腰痛から健康へ

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~21:00 定休:水曜日・予約制

10年ぶりに再発した顎関節症

以前にも顎関節症で整体院にお世話になった40代女性

顎関節症と15年ほど前に診断を受けて、マウスピースなどの療法を行ったことがある女性の症例です。
さらに10年ほど前に痛みが悪化して口が開きづらくなり、当時住んでいた京都の整体院で改善した経験をお持ちの相談者です。

  • 昨日硬いものを咀嚼していた時に違和感があり、今朝起きたら口が開きづらくなっていた
  • 喋る時に頬のあたりに痛みが出て不便
  • 前のように暫く痛いとなると不安

40代女性 ヨガ・インストラクター

検査結果

  • 開口時の関節音は特にない
  • 開口時1横指半くらいで右頬あたりに痛みが出る
  • 動的手技での確認において顎関節自体の運動の左右差はさほど感じない
  • 右頬筋に筋硬結があり、それが痛みの発生源であることを確認

狭義での顎関節症ではなく、右の頬筋の筋緊張、筋硬結からくる症状であると判断しました。

施術

  • 右頬筋の硬結に対してスライドを加えた軟部組織テクニック
  • 顎関節自体の自動運動の補助
  • 頭蓋可動性の確認と施術
  • 背骨全体(フルスパイン)で治療

結果

結果的には十分な頬筋へのアプローチ、頭蓋全体のバランスを整えることで症状は初回の来院で大幅に改善しました。

術者コメント

顎関節症と一般的に読んでいる顎回りの不快症状の多くは狭義での顎関節の問題そのもので起きていません。勿論顎関節そのものの変形により症状が出ているケースもありますが、本症例はそのようなものではありません。カウンセリングの様子

左右の頬の筋肉の張り具合の差が著しくなり、片方が痛みを出していた状況です。頬の筋肉の状態で顎周辺に症状が出る事は良くあります。

歯科や口腔外科ですとマウスピースという対処法が先ず行われることが多いですがカイロプラクティックでは筋骨格系の調整をすることで左右の使い方のアンバランスを調整していきます。

普段の顎回りの使い方の癖の結果で症状になっていることが多いです。顎関節周囲の症状をお持ちの方の一つの参考になれば幸いです。お近くの方で症状が気になる方は、お気軽にご相談ください。

顎関節症について

顎関節症も多くは顎回りの筋肉の不均衡

カイロプラクティックそのまんまサンシャインは顎関節症についても対応可能です。

顎関節症と一括りにくくっても、大きく改善が見込める状態とそうでない状態に分かれます。

①カイロプラクティックで改善が見込めそうなタイプの顎関節症

筋肉のアンバランス、筋が硬くなっている

カイロプラクティックで大きく改善が見込める顎関節症は、筋肉性の顎関節症で、いわゆる顎回りの筋肉のバランスが崩れていることが原因で起こっいるものです。

ある日突然顎が開かなくなった、空きづらくなった、モノを嚙むときに違和感がある、口を開けるとき、閉じるときにカクっとなるなど様々な症状があります。顎回りが急に痛くなったり、食事を噛むときに痛みが出るのは筋肉が原因の事が多いです。このような顎関節症は回復が見込めます。

多くの場合はこの筋肉バランスが崩れて起こっている顎関節症だと私は思います。筋肉の調整で改善が見込めるのですが、罹患期間が長ければ長いほど筋肉の癖がついているので改善に来院回数を要します。

顎関節の図

関節円板の位置と顎を動かす筋肉群

②カイロプラクティックで改善が難しい顎関節症

逆にさほど改善が見込めない顎関節症は、顎関節の関節円板が損傷してしまっている場合です。外傷や無理なそしゃくなどで下顎骨と側頭骨の連結部分にある軟骨組織が痛んだり変形しているとカイロプラクティックでは回復が難しいです。

この場合関節運動を行うとジョリジョリした音が顎関節に現れることが多いとされています。

関節の根元組織が変形しているので、手技療法では期待するような改善は難しいですが負担が掛かてっている部分をリリースしたり、正常な動きを促してあげることで比較的楽な状況を一時的に作ることは可能です。

カイロプラクティックは顎関節症へ選択肢のひとつ

お世話になっている歯科医の先生に質問をさせて頂いたところマウスピースでの対応がメインだが、マジメに顎関節症の研究を続けている先生の中には首のマッサージをしたりする歯科医師も居らっしゃるということで、筋骨格系へのアプローチも十分に効果が見込まれます。

カイロプラクティックからみた顎関節症

カイロプラクティックの教科書には顎関節の運動起点が第2頸椎にあるとあります。顎の関節の動きの延長線上にある軸点ですね。実際に第2頸椎を触知しながら顎運動を行ってもらうと顎の開閉運動がスムースになる相談者もおられます。

この場合は頸椎の機能不全が大きく顎関節運動の異常に関わってることが考えられるため、第2頸椎のアジャストメントを行っていきます。勿論顎関節症においても、すべての動きは連動しているので他の部位も調節をしていきます。

脊柱模型の第2頸椎

顎の関節の動きの支点といわれる第二頸椎

ご相談はお気軽にご連絡ください

他の療法で効果が得られなかった方や、再発している方、癖になっている方など、ご相談はお気軽にお寄せください。カイロプラクティックが顎関節症の方のお役に立てることも多くございます。

顎関節症の悪化でコメカミに頭痛

カイロプラクティックによる手あてによる症例報告

10代男性 大学生 品川区在住

  • 顎関節が2年前からガタガタ言う
  • 朝起きるとズレてることがある左側頭部は押すと痛い
  • 2週間前から左の耳がこもって聞こえづらくなっている
  • 耳鼻科で顎関節症が悪化したのが原因でしょうと指摘されたが、特に処置はしてもらえなかった
痛みの図

実際にご記入頂いた疼痛図

問診・検査によりわかったこと

関節円板損傷の疑いがある

  • 左顎部の鈍痛
  • 顎の開口時に右にスライドしながらの開口、閉口時はその逆、捻髪音を伴う
  • 首の鈍痛
  • 左側頭部は押すと痛い圧痛
  • 肩甲骨間の痛み
  • 頭蓋骨の機能不全
  • 脊柱、骨盤の機能不全

カイロプラクティックによる手あて

顎関節円板の損傷はカイロプラクティックによる手あてでは戻すことが出来ないことを伝え、側頭部の圧痛と耳のコモリの改善を目的としたカイロプラクティックによる手あてを行うことを伝える

代替医療はいろいろ行ったがカイロプラクティックは初めて

  • 入念な緩和操作
  • 脊柱、骨盤の機能低下にスパイナル・マニピュレーション
  • 頭蓋骨の施術、顎関節
  • 首まわり、頭蓋の筋肉群に緩和操作

初回の治療で回復

  • 顎関節症から耳がこもる症状と側頭部の圧痛は初回の治療後に消失
  • 開口時、閉口時のスライドに関しては変化なし

院長のコメント

カイロプラクティックによる手あては効果的です

症状が悪化した時は患部に関しても勿論そうですが、体全体が緊張していたり休息が少なすぎたりと生活全般を見直す良い時期でもあります。

顎の関節の付け根の部分に関節円板と言われる軟骨組織があるのですが、その軟骨の組織変化がある場合は顎の「カクン」という現象はカイロプラクティックによる手あてでは治りません。

この方は症状の悪化で頭痛や耳の聞こえづらさが出てきていたので、それらを緩和させる目的でカイロプラクティックによる手あてを行いました。まだ10代で症状が出てからも日が浅めの為、初回のカイロプラクティックで良い結果が出たのだと思います。

顎関節症自体は専門家に伺っても一筋縄ではないようなので、さまざまな治療を試みてご自身に合うものを探すことも大切です。カイロプラクティックによるケアも可能ですからお困りの方はお気軽にご連絡ください。

当院の営業日

本日の空き情報

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証

youtube
電話で予約
オンライン予約