システムエンジニア悪い姿勢が長く腰が痛い

品川区在住で39歳男性、職業はシステムエンジニアの方のご相談です。近年のデスクワーク、テレワーク化で座りっぱなしで腰痛になるケースも多いです。腰痛、肩こりと姿勢の悪さを「何とかしたい」というの方も多いもの。

デスクワークの女性
デスクワークの女性

とくにテレワークが始まってからは、わたしも腰が痛くて仕方ない。

同じ悩みの方も多いとおもうし、何かヒントがあるのかしら?…

デスクワークの方の腰痛は最近多い

情報を探して来院

品川区内には実に多くの施術院がありますが、比較的情報量が多い当院を選んで来院してくださいました。

カイロプラクティック症例報告で腰痛の知識を獲得しよう

この30代男性の「カイロプラクティックそのまんまサンシャイン」来院時のご自身の訴えはこのような感じです。

  • 腰の痛みは、去年経験した「人生最大級のぎっくり腰」を10の痛みとした場合、8ぐらいの痛みがある状態
  • 「座っている姿勢も長く、蓄積されて腰痛が悪化してきた」
  • 腰痛について比較的詳しく記述してある当院の症例を読んで、腰痛に対する知識も獲得したい
  • 肩こり 腰左の腰=胃の裏あたりが「うずくような痛み」、左の股関節は動かすと痛い

 問診では長い日は12時間もデスクワークをなさっているとのことです。そりゃ身体に良くないです。欧米の研究では座っている時間に比例して死亡率が上がることが指摘されています。

プログラミングという職業上、座り姿勢が悪い事は自覚している

ご本にの自覚もあり、ずっと 仕事をしていて仕事が忙しくなるとかなり悪化する。

去年は人生の中で最大級の「ぎっくり腰」があり、その時は立ち上がることができなくなった経験があり、徐々に体力の低下を感じている。

リハビリテーションは必須です

カイロプラクティックには二十歳くらいの時に猫背を矯正したいということで以前通った経験がある。ご本人にその時背骨のリハビリは行ったかという質問をしたところ「していない」とのこと。

普通に考えればリハビリテーションをしないと姿勢は良くなりません。その姿勢を維持するために神経系がフル活動して、あたり前のように良い姿勢を維持するようになるには、ある程度の期間が必要です。 

IT関連の仕事では座位時間が長くなるため、姿勢への影響は当たり前ですがあります。

長期間ですと、腸腰筋の短縮もおこり身体全体への影響があります。幸いこの方は、身体がやわらかく四肢の屈筋軍は短縮していませんでした。通常は男性であればほぼ伸びづらくなっているとお考えください。

座り姿勢
座っている時間が長いと腸腰筋や大胸筋など身体を丸める筋肉が短縮してきます。

社会との向き合い方も姿勢に影響

視診ではかなり姿勢が悪くて、 お話ししている時も背骨を曲がった状態で使っているのがすごく気になりました。 

多くの研究で姿勢が悪いと
「世界の悪いことをしょい込んでいる」
「周りで起こる悪いことも自分のせいだ」
と考える傾向が強くなると指摘されています。会社の主任クラスになると、そのような傾向でないと全体を管理できないということもあるでしょうが、健康を害するまでになると考えものです。

そうのような観点のご説明も加えながら、施術、リハビリテーションを行っていきます。場合によっては、認知行動療法を行い、どのような時に姿勢の悪さや腰痛を感じやすいのかを探っていきます。

体力の低下を感じていて、健康になりたい

壁にうな垂れる人間
体力の低下を実感している…

当院のホームページにもあるように、単に腰痛を改善させるだけでなく、本気で健康になりたいという希望であったので、 しっかりご指導をさしてもらいました。 意欲のある方、行動派、有言実行というタイプの方ですので、指導が功を奏しました。 

本人は運動には興味がないという事だったのですが、40歳を手前にして随分体力の低下を感じており、「健康維持増進には運動が不可欠です。カイロプラクティックだけで体力が向上するというエビデンスは今のところない。」とはっきりとお伝えしました。正直な方で真摯に取り組むということを言ってくださり、実行されました。 

このクライアントさんの目的を叶える来院頻度の提案として、「週1回を8回ぐらい、つまり2ヶ月ぐらい来院してみたらどうですか?」ということをお伝えしました。実際に通院を始めるてから2回の時に随分良い状態を維持できるようになりました。

運動能力が異常に高い

これはもともと身体の使い方の研究を子供の頃からしている方だということを後ほど知らされて私も納得しました。身体能力がずば抜けて高い方だったということです。なおかつ率先して運動療法やってくださったことが早期回復に繋がっています。

要求する動きを直ぐに体現できる能力

4回目の来院からは来院スパンを伸ばしていき、現在ではメンテナンスっていう意味では月1回の来院で背骨の調整をしていいます。

施術は頚椎、胸椎、下部胸椎、腰椎、骨盤のアジャストメント。これは背骨の動きが悪くなってる関節に対して、動きを良くする背骨の矯正です。あくまでも動きを良くしているだけで、決してズレを直すわけではないです。

背骨は24個ありまして72個の関節がある。で骨盤を入れると74個の関節なんですけど、それら一つ一つが日常生活の中で、ちゃんと動いているかが重要であるとカイロプラクティックでは考えます。

しっかり調整して日々の生活の中でしっかり使えるようにしていく、ひいては神経系の状態を改善させるという仮説のもとカイロプラクティックは成り立ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました