不十分で、しばしば臨床結果を悪化させます。
慢性疼痛患者のための新しい治療戦略を開発することは、非常に緊急の課題です。
この論文は慢性的な痛みについて考え、新しい治療法を開発するための枠組みを提供します。

Crofford LJ. Chronic Pain: Where the Body Meets the Brain. Trans Am Clin Climatol Assoc. 2015;126:167-83. PMID: 26330672; PMCID: PMC4530716.

慢性痛は複雑で、体験や心理学、遺伝的なことも関わっていて、各個人もしかすると原因が違う可能性も秘めています。

タイトルとURLをコピーしました