品川区のWHO基準カイロプラクティック。エビデンスに基づく対応で腰痛や肩こり ヘルニア 首痛、うつ病などの根治をサポートします。

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

2日前から右脚全体が痺れる

右脚全体が何となく痺れる

明確な痺れでない場合は早期の回復が見込まれます。ご参考ください。

30代女性へのカイロ治療による症例報告

痺れにもいろいろありまして、歩けなくなるほどの痺れや、何となく痺れているなど状態は人それぞれ。この方は早期に回復した症例です。

早期回復した症例です

来院時の訴え
  • 床に座っていたら右脚全体が痺れてきた!!
  • 姿勢を変えても、お風呂でゆっくり温めても痺れが無くならない
  • 眠っていても痺れが気になり熟睡できない

 30代女性 兼業主婦 川崎市中原区在住

問診による痛みと状態の確認

疲労からか身体全体が緊張

  • 床や椅子に座っていても、脚に痺れが出る
  • 背中全体の筋肉の緊張が著しい
  • 落ち着きが無くイライラしている
  • 子育てと仕事の両立で充実はしているが、忙しい

検査と施術

これと言った所見はない

カイロテーブル

カイロプラクティックのテーブル

  • 神経学的な原因での脚の痺れの兆候は見当たらない
  • SLRテストやケンプテストなど、整形外科的な検査では脚の痺れは誘発されない
  • 起立筋群の過緊張、脊柱の機能不全があるのでオーソドックスなカイロプラクティック治療をおこなう。

ご感想

自分には合っています

  • 痺れは1回の施術でなくなったので、今まであった肩こりも治してもらおうとおもいます。 

院長のコメント

痺れの原因はさまざま

脚の痺れの原因はさまざまです。筋肉からの関連痛の場合もあれば、ヘルニアなどの神経根症状の場合もあります。カウンセリングの様子

この女性の場合は何か誘発できる因子がなかったのと、なんとなく脚に痺れ感がある状態でしたので、身体全体の緊張が作り出す感覚である気がします。多くの場合は筋膜が連結しているので、筋肉、筋膜の張り、浮腫などで症状を感じます。

早めの対応が大切です

完全に神経根症状であったり、歩行障害があるほどの症状である場合は時間がかかる場合が多いですが、この方はそうではありませんし、症状が出てから直ぐに来院されたことも良い結果に結びついたのだと考えています。

いずれにせよ初診の状態で最悪、最善のケース、これまでの症例と比較して、どれくらい時間が必要そうかはお伝えすることができます。
他の治療院で納得いかない方もお気軽にご相談いただければと思います。

腰痛と脚裏面にジワーッとした痺れ

両脚にある痺れ

カイロプラクティック治療による症例報告

過去に3回動けなくなるような腰痛の経験がある方への、カイロプラクティック治療報告です。ハムストリングから脹脛部への痺れも有しています。

40代男性 屋外での調査員 

  • 初めてのぎっくり腰は20年前。前回の大きなぎっくり腰は3年前
  • 今回は大きな腰痛になる前に予防的に診てもらいたい

 

初診時の痛みと状態

出張前に調整しておきたい

疼痛図

実際ご記入頂いた痛みの図

  • 痛みの強さは2/10である
  • 両側の脚部後面にじわっとした痺れがある
  • 痺れは眠っている時に不快感がある
  • 来週から出張なので、悪化する可能性を低くしたい

検査と施術

バックラインの緊張

  • FFD(前屈運動)は恐怖で控えたい…検査不能
  • 骨盤と腰椎に機能不全
  • 緩和操作とスパイナルマニピュレーション
  • スウェーデン式リラクゼーションエクササイズの処方

施術後

前屈は問題なくできるようになる

  • 施術後に前屈をしたら問題なかった
  • じわっとした両脚の痺れ感もなくなった
  • また頃合いをみて電話します

院長のコメント

バックラインの緊張は多いですカイロテーブル

最後に前屈をしてもらった時に「あれ?なくなっちゃった」という残念そうなコメントが印象的でした。腰痛の方の半分くらいの方は初回の施術で症状がなくなると、少し残念そうなリアクションをされます。

その時は「残念でしたねぇ」と返すようにしています。

この方のように1度腰痛になると、統計上は殆どの方が再発をします。現時点では仕方のないことですが、誰しもがそういうものだということで悲観的にならないことが重要です。

■★腰痛を起こした人の大半は2年以内に再発するかもしれない。しかしこれは腰痛が深刻な病気であるという意味ではない。再発のない時期には、ほとんどの人が通常の日常生活を送ることができるし、症状もほとんどない。http://1.usa.gov/12Nesga

 

この方がカイロプラクティック治療の初回で症状が取れたのは、さほどストレスフルな状況ではないことと、運動習慣がしっかりあったこと(週に180分のrun)、痛みの程度が大きくなかったことです。

■急性あるいは亜急性腰痛に対する脊椎マニピュレーションは、他の治療法に比べて短期間で疼痛および活動障害の改善、ならびに患者の満足度という点でより高い効果が得られる(★★★)。http://amzn.to/Hk8veA

バックラインの緊張と記しましたが、バックラインは足先から背中を通って額まで繋がっている筋膜のラインです。単に痛みをとるだけというようりは、将来的なことも考慮して、前屈系のストレッチは行っておいて損はないとおもいます。

再発防止も含めて、腰痛前向きに向き合っていきたい方はご連絡ください。

座っていると右太もも前外側部にジーンと痛みが出るぎっくり腰の症例

人生2回目のぎっくり腰

かなりの運動習慣がある方で、週に250分はランニングをしている方です。カイロプラクティック治療は初めてで、友人に相談して来院。できれば3週間後の山登りに間に合わせたい。

40代後半男性 運転士 品川区勤務

  • きっかけは軽いぎっくり腰であった
  • 発症後2週間して回復してきていたが、神輿の手伝いで悪化
  • 通勤時にランニングをすると身体が温まるせいか楽になる
  • 3週後の山登りに行けるかなあ…

初診時の痛みと状態

症状は20日間

  • 3日前に悪化しているが、発症から数えると20日ほど経過している
  • 1時間座っていると右腿の外側前面と鼠径部が若干ジーンと痛む
  • 座っていたり静止して動き出す時に痛む
  • 同じ姿勢だと痛む
  • 朝お布団から起きる時に一番痛い
  • 歩いたり走ったりすると痛みが軽減する
  • ストレッチやストレッチポールなどを行うと比較的楽な気がする
  • 冷湿布を貼っている

検査と施術

肩甲骨周囲の筋肉の緊張

VASでの評価

7.5/10ほどの痛みです

  • Roland-Morris Disability Questionnaire(RDQ)で7つの活動傷害が初診時にある

  • カイロプラクティッ治療は初めてということで、やはり背中はかなりの緊張があるため入念な緩和操作
  • 腰椎、骨盤の可動制限があるため、スパイナル・マニピュレーション(脊椎矯正)
  • 発症を3週前とするか悪化した3日前とするか悩んだが、無理せず3日後の来院までは呼吸法だけをアクティブケアの宿題としました。
  • 2回目の来院時までに一度悪化していた
  • 2回目の来院時に簡単なアクティブケア(マッケンジー体操)を伝える
  • 3回目の来院時までに、また悪化していた
  • 3回の施術で山登りを迎える。

体幹筋(特に脊柱起立筋)の強化運動は急性腰痛患者に有効だが、発症後2週間以内に始めると症状を悪化させる恐れがある(確証度C)

http://1.usa.gov/uhlYSO

呼吸法は確認したら2回目の来院時に出来ていないようだったので、再確認しました。重要なことは繰り返しお伝えしています。

悪化に関しては状況を確認すると、どうもお酒の席の後ということが解りました。この辺りは認知行動療法で、どのような状況かを確認することで浮かび上がってくることです。

カイロプラクティック治療だけで順調に回復しない時は、何か通常と違った背景があることが推察されます。

 

ご感想

メンテナンスが必要ですね

  • 山登りは行けました。
  • そろそろメンテナンスを行わないと運動を続けられなくなってきてるので月に1回はメンテナンスに来ます。

院長のコメント

患者さんもいろいろ考えます

院長

院長の顔

痛みが出ている時には背景にいろいろなことがあると私は考えています。多くは初対面の患者さんですから、いくら笑顔でフレンドリーに接していても全てを語ってくれるわけではありません。

心理的・社会的・経済的問題などの非身体的因子は評価と治療を複雑にする可能性があるため

初期評価の時点で患者の生活における心理的・社会的・経済的問題などを探る必要がある(★★)。
http://amzn.to/Hk8veA

なかなか呼吸法などの宿題を行えないのも、いろいろと事情があるのだとおもいます。

それはそうだとしても、繰り返しお伝えして自分なりの回答を導き出していくことが一番大切なことです。少しでもお役に立てれば幸いであります。

腰部椎間板ヘルニアで入院後

ヘルニアの診断で入院したが変化がないため自己判断で退院

1週間ほど入院をしていたが、回復に向かわない為退院して当院を受診した方の症例報告です。

基本的に痺れがあって歩けないほどの状態であると1.5か月(最小でも)スパンで回復の実感を考えてください。
勿論長引く方もいらっしゃいます。

ギクッとやったわけではないのに…

  • 朝起きた時からどんどん痺れが出てきた
  • 病院で検査をして1週間入院をした
  • 入院が長引きそうなので、自己判断で退院した
  • 痛みが全く治まらず不安で仕方ない…

30代男性 造園業 品川区大井町在住

とことんカイロで対応できるエビデンス

過去百年間の腰痛に関する話題のほとんどは整形外科的な解釈と治療の話で

解剖学的損傷とそれを治す方法を見つけ出そうとしてきたが、こうした非常に機械的(mechanical)な方法は失敗だったことが判明している。

http://bit.ly/VU8aVW

痛みと状態

歩くのがやっとの状態

  • 整形外科のMRIでヘルニアの診断を受け、1週間入院したが自己判断で退院
  • 症状は8日前の起床時に出たので、起き上がれなかった
  • 左お尻からふくらはぎの中間までの耐えがたい痛み
  • いままでの人生で最大の痛み(10/10)
  • 横になっている時は痛くない
ヘルニアの状態は気にしない根拠

腰下肢痛患者246名を対象にMRI所見と保存療法の治療成績について2年間追跡した結果

椎間板ヘルニアは腰痛患者の57%、下肢痛患者の65%に検出されたものの、治療成績とヘルニアのタイプ、大きさ、活動障害は無関係だった。
http://1.usa.gov/tZmk9p

私自身は馬尾障害でもない限り画像診断はまったく気にしない立場です。それより心理社会的要因のストレスが回復の妨げになります。

検査と施術

初回の治療後は反応が良かった

  • SLR20度で痛み
  • 腰部起立筋群に左足の症状を誘発するトリガーポイントを触知。指による押圧で血流を促す
  • 様子を見ながら、運動療法を増やしていく
  • 7回目の来院から、活動記録表を用いた運動促進
  • ヘルニアに対する認知の転換。集学的なリハビリテーションアプローチ
  • 発症から5週経過した時点で、完全に職場復帰されました。
  • 電話によるサポート

比較的早い回復だったとおもいます。電話によるサポートが必要なのは下記のように次の来院までに症状が戻ることも最初の内は珍しくありません。

お伝えしてある呼吸法等のセルフコントロールを継続されているかどうかが中期スパンでの回復成功に不可欠ですから励ます意味も含まれています。

ご感想

途中で気合を入れられました(笑)

  • 1回目の施術の後、脚の痺れは随分楽になったが、次の日に車に乗ったらまた症状が出てきた
  • 病院でのMRI検査がなかなか頭から離れなかった
  • 途中までは、なかなか先生の言っている事が理解できずにいました
    カイロテーブル

    カイロプラクティックに適したテーブル

  • 最初のうちは、施術で楽になるが、仕事にいくとまた悪化するという繰り返しだったけど、先生に励まされ早めに職場復帰して良かったです

腰痛や痺れは怖いものではありません。痛みが大きいためついつい立ち向かうこと(自分と向き合う事)を辞めてしまい他に責任を転嫁したり、誰かを恨んだりする時間を作ってしまいがちです。この方だけでなく皆さんそのような傾向です。

医療制度の中では無理

これまでの腰痛研究で安静臥床の禁止、不必要な画像検査を行なわない、患者自ら腰痛に立ち向かう姿勢が有効であることは判明しているものの

医師は医療制度や営利的圧力に拘束されているために臨床現場で最善の腰痛治療が行なえない。

http://bit.ly/VU8aVW

男性で根性の座った方ですと気合を入れることもあります。回復することを提供できないと私はつまらないので、とことんやりますよ。

院長のコメント

神経根症状の疑い

MRI画像により腰部椎間板ヘルニアと診断された、典型的な神経根症状の方でした。初診時の問診で1週間入院されてからの来院でしたのでMRI画像が相当脳裏に焼き付いていたようです。

院長

院長の顔

活動性の維持を図る

当院は回復が芳しくないと時は認知行動療法の活動記録表をもちいて、積極的な活動活性を促しています。

この方も当初は腰が壊れているという認識を捨てきれず、なかなかお伝えしている運動をしてくださいませんでした。

入院するような人生最大の痛みがあれば当然といえば当然ですが、この簡単な運動がある程度の回復までは大きな鍵となります。

信頼してくださったおかげです

最初の数回の来院で効果がないと諦める患者さんもおられますが、他の治療を考慮するのは4~6週間経過しても何の効果もない時です。この方は諦めずに通院してくださいました。活動記録表にもめんどくさがらずに記入してくださったのが回復に向かった理由だと私は思います。

半身半疑の方はやめた方がよい

中には1、2回の来院で劇的な回復を求めて、まかせっきりの気分で来院される方もおられますが、そのような方は回復する要素が少ないですからいらっしゃらないほうが良いとおもいます。

 

計6回の来院で仕事に復帰

結果的には初診時から18日、計6回の来院で仕事に支障なく動ける生活を取り戻されました。もともと身体能力も高く肉体を使った仕事であったことも臨床転帰を早めたのだと思います。

10年ある腰痛と右脚外側が痛む(ヘルニアの診断歴)

ヘルニア歴10年で右くるぶしまで痛みが続く

劇的に改善した症例です

  • 右脚の外側 くるぶしのあたりまでに痛み
  • 10年前から腰痛
  • 計5回ほどMRI撮影を行っておりヘルニアの突出は少しずつ減ってきていることを確認

30代男性 公務員 品川区大井町在住

痛みと状態

疲労が蓄積されると現れる症状

  • 疲労がたまると腰と脚が痛むが、運動機能に異常も見られない
  • 10年前から腰痛があり、今回も疲労蓄積で右脚の外側にくるぶしあたりまで痛みがでる
  • 何度かお医者さんと相談してきたので、一生この症状と付き合っていくと考えている
  • MRI検査は過去に5回は行っている。ヘルニアは小さくなってきているが症状に変化はない

検査と施術

  • 検査では神経学的検査に異常はなく、運動機能に異常も見られない
    カイロテーブル

    カイロプラクティックのテーブル

  • 腰椎椎間関節の機能低下があるので、カイロプラクティックアジャストメント
  • 腰部の筋肉 臀部の筋肉の緊張が見られたので緩和操作と筋膜リリーステクニックを行う
  • 神経根症状とは考えにくいため、集学的なリハビリテーションを行う

施術ごの感想

感違いでした

  • 完全に腰が壊れていると思い込んでいたので、目から鱗でした
  • こんなにも早く症状が取れるとは思っていなかった
  • これで好きな自転車や山登りが満喫できます

院長のコメント

自分で考えて整理することカウンセリングの様子

MRIは何度か撮影すると、ヘルニアが無くなっていくのが確認できます。この方も計5回のMRI撮影でヘルニア自体は消失しているにも関わらず腰痛と脚の痛みが残っているケースです。

比較的早期の回復がみられたが、これは来院者に運動習慣があったことと、ご自身の身体を解剖学的に理解されてたことだとおもいます

運動習慣はこんな時にも差が出ます

運動習慣があるのと無いのとでは回復に必要な時間が明らかに違いますから、これを読まれた方で運動習慣が無い方は、少しずつ運動を始めると良いとおもいます。

ふくらはぎに痺れ 医療機関で椎間板障害と診断を受けて

椎間板の手術を検討中の20代女性

2010年ころの症例です。最近では安易に手術を勧めるお医者様も少なくなってきているように思えます。もし似たような状況でお困りならばご参考ください。

カイロプラクティック治療症例報告。よくある状況ですし、全く心配いりません。

ヘルニアの診断歴があり、手術を検討しているという状況は多々あります。基本的には手術は必要ありませんので、ご安心ください。

  • 太ももからふくらはぎにかけての痺れ感
  • X線検査、MRI検査を受けて伴に腰部椎間板ヘルニアの診断
  • 手術を勧められているのでセカンドオピニオンがほしい

20代女性 事務職 品川区東馬込在住

取り敢えずお伝えしたいのは、この程度の痺れで画像診断はしないでください。

■腰下肢痛患者に対する早期画像検査(X線・CT・MRI)の有効性に関するRCTを詳細に分析した結果

レッドフラッグのない患者に画像検査を行なっても臨床転帰は改善しないことが判明。医師は腰下肢痛患者の画像検査を控えるべき
http://1.usa.gov/rpcVg2   ※レッドフラッグとは命に関わるような疾患の兆候です

痛みと状態

立ち時間が長いと現れる脚への症状

  • 痺れ感は何時もあるわけではなく、立ちっぱなしの時など負担のかかるとき
  • お尻の部分や足先には痺れはない
  • じわっとした痺れ感
  • 出来れば手術は避けたいと考えている

勿論です、手術はしない方がいいですし、ガイドラインでも進められていません。何故ならばヘルニアと腰痛とは関係ないことが証明されているからです。

■腰下肢痛患者246名を対象にMRI所見と保存療法の治療成績について2年間追跡した結果、椎間板ヘルニアは腰痛患者の57%、下肢痛患者の65%に検出されたものの、治療成績とヘルニアのタイプ、大きさ、活動障害は無関係だった。

http://1.usa.gov/tZmk9p

検査と施術

神経症状の所見はなく、仙腸関節の機能障害と判断

カイロテーブル

カイロプラクティックのテーブル

  • 下肢ベースラインテスト異常なし
  • 運動障害や触感覚異常は認められない
  • ゲンズレンテスト+
  • 仙腸関節(骨盤)への整形学的な検査で症状がでる
  • 骨盤へのカイロプラクティック・アジャストメントで機能障害の改善
  • 脚全体の筋の緩和操作とストレッチ

施術ごの感想

思い切って受けてみて良かった

  • 回復が目に見えて分かったので信頼できた
  • ジョギングの習慣があったので骨盤も動いているとおもっていた
  • 丁寧な対応で、質問に答えてくれて何でも聞く事ができた

院長のコメント

打検機を使った検査

きわめてアナログ的な検査ですが打検機の神経学検査があります。検査所見から、運動障害や触感覚異常は認められないため、仙腸関節の機能障害ではないかと考え施術をしました。カウンセリングの様子

初回のカイロ治療で好結果だったので続けて週一回の治療をおこなっていきました。5回の来院で痺れ出現の80%減。期間を空けていき 計8回の来院でで症状の完全消失。

痺れの原因はさまざま

骨盤の機能低下からくる痺れ症状の典型的なケースです。痺れといっても原因はヘルニアとは限りません。筋肉や関節、時には糖尿病からくる痺れなども鑑別して施術していきます。この方のように若年層で痺れがでて間もない頃には数回のカイロプラクティック治療で回復していくことは良くあります。

回復されたあとは、中止していたジョギングやマラソンを再開されたそうですよ。

高額な手術をする前に2年間は保存療法をして様子をみることも腰痛ガイドラインは勧告しています。お気軽にセカンドオピニオンを聞きにきてください。

長時間ドライブで右脚に痺れを伴う腰痛

状況次第では手術が必要と言われた右脚痺れ

セカンドオピニオンとしてのカイロプラクティック治療による症例

40代男性 大田区下丸子在住

早期に回復していった症例です

  • 10ヶ月前に長距離ドライブで発症
  • 右脚に強いしびれを伴う腰痛
  • MRIでヘルニアの診断が出ている
  • お医者様から「ヘルニアの為症状が改善しなければ手術が必要」と伝えられた

まずは知っておかなければならない、ヘルニアへの手術成績

椎間板ヘルニアに対する手術に関する論文81件を厳密に検討した結果

椎間板ヘルニアの手術成績は短期的に見れば良好だが長期的に見れば保存療法とほとんど変わりがなく、心理社会的因子の影響を強く受けていることが確認された
http://1.usa.gov/q1HPOA

当院が認知行動療法を行っているのは、心理社会的側面を大切に考えているからです。セカンド・オピニオンが必要な方もお気軽にご連絡ください。

セカンドオピニオンとしてお伝えするのですが、本来はエビデンスに基づいているので最初に耳にしなければならない意見です…

初診時の痛みと状態

手術はやはり怖い

  • できれば手術は避けたい
  • 牽引や投薬による治療を2週間行うが、まったく改善が見られなかった
  • 不安でいっぱい
  • 疼痛スケールで8の強さの痛み

まずは不安を取り除くのが医療の仕事だと思いませんか?

検査と施術

神経圧迫ではない可能性が高い

カイロテーブル

カイロプラクティック専用のテーブル

  • 神経学的検査では右大腿部外側、皮膚の感覚鈍磨が確認できるものの運動障害等の他の神経学的問題は無い
  • SLRは20度とかなり狭い角度となっている
  • ブラガードサイン、ボネットサインはともに陽性で神経根症状の所見は多
  • 初回はオーソドックスなカイロ治療とストレッチで様子をみる
  • 初回の施術後にはかなり症状の回復が見られたのでとりえずは手術の必要はないのではないかというアドバイスを行った
  • 計6回のカイロプラクティック治療を受けて手術は回避できた

施術後のご感想

代替医療ははじめて

  • 初回から痛みが随分へったので期待できました
  • 手術しなくて済みそうなので、本当に嬉しい
  • 自分の身体がかなり硬くなってきているのがわかりました

院長コメント

早期に回復傾向があったのが幸いしました。カイロプラクティック治療は脚の痛みを伴った腰痛にもエビデンスがあります。

2009年下肢痛へも短・中期的なエビデンス RCT

192名を対象に
①脊椎マニピュレーション群+自宅 運動+健康助言グループ
②健康助言のみのグループ
でブラインド比較試験をした結果2週の時点で
①脊椎マニピュレーション+自宅運動、健康助言グループが
どのような観点からも臨床的有意有益性を示した。

重篤な事故はない。このテストでは54週目に両グループの臨床的差はない。

http://goo.gl/THm2Lb

手術は第一選択ではない

比較的短期間で回復した症例だとおもいます。手術を選択する前にカイロ治療を試してみるといいのは、このような症例でしょう。

パーティーの様子

比較的短期間で回復したのを強調しておかなければいけませんが、ヘルニアによる手術の選択は第一選択にすべきでないことは最新の情報からもあきらかで、欧州の腰痛診療ガイドラインにも明記してあります。

手術は2年後に検討すべき手段の一つ

「痺れも含めたすべての慢性的な腰痛に対する外科的な手術は

適切な保存療法を行っても2年間行って変化が無かった場合に、幾つかある方法の選択肢の一つとして行うものです」 

(European COST for chronic non-specific low back pain2004)

 

腰痛のガイドラインにも薦められてはいません

ヘルニアの手術は腰部の最新のレーザー治療では1回週十万円と聞きます。本症例のようなものばかりではありませんが、カイロプラクティックは圧倒的に費用対効果に優れているとおもいます。

初診時 施術後にはかなり症状の回復が見られたので とりあえずは手術の必要はないのではないかというアドバイスを行った。

2回目以降 週に2回の施術を2週間行い、症状は回復した(計6回の通院) 自宅で行う体操を行ってもらい、様子をみています。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約