web予約・アクセス・料金
当日電話予約・お問い合わせフォーム

ご予約の空き状況


27日㈪午前中、14時半、18時以降ご予約可
28日㈫13時以降ご予約可
29日㈬定休日
30日㈭空き時間多
7/1㈮空き時間多
7/2㈯ご予約は全て埋まっています。
7/3㈰10時、11時、14.15.16時ご予約可

※ご予約の入れ替え等、業務中で更新できていない場合もあります。ご容赦ください。土日祝は比較的ご予約が取りづらい状況が多いため、早めのご予約をお勧め致します。

土日も営業 最終20pm受付 当日予約はお電話で
営業日
伊藤孝英
院長
ロイヤルメルボルン工科大学健康科学部カイロプラクティック学科日本校卒業。B.C.Sc(カイロプラクティック学士), B.App.Sc.(応用理学士)。従来の筋骨格系障害としての腰背部痛から生物社会心理的要因としての腰背部痛へとシフトチェンジ。鬱や不安障害にも着目したマルチモデルで腰痛ケアを行っています。

2日前から右脚全体が薄っすら痺れる

カイロプラクティックの施術の経過を簡単に書いてあります。

脊椎マニピュレーションは足の痺れへの効果は明確ではありませんが、明確な痺れでない場合は早期の回復が期待できると経験上感じています。

目次

右脚が何となく痺れる30代女性:早期回復した症例

脚の痺れにもいろいろありまして、歩けなくなるほどの痺れや、何となく痺れているなど状態は人それぞれ。この方はじわっとした痺れ感があったのですが、早期に回復した症例です。

来院時の訴え:おふろで温めても取れない脚の痺れ感

  • 床に座っていたら右脚全体が痺れてきた!!
  • 姿勢を変えても、お風呂でゆっくり温めても痺れが無くならない
  • 眠っていても痺れが気になり熟睡できない

 30代女性 兼業主婦 川崎市中原区在住

痛みと状態の確認:全身緊張しており落ち着きがない

  • 床や椅子に座っていても、脚に痺れが出る
  • 背中全体の筋肉の緊張が著しい
  • 落ち着きが無くイライラしている
  • 子育てと仕事の両立で充実はしているが、忙しい

検査:目立つ所見はないが、疲労からか身体全体が緊張

  • 神経学的な原因での脚の痺れの兆候は見当たらない
  • SLRテストやケンプテストなど、整形外科的な検査では脚の痺れは誘発されない
  • 起立筋群の過緊張、脊柱の機能不全があるのでオーソドックスなカイロプラクティック治療

ご感想:「自分には合っています」

女性

痺れは1回の施術でなくなったので、今まであった肩こりも治してもらおうとおもいます。

肩こりのような慢性の症状は、基本的にはアクティブケア、運動療法が必要ですが、少しずつ改善してくるといいですね。

院長コメント:「痺れの原因はさまざま」

脚の痺れの原因はさまざまです。筋肉からの関連痛の場合もあれば、ヘルニアなどの神経根症状の場合もあります。

この女性の場合は何か誘発できる因子がなかったのと、なんとなく脚に痺れ感がある状態でしたので、身体全体の緊張が作り出す感覚である気がします。

多くの場合は筋膜が連結しているので、筋肉、筋膜の張り、浮腫などで症状を感じます。

早めの対応が大切です

完全に神経根症状であったり、歩行障害があるほどの症状である場合は時間がかかる場合が多いですが、この方はそうではありませんし、症状が出てから直ぐに来院されたことも良い結果に結びついたのだと考えています。

いずれにせよ初めての来院の状態で最悪、最善のケース、これまでの症例と比較して、どれくらい時間が必要そうかはお伝えすることができます。他の治療院で納得いかない方もお気軽にご相談いただければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる