MENU

カイロ治療(脊椎マニピュレーション)を受ける期間

カイロプラクティックをネット検索すると「通わされそうになった」など、ネガティブな意見が散見されますので、カイロプラクティックが何を根拠にどれくらいのスパンで来院をお勧めしているのかを書いていきます。

日本の場合保険適応ではないので、金額的には参考にならないかもしれませんが、回数や期間は参考にしてみてください。

目次

カイロ治療は1か月で判断

どれくらいの期間を目安に背骨の矯正(脊椎マニピュレーション)を受けることを考えたらよいか。
確証度Dなので、人にもよるということなのでしょうが、だいたい1か月間は受けてみてという科学的根拠があります。

接骨院などでも骨盤矯正と称してさまざまな「矯正」が行われているようですが、脊椎徒手療法の専門家ではありません。似て非なるものだとお考えください。

また逆もありまして、脊椎マニピュレーションを行わないけどカイロプラクティックと名乗っている治療院も多いです。未法制化状態の日本では一概にカイロ治療とまとめることが出来ないのが歯がゆいところであります。

肝心のエビデンスを見ていきましょう。

エビデンス

1994年 Agency for Health Care Policy and Research 《米》医療政策研究機構 腰痛診療ガイドライン
脊椎マニピュレーションによる治療を1ヶ月間行なっても患者の症状や機能障害の改善が認められない場合は、脊椎マニピュレーションを中止して患者を再評価すべきである(確証度D)。

ドクター

腰痛に関する調査ですが他の部位でもある程度参考になると思います。

上記のように症状だけでなく、機能障害という観点も大事です。われわれカイロプラクターは細かい背骨ひとつひとつの動き(機能)をチェックしています。

機能を回復させることによって結果痛みが取れてくる、という順番です。

頻度は軽症と重症で違う

日本で1か月毎日連続してカイロ治療(脊椎マニピュレーション)に通う人も少ないでしょうが、1日おき、2日おきくらいで来院が効果的かもしれません。

このあたりは慢性痛に関して2020年にようやくガイドラインが作成されました。

これによると

  • 軽症ならば1-6回通ってみる
  • 中度~重度の症状なら週に2.3回を2-4週続ける
エピソードの種類治療訪問数ケアの
期間
再評価期間
軽度の悪化1–6 回/エピソード発症ごと症状発症の始まりと終わり
中等度または重度の悪化2〜3回 /週2〜4週間2〜4週間ごと
継続的な管理のためのスケジュールされた間隔 a,b1〜4 回/月進行中少なくとも6回の訪問ごと、または必要に応じて変更を文書化します。c,
慢性痛はこの表を参考に

本邦では保険適応でないので、費用との兼ね合いになりますが、ご参考になさってください。
週3回の来院を4週続けるのがMaxだとお考えください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる