MENU

脚の痺れ、痛みへのカイロプラクティックの効き目の目安

脚の痺れでカイロプラクティックを受けたことのある人、これから受けようか考えている方への情報となれば幸いです。

実際私もカイロプラクティックの臨床に携わり、大学で学んできたこととの差異に苦しんだり疑問に思う部分がありましたので、きちんとしたエビデンスを知ったときに理解が深まりました。

それではカイロプラクティック治療が具体的にどれくらい痺れのような脚の症状に有効なのかを見ていきましょう。専門用語が多いので噛み砕いて説明できたらと思います。

目次

その①腰痛や背中の痛みを伴う下肢痛(腰椎の神経・筋骨格筋構造の異常が原因)

脚の痺れにカイロプラクティック治療はどれくらい有効か

簡単にいうと腰の痛みを伴った脚の痛みについての研究です。単に脚の症状だけでなく、腰も痛い場合。

12週目の時点では脊椎マニピュレーション(背骨の操作)はあらゆるメリットがある

現時点で解かっているのは12週目の時点ではあらゆることでメリットはある、ただし1年の時点では有効な差はないようです
あらゆることとは、痛みやそれによる日常生活動作、自己肯定感など。

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1356689X07001658

これは臨床に携わっていると良く分かるのですが、脚の痺れというのは簡単にとれるものではありません。これを見ると3か月の時点ではあらゆるメリットがあるということです。

ドクター

ですから例えば1か月治療を受けて、脚の症状が残っていても普通です。しかしカイロプラクティック治療を受けていない方と比べると大きな差がある可能性が高いということです。

そしてご覧のとおり、1年後に何等かの症状があってもおかしくないくらいシツコイ症状です。ですから3.4か月を目安にカイロプラクティック治療を受けるというのは賢い選択となるでしょう。(頻度は懐次第になります)

カイロプラクティックが法制化されていない日本の臨床現場では、現実的にはもっと早い回復を試みています。(脊椎マニピュレーション以外の施術が盛り込まれます)当院では筋膜をとこととんリリースすることで回復を促しています。

その② 健康助言+脊椎マニピュレーションは、健康助言のみより優れるも52週(1年)は持続しない

アドバイスも有効だが背骨の矯正+でより効果

ただ単に生活のアドバイスを聞くよりも、背骨の操作を受けてから+健康アドバイスを受けたほうが効果があるとういことです。

ガイドラインに沿ったアドバイスは痛みを恐れずに、なるべく日常に近い生活を心がける事。安静にすることではありません。

カイロプラクティック治療は基本的に背骨を操作しますからWHO基準のカイロプラクティックであればしっかり矯正します。そして尚且つ健康アドバイスをしっかり行ってくれる治療院を探すといいでしょう。

注意したいのは52週ですから約一年後には差がなくなってくるということです。

そして改めて考えてもらいたいのは、52週の時点でも足の症状があることは多いということです。そのような場合は別のことを考えていく必要があるということです。

介入:脊椎マニピュレーション治療:SMT+ 居宅運動と健康助言(HEA)vs HEAのみ12 週間。

12週時点でほぼ全てのセカンダリアウトカムに対し改善、しかし、52週めで全般改善、自己満足度、医薬品使用でのみ改善。
重篤な治療関連副事象、死亡事例生ぜず。
Limitation: Patients and providers could not be blinded.

結論:BRLPに対しのSMT+HEAは、12週時点ではHEA単独より有効。だが、その効果は52週間持続せず、特定のアウトカムのみ持続。
Primary Funding Source: U.S. Department of Health and Human Services.

腰下肢痛への脊椎manipulatonは、短期効果については確立しているように思える。ただ、長期になると、不十分なようだ。

脚の症状はカイロプラクティックのマニピュレーションを受けないよりは大分いいが、1年も受け続ける必要はないでしょう。

補足:座骨神経痛フォローアップMRI検査は無駄

座骨神経痛生涯発生頻度は13-40%に及ぶ。座骨神経痛の経過は良好なことが多く、大多数では八週間以内に自然消失する。

長期的な保存的治療でも改善せず、持続する場合、手術が提供されるが、画像診断と手術技術発展はあるものの、必ずしもここ数十年手術の成績は改善していない。にもかかわらず、MRIが、腰椎椎間板ヘルニア、持続的座骨神経痛例にMRIが頻回に施行されている。

ドクター

私の考えでは、多くの坐骨神経痛は筋膜の連結が硬くなって発生しています。腰の手術をしても良くならないのはその為です。

ポイントは2カ月しても残っているような坐骨神経痛は即、カイロプラクティックなり針治療なりの保存療法を開始したほうが長期的にみて得策です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次