腰痛・股関節痛など腰回りの症例

腰痛・股関節痛など腰回りの症例腰・股関節の症状

腰痛、ぎっくり腰、慢性腰痛などの腰回り、お尻回り、股関節といった骨盤周りの症例をまとめてあります。WHO基準カイロプラクティックそのまんまサンシャインは背骨の矯正(脊椎マニピュレーション)を中心に認知行動療法、マイオセラピー、運動療法を適宜組み入れた最強の腰痛対策をしております。どこに行っても回復しない方は特に参考になると思います。

カイロプラクティックだけでも腰痛には効果的ですが、中にはカイロプラクティックの治療が効かない方もいらっしゃいます。そのような経験をされた方も居ると思います。

そのような場合、抑鬱症状が強すぎる、運動が足りていない、カチカチに固まった筋硬結が腰にあるのいづれか、もしくは複数あります。そのような観点から説明してありますので、ご参考ください。

ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

腰・股関節の症状

週末に寝過ぎると出る腰痛

週末に寝過ぎると出る腰痛も以外に多い症例の一つです。最新の腰痛診療ガイドラインでは、発症4後週間以上の亜急性・慢性腰痛に対して鍼治療とマッサージ(虚血圧迫)を推奨しています。 これは古来から行われている療法に分があったということです。
ぎっくり腰

椎間板ヘルニアの診断を繰り返す

ぎっくり腰を繰り返し、そのたびに病院で画像診断を行いヘルニアの診断を出されている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 2020年にもなると、周囲の治療院や病院でも腰痛治療に画像診断はほぼ必要ないということをお伝えするようになって...
ぎっくり腰

ぎっくり腰にストレッチは禁物!体感運動も意味がない!?

ぎっくり腰の時は、敢えてストレッチをしなくてもいいです。効果がないことが統計的に明らかだからです。無理にストレッチをすると余計に痛くなる可能性を含んでいます。それよりは日常生活を維持することを意識しましょう。
腰・股関節の症状

諦めていたSEの腰痛が見方を変えて好転

品川区在住で39歳男性、職業はシステムエンジニアの方のご相談です。近年のデスクワーク、テレワーク化で座りっぱなしで腰痛になるケースも多いです。腰痛、肩こりと姿勢の悪さを「何とかしたい」というの方も多いもの。 デスクワークの女性 とく...
腰・股関節の症状

腰椎すべり症の診断がある20代女性の腰痛

20代女性で第5腰椎のすべり症と診断された症例です。データを照らし合せて心配ないことをご説明してカイロプラクティック治療を行いました。すべり症と診断されて心配な方は是非一度お越しください。
ぎっくり腰

ぎっくり腰で歩けない50代男性

50代男性4回目のぎっくり腰 品川区二葉町在住 急性腰痛は人生で4回目1週間程度不眠傾向前回のぎっくり腰は10年まえ 痛みがあると、基本的には眠りが浅くなります。回復に向かう気配が無いと不安がつのり、不眠傾向になります...
腰・股関節の症状

分離すべり症の診断がでている腰痛

脊椎分離症や脊椎すべり症の診断が出されている方も、腰痛をうまくコントロールできるようになるというケースです。 脊椎分離すべっている状態が腰痛の原因だと思っていた50代男性 中学生の頃から分離症がある カイロプラクティックは初め...
慢性腰痛

もともとサインバルタを服用していた方が腰痛治療で来院

カイロプラクターですが、サインバルタの慢性腰痛への処方に疑問を感じます。サインバルタの腰痛適応へ至った背景、海外の様子と、カイロプラクティック治療の症例報告を参考に、根本的には腰の機能回復が必要であることを解説していきます。この方はサインバルタを3年間服用したまま、慢性腰痛の治療で「そのまんまサンシャイン」に来られたので、従来のカイロプラクティック治療と運動療法で十分に回復に向かいました
ぎっくり腰

ぎっくり腰 椎間板ヘルニアの診断あり50代男性

背景にストレスが多い状況でカイロプラクティックの施術 ぎっくり腰で病院に行ったときにヘルニアと診断された男性のケースです。痛みで眠れないということで、藁をもつかむ思いでいらっしゃいました。 問診時の状況 4日前に朝起きた...
腰・股関節の症状

筋トレを続けているが再び腰痛

50代男性、人生5回目のぎっくり腰という事で来院。本人は腹筋背筋さえしておけば大丈夫と思っていたのですが、そうでは無いということをご説明しました。腹筋と背筋のバランスが崩れることで腰痛になる。とまことしやかに言われていま品川区で腕の痺れの治療ならカイロプラクティックそのまんまサンシャインへすが、そのような根拠となる統計学的な医学情報はどこにもありません。 筋力を維持するためには腹筋や背筋は効果的ですが、腰痛になる時はなります。
タイトルとURLをコピーしました