品川区のWHO基準カイロプラクティック。エビデンスに基づく対応で腰痛や肩こり ヘルニア 首痛、うつ病などの根治をサポートします。

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

ぎっくり腰で歩くのも一苦労の50代男性の症例

症例報告

50代男性  品川区二葉町在住

  • 急性腰痛は4回目ぎっくり腰の男性
  • 1週間程度不眠傾向
  • 前回のぎっくり腰は10年まえ

 

初診時の痛みと状態

前かがみになれない

  • 三日前から腰に違和感があった
  • 前屈は全く無理
  • 昨日から急に酷くなり、歩くのも大変

問診・検査によりわかったこと

典型的な動作時痛(メカニカルペイン)
そのまんまサンシャインのカイロテーブル

  • 前屈が全くできない
  • 歩くのも大変
  • 生活上一番大変なのは椅子から立ち上がる時

治療と経過

  • 問診から非特異的腰痛と判断
  • 初回のカイロ治療で骨盤、腰部へのアジャストメント
  • 動作時痛をなくす為に、ヒップヒンジ、スクワットの練習
  • 呼吸法とホッカイロの処方
  • 1週間後に電話で状況を確認をした所、全く問題なく生活できているとのこと

院長のコメント

費用対効果に絶対的にすぐれています

ぎっくり腰は初診での対応が肝になります。ぎっくり腰の社会的要因の説明と、回復スパン、日常生活動作の維持など世界の最新エビデンスを基に院長作られた当院のメソッドで、多くは最短の来院日数で回復に向かいます。

この方は繁忙期で仕事でのストレスが少しあり、不眠傾向にありましたがイエローフラッグ(黄色信号)とまではいかないストレスであったことが幸いしました。

このような場合はカイロプラクティック治療で急速に回復に向かいます。赤字覚悟でこのような対応を行っていますのでお困りの方は迷わず当院へお越しください。

 

 

再発性の腰痛の原因が明確になった症例

症例報告

40代男性 事務職 大田区南馬込在住

  • 2年前から続いている腰痛が無くなれば嬉しい
  • 急性腰痛は人生で3回経験している
  • 2年前は自転車のトライアルのジャンプで腰がヌルっとなった

 

初診時の痛みと状態

症状は2年間つづいている

  • 2年前の自転車での着地時から続いている
  • 18歳の時に初めて経験したぎっくり腰から慢性的な腰痛を抱えている

検査と施術

前屈力の低下
そのまんまサンシャインのカイロテーブル

  • 前屈は+20㎝とハムストリングスが硬い
  • カイロプラクティック治療の後は腰痛は無くなる
  • 週に1回のカイロプラクティック治療を10回行っていく中で、再発する時の条件が明確になる
  • それは回復した後、もしくは回復過程の時にBMXバイクでジャンプの練習をすると再発する
  • 完全に回復するまでBMXは控えていただき、腹筋群を付ける宿題を行ってもらう

ご感想

  • 結果的に腰痛の全くない生活を迎えることが出来たから良かった

院長のコメント院長

問診の大切さ

再発を繰り返している方は、何かしらの再発する条件があることが多いです。発症のキッカケがバイクだったので、私も早く気付くべきでした。毎回問診はしているのですが、ご本人も含めて納得できるようになるには時間がかかることもあります。

現在この方は5週間に1回のマイオセラピーでメンテナンスに来てくださっています。

その後の腰痛もなく、充実した日々を送られているようです。

 

 

腰痛と脚裏面にジワーッとした痺れ

カイロプラクティック治療による症例報告です

過去に3回動けなくなるような腰痛の経験がある方への、カイロプラクティック治療報告です。ハムストリングから脹脛部への痺れも有しています。

40代男性 屋外での調査員 

  • 初めてのぎっくり腰は20年前。前回の大きなぎっくり腰は3年前
  • 今回は大きな腰痛になる前に予防的に診てもらいたい

 

初診時の痛みと状態

疼痛図

実際ご記入頂いた痛みの図

出張前に調整しておきたい

  • 痛みの強さは2/10である
  • 両側の脚部後面にじわっとした痺れがある
  • 痺れは眠っている時に不快感がある
  • 来週から出張なので、悪化する可能性を低くしたい

検査と施術

バックラインの緊張
そのまんまサンシャインのカイロテーブル

  • FFD(前屈運動)は恐怖で控えたい…検査不能
  • 骨盤と腰椎に機能不全
  • 緩和操作とスパイナルマニピュレーション
  • スウェーデン式リラクゼーションエクササイズの処方

施術後

前屈は問題なくできるようになる

  • 施術後に前屈をしたら問題なかった
  • じわっとした両脚の痺れ感もなくなった
  • また頃合いをみて電話します

院長のコメント院長

バックラインの緊張は多いです

最後に前屈をしてもらった時に「あれ?なくなっちゃった」という残念そうなコメントが印象的でした。腰痛の方の半分くらいの方は初回の施術で症状がなくなると、少し残念そうなリアクションをされます。

その時は「残念でしたねぇ」と返すようにしています。

この方のように1度腰痛になると、統計上は殆どの方が再発をします。現時点では仕方のないことですが、誰しもがそういうものだということで悲観的にならないことが重要です。

■★腰痛を起こした人の大半は2年以内に再発するかもしれない。しかしこれは腰痛が深刻な病気であるという意味ではない。再発のない時期には、ほとんどの人が通常の日常生活を送ることができるし、症状もほとんどない。http://1.usa.gov/12Nesga

 

この方がカイロプラクティック治療の初回で症状が取れたのは、さほどストレスフルな状況ではないことと、運動習慣がしっかりあったこと(週に180分のrun)、痛みの程度が大きくなかったことです。

■急性あるいは亜急性腰痛に対する脊椎マニピュレーションは、他の治療法に比べて短期間で疼痛および活動障害の改善、ならびに患者の満足度という点でより高い効果が得られる(★★★)。http://amzn.to/Hk8veA

バックラインの緊張と記しましたが、バックラインは足先から背中を通って額まで繋がっている筋膜のラインです。単に痛みをとるだけというようりは、将来的なことも考慮して、前屈系のストレッチは行っておいて損はないとおもいます。

再発防止も含めて、腰痛前向きに向き合っていきたい方はご連絡ください。

座っていると右太もも前外側部にジーンと痛みが出るぎっくり腰の症例

人生2回目のぎっくり腰へのカイロプラクティック治療

かなりの運動習慣がある方で、週に250分はランニングをしている方です。

カイロプラクティック治療は初めてで、友人に相談して来院。

できれば3週間後の山登りに間に合わせたい。

40代後半男性 運転士 品川区勤務

  • きっかけは軽いぎっくり腰であった
  • 発症後2週間して回復してきていたが、神輿の手伝いで悪化
  • 通勤時にランニングをすると身体が温まるせいか楽になる
  • 3週後の山登りに行けるかなあ…

 

初診時の痛みと状態

痛みの図

実際にご記入して頂いた疼痛図

症状は20日間

  • 3日前に悪化しているが、発症から数えると20日ほど経過している
  • 1時間座っていると右腿の外側前面と鼠径部が若干ジーンと痛む
  • 座っていたり静止して動き出す時に痛む
  • 同じ姿勢だと痛む
  • 朝お布団から起きる時に一番痛い
  • 歩いたり走ったりすると痛みが軽減する
  • ストレッチやストレッチポールなどを行うと比較的楽な気がする
  • 冷湿布を貼っている

検査と施術

肩甲骨周囲の筋肉の緊張

VASでの評価

visual analog スケールで7.5/10ほどの痛み

 

  • Roland-Morris Disability Questionnaire(RDQ)で7つの活動傷害が初診時にある

    RDQによる質問は必須です

    RDQによる質問は必須です

  • カイロプラクティッ治療は初めてということで、やはり背中はかなりの緊張があるため入念な緩和操作
  • 腰椎、骨盤の可動制限があるため、スパイナル・マニピュレーション(脊椎矯正)
  • 発症を3週前とするか悪化した3日前とするか悩んだが、無理せず3日後の来院までは呼吸法だけをアクティブケアの宿題としました。
  • 2回目の来院時までに一度悪化していた
  • 2回目の来院時に簡単なアクティブケア(マッケンジー体操)を伝える
  • 3回目の来院時までに、また悪化していた
  • 3回の施術で山登りを迎える。

体幹筋(特に脊柱起立筋)の強化運動は急性腰痛患者に有効だが、発症後2週間以内に始めると症状を悪化させる恐れがある(確証度C)

http://1.usa.gov/uhlYSO

呼吸法は確認したら2回目の来院時に出来ていないようだったので、再確認しました。重要なことは繰り返しお伝えしています。

悪化に関しては状況を確認すると、どうもお酒の席の後ということが解りました。この辺りは認知行動療法で、どのような状況かを確認することで浮かび上がってくることです。

カイロプラクティック治療だけで順調に回復しない時は、何か通常と違った背景があることが推察されます。

 

ご感想そのまんまサンシャインのカイロテーブル

メンテナンスが必要ですね

  • 山登りは行けました。
  • そろそろメンテナンスを行わないと運動を続けられなくなってきてるので月に1回はメンテナンスに来ます。

院長のコメント

患者さんもいろいろ考えます

サンシャイン長

痛みが出ている時には背景にいろいろなことがあると私は考えています。多くは初対面の患者さんですから、いくら笑顔でフレンドリーに接していても全てを語ってくれるわけではありません。

心理的・社会的・経済的問題などの非身体的因子は評価と治療を複雑にする可能性があるため

初期評価の時点で患者の生活における心理的・社会的・経済的問題などを探る必要がある(★★)。
http://amzn.to/Hk8veA

なかなか呼吸法などの宿題を行えないのも、いろいろと事情があるのだとおもいます。

それはそうだとしても、繰り返しお伝えして自分なりの回答を導き出していくことが一番大切なことです。

少しでもお役に立てれば幸いであります。

 

 

座っていたらどんどん腰が痛くなった

痛みが増してきた腰痛へのカイロ治療

通常ぎっくり腰は2日目が一番痛みます。心配せずに日常生活を維持するようにしましょう。

■ぎっく腰のとき、「迅速な回復のために良好な予後に関する正確な情報を提供」「軽い運動は有害でないことを再確認」「日常の活動を維持するような現実的指導」「仕事に復帰するような現実的指導」などが重要。http://amzn.to/Hk8veA

さあ、症例を見ていきましょう。

事務職で座っている時間が長い50代女性

  • 2.3日前から仕事で座っていたら、腰痛になりどんどん痛みが増してきた
  • 筋弛緩剤を服用しているが痛みが増す一方
  • 歩くのもきついくらいになってきた

 このような状態は不安で、心配ですよね…

 

 50代女性 事務職 品川区二葉町在住

痛みと状態

寝返りを打つと痛い

  • 昨夜は痛みで寝がえりができなかった。寝返りの度に起きました
  • 7.8年前にはひどい腰痛を繰り返していたので、また腰痛を繰り返すようになるのかとても不安
  • 腰部の筋肉の緊張が著しい
  • 眠れないせいか全身が強張っている
  • 痛みの為、座っていると仕事にならない

検査と施術

テーピングも使用して気分的にも落ち着く

  • 張っている筋肉を中心全身の緩和操作
  • 腰痛がストレスから起こりうる事の説明
  • 腰へのキネシオ・テーピング
  • カイロプラクティック・アジャストメント

ご感想

いろいろ手を尽くして下さるので安心しました

  • 最初の治療では腰の痛みは3割くらいへりました
  • 座り方の指導などがあったので、安心できました
  • 3回目の治療の後、腰痛はほとんど回復しているので嬉しかったです

コメント

不安な方は詰めて来院します

この方には2週間で合計4回の来院をしていただきました。この方のように腰がぎくっとなっていなくても急性腰痛は起こります。

腰の痛みが増してきたら出来れば1週間以内、遅くとも1か月以内ににカイロプラクティック治療を受けに来て下さい。カイロプラクティック治療は急速に腰痛から回復に向かわせる力があります。

【保存療法】脊椎マニピュレーション(カイロプラクティックなど)は神経根症状のない急性腰痛患者(ぎっくり腰)に対して発症後1ヶ月以内に用いられれば症状が改善する可能性がある(確証度B)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

穏やかな生活のすすめ

この方は業務への不安や、腰痛の再発にたする心配する気持ちが強かったので、ある程度痛みが落ち着くまで通院してもらいました。ぎっくり腰の場合、イエローフラッグがなければほぼ数日のうちに回復していきます。

職場でのストレスや腰への不安など、問診を通じてお伺いしていき、betterな選択をしていきます。あまりに不安感が強すぎると症状が長引く可能性もでてきます。そのような場合は違う視点からアプローチをすることもあります。

 

お問い合わせはこちら

腰痛ガイドラインに準ずる理由

実際のところ、腰痛ガイドラインはかなり優れている

ガイドラインにできるだけ沿った内容の対応をしているのは、かなり優れた内容の物だからです。

世界中で腰痛問題は起きていました。医療費の高騰を招く大きな要素だったからです。日本でもNo.1の主訴です。

腰痛だけで1/4も公的医療費を使っていた

1998年度の「公的医療補償支出調査」によると、総医療費8.6兆円 ($907億)のうち、腰痛の直接医療費は約1/4の2.3兆円 ($263億)
(Luo X. et al, Spine ,2004)

 

日本人の自覚症状No・1

腰痛は日本人の自覚症状の第1位であり、統計
開始から24年間で57%増加  
(厚生労働省, 国民生活基礎調査, 2010)

専門家の英知の結集が腰痛ガイドラインであり、医療費の削減に直結するものだと確信しています。

当院はカイロプラクティック治療という立場で公的な保険は関係ないのですが、患者さん個々においても大きなメリットがあると確信しています。

例えば初診の腰痛診療を1時間かけて行う、など現行の日本の医療制度では不可能な対応となります。

初めての腰痛の人は特に必要

ながらくカイロの臨床をしていますと、いろいろな腰痛患者に出合います。初診で手術などを示唆された人、実際に手術をした方などは精神的にも建設的な状態ではありません。

腰痛=恐怖 という自動思考が出来上がっているのが見て取れます。ですから最初の腰痛でどんな説明を受けるかが、その後の人生に大きな影響を与えると言っても過言ではありません。

 

再発防止までを網羅

腰痛ガイドラインは優れた結果の集積です腰痛ガイドライン

腰痛患者520名を対象に腰痛診療ガイドラインに従った治療群と従来の治療群の治癒率、再発率、満足度、医療費を1年間追跡して比較した研究によると、

従来の治療群よりガイドライン群の方がすべての面でかなり優れていることが判明(Spine (Phila Pa 1976). 2001 Dec 1)

 

腰痛の教育プログラムが必要

腰痛で長期欠勤している患者975名を3年間追跡したRCTによると、200日後の復職率は教育プログラム教育プログラム(従来の常識はすべて忘れて怖がるなという指導)群が70%だったのに対して、

標準的治療群はわずか40%でしかなかった。
(Spine (Phila Pa 1976). 1995 Feb)

 

 

古い考えは捨てよう腰痛の新概念

腰痛患者161名を 腰が変形しているなどの時代遅れの内容の小冊子群と新たな腰痛概念に基づく内容の小冊子群に割り付けて読書してもらい

1年間追跡したRCTによると、新たな腰痛概念の小冊子群は動作恐怖が低下すると共に回復が早いことが判明。従来の考え方を改めるのは有効な治療法である。
(Spine . 1999 Dec 1)

 

腰痛患者161名を対象とした新たな腰痛概念に基づく教育パンフレット
『The Back Book』の有効性に関する二重盲検ランダム化比較試験の結果、

腰痛に対する患者の誤った考え方を変えて回復を促進させられることが判明。
http://1.usa.gov/12Nesga

 

読書療法も行っています

当院は長谷川先生の著書を用いた、読書療法も推奨しています。イギリスの腰痛ガイドラインには読書療法も勧められています。上記のようなエビデンスが満載の一冊です。腰痛ガイドブック

筋トレを続けているが再び腰痛

腰を鍛えているのに腰痛が再発。何故…

中延の腰痛治療・カイロプラクティックそのまんまサンシャイン
50代男性 会社員へのカイロプラクティック治療症例報告

  • 以前医師から受けた指示通り腹筋と背筋を鍛え続けていた
  • 腰が弱ってきているのか?
  • 自分が行ってきたトレーニングに不備がないか確かめたい
  • なぜ鍛えているのに腰痛が再発したのか??

一般的な腹筋運動は特に腰痛とは関係ないと言われています。同じ腹筋でも鍛えるなら腹横筋や腹斜筋といった深い所にある腹筋が大事です。

実際下記のような研究もあり、腹筋以外の要因を考察する必要があります。

エビデンス三角

RCTなので信頼性の高いデータです

 

■健常者402名を腹筋強化運動+教育プログラム群と教育プログラム群の2群に割り付けて2年間追跡したRCTによると、

両群間の腰痛発症率には差が認められなかったことから、腹筋強化運動は腰痛を予防できないことが判明
http://1.usa.gov/p3JqOY

 

50代男性 会社員 品川区中延在住

痛みと状態は典型的なメカニカルペイン(動作時痛)

  • 腰にビーンとした痛みが走る
  • 起き上がる時に特に辛い
  • 今回で腰痛は人生5回目

検査と施術では柔軟性が著しく良くない

品川西大井・整体カイロそのまんまサンシャイン

  • 前屈(FFD)が+30センチメール。自宅で行ってもらう能動的ストレッチをお伝えする
  • 背骨に機能不全が多い為、スパイナル・アジャストメント
  • 筋膜の硬化がみられるので筋膜リリーステクニックで柔軟性の向上の促進をはかる
  • 腰痛の概念の再教育をプリントを使用して行う
  • 1週後に来院してもらい、回復しているのを確認して治療おわり

施術ごの感想品川区の整体ならそのまんまサンシャイン

  • 筋肉を鍛えていても腰痛になることがわかりました
  • 施術は気持ちが良く、揉みかえしも殆どありあませんでした。

コメント

腹筋と背筋のバランスが崩れることで腰痛になる。とまことしやかに言われていま品川区で腕の痺れの治療ならカイロプラクティックそのまんまサンシャインへすが、そのような根拠となる統計学的な医学情報はどこにもありません。

腰痛になる理由はハッキリとは解っていませんが、腰への負担を減らしたりなどの物理的因子以外の事も考慮にいれる必要があります。

■ボーイング社の航空機関連従業員3020名を対象に、職業性腰痛の予測因子を4年間にわたって追跡調査した結果

仕事に対する不満と経済的問題(生活困窮)が腰痛発症による労災補償請求と関連。

非物理的因子が関与している可能性。
http://1.usa.gov/OORV9j

フィジカルだけで考えたいのであれば

筋力を維持するためには腹筋や背筋は効果的ですが、腰痛になる時はなります。

機能的に考えると、腹筋といっても腹横筋、腹斜筋という深層筋の使い方が大切です。定量的にこれらの筋肉の強さが測れないところが統計学的には言及できない理由であると私は考えています。

実際腹直筋、腹横筋を使えるようにしいくにはパーソナルに近いリハビリが必要ですし、その動きが日常的に活かせているかというと測りようのないことです。

腰痛自体は社会的な要因も加味して考えていきますが、もうひとつフィジカルの面で大切なことは柔軟性もある程度必要だということです。バランス良くトレーニンをする必要があると思います。

どこの部分が機能低下しているかは、ひとそれぞれ違います。ですから細かい検査をくりかえしてご自身で理解できることが大切です。また長引く腰痛の方には、認知行動療法的もおこなっていますので、ご安心ください。

お問い合わせはこちら

 

  • 都営浅草線中延駅A3 徒歩6分
  • 東急大井町線中延・荏原町駅徒歩7分
  • JR横須賀線 西大井駅徒歩7分
  • 東急バス 荏原営業所徒歩2分

Home> 症例報告> 慢性腰痛> 筋トレを続けているが再び腰痛になった

朝玄関をでてからの腰痛

歩き始めてから出てきた今回の腰痛
品川区豊町在住 20代女性の場合

繰り返している腰痛持ちさん

  • 朝玄関を出てから少しずつ腰が痛くなってきて…
  • 昔からの腰痛持ち またやってしまった…
  • 少しでも楽になればと思い来院事務職の女性

 20代女性 事務職 品川区豊町在住

痛みと状態

前かがみが一番きつい

・前屈をすると腰に痛みがでるが、耐えられないほどの痛みではない

・身体を反らすことは問題なくできる

・右に身体を倒したときにズキッと右の腰に痛みがでる

検査と施術

青信号 グリーンライトですカイロテーブル

  • 問診上命に係わるような、おおきな問題はない
  • 充分な緩和操作と、カイロプラクティック治療、基本的なケアです。
  • 温熱療法と日常生活でのアドヴァイス 
  • 腰部へのキネシオテーピング
  • 腰痛ガイドラインの勧告に従った、腰痛教育

 

施術後のご感想

一晩で大きく回復前屈する女性

  • 施術の翌朝、すごく回復しているのが実感できた(電話で確認することが多いです)
  • 以前腰痛の時に受けていた療法より、効果的だとおもう
  • 回復までの過程を説明してくれて、その通りに回復していったので安心できた

院長のコメント

背中は脳の知覚領域が小さい

本症例のように過去に数回大きな腰痛を体験されている方は、前兆があったら早めに来院することをおススメします。多くの場合は脊柱起立筋の緊張が限界まできています。ご自身の脳が腰を認知する領域はとても狭いので、専門家に診てもらっておくと良いでしょう。

最後の腰痛にしませんか?

本症例のように何度もぎっくり腰を繰り返している方も少なくありません。当院は再発防止までしっかりサポートしているのが特徴です。

大事ですまた1ヶ月に1回の頻度でメンテナンスをしておくと 腰痛になる前の段階で早期発見できます。日々のいぞがしい生活ではなかなか自分の身体に目を向ける時間がありません。中延、西大井周辺でぎっくり腰や腰痛でお困りの方は、また日ごろの身体のケアを考えていらっしゃる方はWHO基準のカイロプラクター伊藤にお任せください。

 

  •  都営浅草線中延駅A3 徒歩6分
  •  東急大井町線中延・荏原町駅徒歩7分
  •  JR横須賀線 西大井駅 徒歩7分
  •  東急バス 荏原営業所 徒歩2分
  •  専用駐車場有り

 

布団を持ち上げた瞬間に腰が「プチッ」

典型的なぎっくり腰へのカイロ治療 20代男性の症例

俗にいうぎっくり腰は非特異的腰痛という名前で呼ばれます。寝て起きたら腰が痛かったなどきっかけとしては様々ですが、この方のように「何かを持ち上げた瞬間に」という方も少なくありません。

比較的多い症例です

  • 休みの日に布団を持ち上げ時に「プチッ」と音がした
  • 以前に軽いぎっくり腰があって慢性的な腰痛もあった…
  • 味わったことの無いとてつもない痛み!!!
  • 何回かぎっくり腰をしていて、その度に違う治療院にいっている

 20代男性 会社員 品川区戸越在住

カイロプラクティック治療はぎっくり腰に対して信頼度の高いエビデンスがあります。

 

ぎっくり腰はカイロ治療で急速に回復に向かう。ランダム化比較試験。

カイロ治療後は急速に回復にむかいます。
18歳から40歳の54人を対象にした比較試験です。

ランダム化は、腰痛発症2週間以内の人でも、2-4週間痛みがある人でも脊椎マニピュレーション後に1週間以内で急速に回復した。

Spine (Phila Pa 1976). 1987 Sep;12

布団を持ち上げて腰痛

患者さんの痛みと状態

歩行が厳しい

  • 腰痛の為、歩行が困難な状態。ゆっくりと歩く。
  • ぎっくり腰5回目にな
  • 前屈は不可能
  • 随伴症状はない

6割~7割は再発するのが腰痛

この方のように、ぎっくり腰は繰り返している人が多いです。

再発率自体はかなり高いのですが、少しでも再発率を下げたり、再発した時にも痛みを最小限にとどめたい場合は積極的にリハビリテーションをしていく必要があります。コクランレビューとデンマークデータべースからのレビューなので信用性はかなり高いです。

2003年ですからちょうどガイドラインが出て数年したくらいでしょうか。積極的なリハビリが行われている現在ではもう少し率は下がっているかもしれませんね。

 

36研究をレビューした結果、腰痛既往歴のない患者の22%、腰痛既往歴のある患者の56%が1年以内に再発し、全腰痛患者の再発率は60%
(Hestbaek L. et al, Eur Spine J, 2003)

1年以内の再発率を下げるのは最初のぎっくり腰の時の対応が大切のようです。しかし中期スパンでみると6割の方は再発してしまいます。これはリハビリを行っていると良く分かるのですが、痛みが取れてくると必要な運動を次第にしなくなってくるものです。

15研究をレビューした結果、痛みと活動障害は1ヶ月で改善して82%が職場復帰を果たすものの、1年以内に73%が再発  
(Pengel LH. et al, BMJ, 2003)

検査と施術

症状は重いが問題はないカイロテーブル

  • SLR30°
  • 問診上はレッドフラッグはない
  • 腰痛の再教育と、オーソドックスなカイロ治療を行う。
  • 脊柱起立筋群の過緊張状態があるので緩和操作。
  • 簡単な呼吸法をお伝えする

ご感想

初回で半分に痛みが減る

  • 初回の治療は半分くらい腰の痛みが軽減しました。
  • 説明がわかりやすく、具体的だったので信頼できました。
  • 何回かぎっくり腰をしていて、その度に違う治療院にいっているが、ここは再発防止策までしてくれるので新しいタイプだとおもいました。

コメント

計画的にケア

この方は2週間で合計3回のカイロケアを行いました。ぎっくり腰は時間とともに痛みが減ってくるのですが、具体的にどれくらいの期間が必要かは、さまざまな要素が絡んできます。院長の顔

初診時に伝えする呼吸法などをしっかり行ってくださればたいてい2.3日である程度おさまってきます。この呼吸法が大切です。当院ではスウェーデン式リラクゼーションエクササイズという方法をお伝えしています。

「腰なのに呼吸??」と思いますが、エビデンスに基づく、とっても大切な要素です。

科学的な根拠

「スウェーデン式腰痛教室」(修正版)による集団教育は、職業的背景によっては有効な場合がある

職業的背景を考慮しない腰痛教室の有効性はまだ実証されていない。

http://1.usa.gov/LtCyjVhttp://1.usa.gov/Kk6Bgl

詳細は不明なのですけれども「スウェーデン式腰痛教室」というのは、理学療法士によるリハビリテーションを中心としたプログラムのようです。

当院では、その一部である呼吸法や、脊柱のリハビリを中心とした構成で対応しています。

初診での対応内容が冗談抜きで非常に重要になります


ぎっくり腰
は初診の対応が命ですから、迷わず受診されることをお勧めします。

ガイドラインにもとにかく、1回はガイドラインに則った対応をする機関を受診することが薦められています。開業して月日が経てば経つほど、この初診時の重要さを実感します。何回目かの腰痛の方も、お気軽にご来院ください。

お問い合わせはこちら

 

院長ブログの腰痛コーナーもご参照ください

 

他の急性腰痛の症例

  • 都営浅草線中延駅A3 徒歩6分
  • 東急大井町線中延・荏原町駅徒歩7分
  • JR横須賀線 西大井駅徒歩7分
  • 東急バス 荏原営業所徒歩2分
  • 専用駐車場有り

Home>  症例報告>  急性腰痛(ぎっくり腰)> 休日に布団を持ち上げた瞬間に腰が「プチッ」

年に4回のぎっくり腰

ぎっくり腰を繰り返している方の症例です
品川区戸越在住の40代男性の症例報告

  1. 高校生の頃から年に3.4回はぎっくり腰になっている
  2. 腰が固まってくる感じが必ずある
  3. 今年は最大級の腰痛があったので心配

<strong>品川区の整体院</strong>ならカイロプラクティックそのまんまサンシャイン

 40代男性 建設業 品川区戸越在住

痛みと状態

  • 今日は腰痛3日目で少し和らいできている
  • 20年間繰り返す 「ぎっくり腰」 になやまされている
  • 前屈すると痛みがでるのではないかと不安
  • スポーツクラブで週に3回は鍛えている

検査と施術品川西大井・整体カイロそのまんまサンシャイン

  • 胸腰移行部の筋緊張とサブラクセーションがある。緩和操作 とカイロプラクティックアジャストメントを行う。
  • 猫背気味なので、正しい姿勢の指導 
  • 肩足バランスが低下しているので、スモールフットからのバラ  ンス誘導

施術後のご感想中延・西大井・荏原町の整体院・そのまんまサンシャイン

  • 初回の施術後には、すごく腰が軽くなった(最初のうちは生活していくと戻る)
  • どのあたりの筋肉が硬いのか、実感できた
  • 普段の運動で動かないところを動かしてもらった気がしました。気持ちいい。
  • 数カ月経過したが、今のところ腰痛はない

院長のコメント

繰り返す腰痛の人に多い状況

繰り返す腰痛の方は、運動の制御が出来ていない場合があります。少しのことですが、日常生活レベル品川区中延でぎっくり腰になったらカイロプラクティックそのまんまサンシャインへで繰り返し使われることで背骨の一部に凄く負担が大きくなる部分がでてきます。

背骨の使い方といってもいいでしょう。

また、オーバーユースによる腰痛の場合(これも非特異的腰痛という名前にはなりますが)、足の裏や骨盤底筋群、横隔膜といった部分をリハビリする必要があります。これらは姿勢の制御にとても大事な役割をしています。これらの運動筋の再教育を行っていくことが腰痛の再発率を低下させます。

またギックリになる状況として会社での人間関係など、社会的要因も見落とせません。総合的に診ていく必要があると思いますよ。

 

人によって機能低下しているところはさまざまです。このあたりが書籍やネットの情報では解かりえない状況といえるでしょう。情報だけならWEBサーチのほうが沢山見つかるでしょう。

それよりも専門家の正確な情報を直接聞くこと、施術を体験することを通して、息遣いや意気込みを通してとコミュニケーションを取ることの方が大切だと思います。

  

お気軽にご連絡ください

【そのまんまサンシャイン】では、それらを見つけ出しオーダーメイドの腰痛治療を提供しています。

腰痛を繰り返していらっしゃる方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約