MENU

湯船に毎日浸かること、社会ネットワークで健康維持

お久しぶりです、最近はYouTubeチャンネルの作成が楽しく、blogがとことんおろそかになっております。たまには更新しないとですね。

さて今回はYouTubeチャンネルでも語っております、湯船につかるといろいろと良いことがあるというお話しです。

なんと毎日湯船に浸かっている方は、週2回の方とくらべて要介護の認知症になるリスクが約30%減るらしいのです。

面白い研究ですよね。

筋力や関節可動域など体性感覚が認知機能と多いに関係していることからも判るように、おそらく入浴による皮膚圧受容器や温覚などさまざまな受容器が脳にいろいろな信号を送るからでしょうね。

カイロプラクティックは健康科学です。どちらかというと予防医学の範疇に入ると大学で教わりました。

いったん病気になってしまうと医療費がかさみ建設的な生き方でなくなることが多いです。

目次

社会的ネットワークが健康維持に思った以上に重要

社会的ネットワーク。
口酸っぱくお伝えしている、運動や食生活と同じくらいに重要な健康の要素らしい。最新の研究で判ってきたことですが、センタナリアン(100歳以上)の割合が一番多い地域(イタリアのある島)の中で、どんな人が長生きかというと「社会ネットワークが多い人」が長生きするらしいのです。

特に青年早期、高齢期で健康に影響

ノースカロライナ大学の研究者による報告
社会的な結びつきと身体の健全性をあらわす具体的な指標、例えば腹部肥満や炎症性傾向、高血圧など、長期的には心疾患や脳卒中、がんなどの健康リスクとなるものとを決定的に関連づけている。
以前から指摘されている社会的な結びつきと長寿。社会的ネットワークサイズが青年期の早期および高齢者に至る時期に重要であることがわかった

社会的隔離が身体的不活動と同じくらいの量の炎症性リスクを増大させる一方で、社会的統合性は腹部脂肪肥満に対して保護効果を示すのだ。高齢者では、社会的隔離は糖尿病よりも高血圧の進展やコントロールに対して悪影響を及ぼしていた。
中年成人では、社会的交流の数が問題ではなくて、社会的交流が社会的なサポートや社会的緊張性の点から見てどのようなものをもたらしているのかという事が重要であるようだ。

健康状態と人々が社会的ネットワークの中で、中年期では量よりもむしろ質が重要ということで、それほどの重要な関連性を見つけることはできなかったと研究者は指摘。

医師や、臨床家、その他のヘルスケア専門家は社会一般の人々に対して、社会的な絆が強いことが我々の人生を通じていかに健康的に生きる上で重要なことであるのかを強調するような働きかけをしていくべきである。

———————————————————————————————————————————

面白い研究ですね。人間というものを改めて考えさせられます。私は社会的なネットワークというものを意識して広げようと考えたことはありませんでした。

このあたりは難しいところだとは思うのですが、好んで異業種交流会などに参加するタイプではないのですが、この研究を見る限りはなるべくネットワークは大きい方が良いみたいなので(特に青年初期、老年期)意識して生きていこうと思います。

ヘルスケアプロバイダーとして、より健康でありたいものですから。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる