品川区のWHO基準カイロプラクティック。エビデンスに基づく対応で腰痛や肩こり ヘルニア 首痛、うつ病などの根治をサポートします。

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

腰痛と脚裏面にジワーッとした痺れ

カイロプラクティック治療による症例報告です

過去に3回動けなくなるような腰痛の経験がある方への、カイロプラクティック治療報告です。ハムストリングから脹脛部への痺れも有しています。

40代男性 屋外での調査員 

  • 初めてのぎっくり腰は20年前。前回の大きなぎっくり腰は3年前
  • 今回は大きな腰痛になる前に予防的に診てもらいたい

 

初診時の痛みと状態

疼痛図

実際ご記入頂いた痛みの図

出張前に調整しておきたい

  • 痛みの強さは2/10である
  • 両側の脚部後面にじわっとした痺れがある
  • 痺れは眠っている時に不快感がある
  • 来週から出張なので、悪化する可能性を低くしたい

検査と施術

バックラインの緊張
そのまんまサンシャインのカイロテーブル

  • FFD(前屈運動)は恐怖で控えたい…検査不能
  • 骨盤と腰椎に機能不全
  • 緩和操作とスパイナルマニピュレーション
  • スウェーデン式リラクゼーションエクササイズの処方

施術後

前屈は問題なくできるようになる

  • 施術後に前屈をしたら問題なかった
  • じわっとした両脚の痺れ感もなくなった
  • また頃合いをみて電話します

院長のコメント院長

バックラインの緊張は多いです

最後に前屈をしてもらった時に「あれ?なくなっちゃった」という残念そうなコメントが印象的でした。腰痛の方の半分くらいの方は初回の施術で症状がなくなると、少し残念そうなリアクションをされます。

その時は「残念でしたねぇ」と返すようにしています。

この方のように1度腰痛になると、統計上は殆どの方が再発をします。現時点では仕方のないことですが、誰しもがそういうものだということで悲観的にならないことが重要です。

■★腰痛を起こした人の大半は2年以内に再発するかもしれない。しかしこれは腰痛が深刻な病気であるという意味ではない。再発のない時期には、ほとんどの人が通常の日常生活を送ることができるし、症状もほとんどない。http://1.usa.gov/12Nesga

 

この方がカイロプラクティック治療の初回で症状が取れたのは、さほどストレスフルな状況ではないことと、運動習慣がしっかりあったこと(週に180分のrun)、痛みの程度が大きくなかったことです。

■急性あるいは亜急性腰痛に対する脊椎マニピュレーションは、他の治療法に比べて短期間で疼痛および活動障害の改善、ならびに患者の満足度という点でより高い効果が得られる(★★★)。http://amzn.to/Hk8veA

バックラインの緊張と記しましたが、バックラインは足先から背中を通って額まで繋がっている筋膜のラインです。単に痛みをとるだけというようりは、将来的なことも考慮して、前屈系のストレッチは行っておいて損はないとおもいます。

再発防止も含めて、腰痛前向きに向き合っていきたい方はご連絡ください。

2日前から右脚全体が痺れる

脚の痺れへのカイロプラクティック治療
川崎市中原区在住 30代女性へのカイロ治療

痺れにもいろいろありまして、歩けなくなるほどの痺れや、何となく痺れているなど状態は人それぞれ。この方は早期に回復した症例です。

早期回復した症例です

来院時の訴え
  • 床に座っていたら右脚全体が痺れてきた!!
  • 姿勢を変えても、お風呂でゆっくり温めても痺れが無くならない
  • 眠っていても痺れが気になり熟睡できない

 30代女性 兼業主婦 川崎市中原区在住

悩める女性

問診による痛みと状態の確認

疲労からか身体全体が緊張

  • 床や椅子に座っていても、脚に痺れが出る
  • 背中全体の筋肉の緊張が著しい
  • 落ち着きが無くイライラしている
  • 子育てと仕事の両立で充実はしているが、忙しい

検査と施術

これと言った所見はないカイロテーブル

  • 神経学的な原因での脚の痺れの兆候は見当たらない
  • SLRテストやケンプテストなど、整形外科的な検査では脚の痺れは誘発されない
  • 起立筋群の過緊張、脊柱の機能不全があるのでオーソドックスなカイロプラクティック治療をおこなう。

ご感想

自分には合っています安心の女性

  • 痺れは1回の施術でなくなったので、今まであった肩こりも治してもらおうとおもいます。 

院長のコメント

痺れの原因はさまざま

脚の痺れの原因はさまざまです。筋肉からの関連痛の場合もあれば、ヘルニアなどの神経根症状の場合もあります。

この女性の場合は何か誘発できる因子がなかったのと、なんとなく脚に痺れ感がある状態でしたので、身体全体の緊張が作り出す感覚である気がします。

結果的に1回の施術で回復しました。

早めの対応が大切ですサンシャイン長

完全に神経根症状であったり、歩行障害があるほどの症状である場合は時間がかかる場合が多いですが、この方はそうではありませんし、症状が出てから直ぐに来院されたことも良い結果に結びついたのだと考えています。

お問い合わせはこちら

  • 都営浅草線中延駅A3 徒歩6分
  • 東急大井町線中延・荏原町駅徒歩7分
  • JR横須賀線 西大井駅 徒歩7分
  • 東急バス 荏原営業所 徒歩2分

Home> 症例報告>  脚の痺れ> 2日前から右脚全体が痺れる

10年ある腰痛と右脚外側が痛むヘルニア

ヘルニア歴10年 右脚くるぶしまで痛みが続く
品川区大井町在住 30代男性

劇的に改善した症例です

  • ・右脚の外側 くるぶしのあたりまでに痛み腰痛の男性
  • ・10年前から腰痛
  • ・計5回ほどMRI撮影を行っておりヘルニアの突出は少しずつ減ってきていることを確認

30代男性 公務員 品川区大井町在住

痛みと状態

疲労が蓄積されると現れる症状

  • ・疲労がたまると腰と脚が痛むが、運動機能に異常も見られない
  • ・10年前から腰痛があり、今回も疲労蓄積で右脚の外側にくるぶしあたりまで痛みがでる
  • ・何度かお医者さんと相談してきたので、一生この症状と付き合っていくと考えている
  • ・MRI検査は過去に5回は行っている。ヘルニアは小さくなってきているが症状に変化はない

検査と施術地域唯一のコックス牽引テーブル

  • ・検査では神経学的検査に異常はなく、運動機能に異常も見られない
  • ・腰椎椎間関節の機能低下があるので、カイロプラクティックアジャストメント
  • ・腰部の筋肉 臀部の筋肉の緊張が見られたので緩和操作と筋膜リリーステクニックを行う

  • ・神経根症状とは考えにくいため、集学的なリハビリテーションを行う

施術ごの感想

感違いでした安心した男性

  • ・完全に腰が壊れていると思い込んでいたので、目から鱗でした
  • ・こんなにも早く症状が取れるとは思っていなかった
  • ・これで好きな自転車や山登りが満喫できます

院長のコメント

自分で考えて整理すること品川区で腕の痺れの治療ならカイロプラクティックそのまんまサンシャインへ

MRIは何度か撮影すると、ヘルニアが無くなっていくのが確認できます。この方も計5回のMRI撮影でヘルニア自体は消失しているにも関わらず腰痛と脚の痛みが残っているケースです。比較的早期の回復がみられたが、これは来院者に運動習慣があったことと、ご自身の身体を解剖学的に理解されてたことだとおもいます

運動習慣はこんな時にも差が出ます

運動習慣があるのと無いのとでは回復に必要な時間が明らかに違いますから、これを読まれた方で運動習慣が無い方は、少しずつ運動を始めると良いとおもいます。

「グーグル+に当院の施術を受けられた方のご感想がございます。他の方の参考になりますので、ご感想をご投稿いただけると幸いです。」 こちらから

お問い合わせはこちら

  •  ○ 都営浅草線中延駅A3 徒歩6分
  •  ○ 東急大井町線中延・荏原町駅徒歩7分
  •  ○ JR横須賀線 西大井駅 徒歩7分
  •  ○ 東急バス 荏原営業所 徒歩2分
  •  〇 専用駐車場有り
  •  

    椎間板ヘルニアについての情報はこちら

    Home> 症例報告> 腰部椎間板ヘルニア> 10年ある腰痛と右脚外側が痛むヘルニア

    長時間ドライブで右脚に痺れを伴う腰痛

    状況次第では手術が必要と言われた右脚痺れ

    カイロプラクティック治療による症例

    40代男性 大田区下丸子在住

    早期に回復していった症例です

    • 10ヶ月前に長距離ドライブで発症ドライブの図
    • 右脚に強いしびれを伴う腰痛<
    • お医者様から「ヘルニアの為症状が改善しなければ手術が必要」と伝えられた

    まずは知っておかなければならない、ヘルニアへの手術成績

    椎間板ヘルニアに対する手術に関する論文81件を厳密に検討した結果

    椎間板ヘルニアの手術成績は短期的に見れば良好だが長期的に見れば保存療法とほとんど変わりがなく、心理社会的因子の影響を強く受けていることが確認された
    http://1.usa.gov/q1HPOA

    当院が認知行動療法を行っているのは、心理社会的側面を大切に考えているからです。セカンド・オピニオンが必要な方もお気軽にご連絡ください。

     

    初診時の痛みと状態

    手術はやはり怖い

    • できれば手術は避けたい
    • 牽引や投薬による治療を2週間行うが、まったく改善が見られなかった
    • 不安でいっぱい
    • 疼痛スケールで8の強さの痛み

    まずは不安を取り除くのが医療の仕事だと思いませんか?

    検査と施術

    神経圧迫ではない可能性が高いカイロプラクティック専用テーブル

    • 神経学的検査では右大腿部外側、皮膚の感覚鈍磨が確認できるものの運動障害等の他の神経学的問題は無い
    • SLRは20度とかなり狭い角度となっている
    • ブラガードサイン、ボネットサインはともに陽性で神経根症状の所見は多
    • 初回はオーソドックスなカイロ治療とストレッチで様子をみる
    • 初回の施術後にはかなり症状の回復が見られたのでとりえずは手術の必要はないのではないかというアドバイスを行った
    • 計6回のカイロプラクティック治療を受けて手術は回避できた

    施術後のご感想

    代替医療ははじめて回復した男性

    • 初回から痛みが随分へったので期待できました
    • 手術しなくて済みそうなので、本当に嬉しい
    • 自分の身体がかなり硬くなってきているのがわかりました

    コメント

    早期に回復傾向があったのが幸いしました。カイロプラクティック治療は脚の痛みを伴った腰痛にもエビデンスがあります。

    2009年下肢痛へも短・中期的なエビデンス RCT

    192名を対象に
    ①脊椎マニピュレーション群+自宅 運動+健康助言グループ
    ②健康助言のみのグループ
    でブラインド比較試験をした結果2週の時点で
    ①脊椎マニピュレーション+自宅運動、健康助言グループが
    どのような観点からも臨床的有意有益性を示した。

    重篤な事故はない。このテストでは54週目に両グループの臨床的差はない。

    http://goo.gl/THm2Lb

     

    手術は第一選択ではない院長の顔

    比較的短期間で回復した症例だとおもいます。手術を選択する前にカイロ治療を試してみるといいのは、このような症例でしょう。

    比較的短期間で回復したのを強調しておかなければいけませんが、ヘルニアによる手術の選択は第一選択にすべきでないことは最新の情報からもあきらかで、欧州の腰痛診療ガイドラインにも明記してあります。

    手術は2年後に検討すべき手段の一つ

    「痺れも含めたすべての慢性的な腰痛に対する外科的な手術は

    適切な保存療法を行っても2年間行って変化が無かった場合に、幾つかある方法の選択肢の一つとして行うものです」 

    (European COST for chronic non-specific low back pain2004)

     

    腰痛のガイドラインにも薦められてはいません

    ヘルニアの手術は腰部の最新のレーザー治療では1回週十万円と聞きます。本症例のようなものばかりではありませんが、カイロプラクティックは圧倒的に費用対効果に優れているとおもいます。

    初診時 施術後にはかなり症状の回復が見られたので とりあえずは手術の必要はないのではないかというアドバイスを行った

    2回目以降 週に2回の施術を2週間行い、症状は回復した(計6回の通院) 自宅で行う体操を行ってもらい、様子をみています。

    お問い合わせはこちら

    • 都営浅草線中延駅A3 徒歩6分
    • 東急大井町線中延・荏原町駅徒歩9分
    • JR横須賀線 西大井駅徒歩7分
    • 東急バス 荏原営業所徒歩2分

     

     

    椎間板ヘルニアについての情報はこちら

    Home> 症例報告> 腰部椎間板ヘルニア> 長時間ドライブで右脚に痺れを伴う腰痛

    脚の痺れ症例集

    カイロプラクティックによる脚の痺れ症例報告 

    脚の痺れにもさまざまな原因があります。医学的な診断では画像診断によるヘルニアや脊柱管狭窄症。画像診断上原因が見当たらない場合は坐骨神経痛などと診断が出されることが多いようです。

    カイロプラクティックそのまんまサンシャインではそれらの診断を参考にしつつも、カイロプラクティック的な関節由来の痺れ、筋膜緊張による痺れ感など筋骨格系に原因を探します。多くの場合、触診で痺れの原因を実感できるとおもいます。画像診断による「イメージ的」な原因ではなく、体感して納得していただける原因追及です。

    症例の一部ですので、ご相談や不明点があればお気軽にお電話ください。

    Chiropractic Case Report  

    Numb of lowerextremities

    カイロプラクティック治療が効果的な場合

    ①何となく痺れ感がある時には、かなりの即効性を期待してもいいです。
    ②歩行困難な足の痺れの場合は、中期的なマネージメントが必要です。

    大切なのはご自身の症状がどのような経過で回復に向かうかという、しっかりとした青写真を持つことです。特に②のように生活に支障がある状態ですと、1.2週間でははっきりとした回復は実感できないかもしれません。

    そのような場合は数か月単位でのマネージメントを立てることで焦らず、症状と向き合えます。

     

    症例の一部

     

    ・2日前から右脚全体が痺れる

     30代女性 兼業主婦 川崎市中原区在住

     《初診時の状態》脚の痺れ/整体・カイロプラクティックそのまんまサンシャインへ(品川区二葉)
    • 2日間なにをしていても脚が痺れている
    • おやすみの間になんとかしたい
    • 脚が痺れるのは初めて
    • ・・・・続きはこちら

    ・3ヶ月前から左足外側が痺れる

     50代男性 自営業 品川区中延在住

     《初診時の状態》品川区の痺れ治療はカイロプラクティックそのまんまサンシャイン

    ・再発した足の裏の痺れ

     40代男性 会社経営 品川区戸越在住

     《初診時の状態》
    • 2年前に完治した症状が再発
    • ヘルニアが原因と病院で指摘された
    • PC作業をはじめると出てくる
    • ・・・・続きはこちら

     

    • 都営浅草線中延駅A3 徒歩6分
    • 東急大井町線中延・荏原町駅徒歩9分
    • JR横須賀線 西大井駅 徒歩7分
    • 東急バス 荏原営業所 徒歩2分
    • 専用駐車場有り

    東京都品川区二葉町に当院はございます。周辺の中延、荏原町、大井町方面はもとより近隣の都道府県からも足を運んでいただいております。

    解決できない症状や、原因が解らない痺れがある場合は一度ご相談ください。

    本日の空き情報

    当院の営業日

    最新トピックス

    Pick Up

    安心・安全の証


    電話で予約

    オンライン予約