MENU

鬱病に作業療法も有効

作業療法。Occupational therapistは、心身に障がいのある方に対して、その治療手段としてさまざまな作業を用いる療法です。作業というと、手工芸のような細かい手作業などを思い浮かべる方も多いかと思いますが、ここでの作業とは日常生活に関わるすべての諸活動のことを指しています。(jobメドレーより

この作業療法が、うつ病に効果があるシステマティックレビューで証明できたということです。

英国・サルフォード大学のLynn Christie氏らによる研究。Journal of Affective Disorders誌2021年3月1日号の報告。https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0165032720331700?via%3Dihub

主な結果は以下のとおり。
 ●うつ症状を改善するための作業療法による職場復帰介入(強力なエビデンス)
 ●不安や自殺念慮を軽減するための作業療法によるライフスタイル介入(限られたエビデンス)
 ●仕事への復帰を改善(限られたエビデンス)
この研究で解かったのは、個々の患者を対象として作業療法を評価した研究はなく、研究のギャップが浮き彫
りとなった。

著者らはメンタルヘルスと休職コストとの関連を考慮すると非常に重要なポイントである。今後は、さらなる研究により、エビデンスを増やしていくことが望まれる」としている。

本邦の場合、職場での過労などで鬱病を発症することが多いように思います。作業療法というとリハビリテーションの印象が強いと思います。実は

リハビリテーション:身体的、精神的、社会的に最も適した生活水準の達成を可能とすることによって、各人が自らの人生を変革していくことを目指し、且つ時間を限定した過程である。

と学生時代知って、当時驚かされたのですが、単に体を動かせるように繰り返し運動訓練をするのではないということです。精神的にも、社会的にも(職場復帰など)生活水準の達成を可能にして、人生を変革させていくことです。

カイロプラクティックのカリキュラムの中にもリハビリテーションがあります。カイロの臨床に10年ほど携わり、この言葉の重みを実感しています。単に痛みをとるのではなくて、患者さんの人生の変革のお手伝いをするのに、日々苦慮しています。

上手く伝わってなかったり、空回りしていたり、余計なお世話であったり。一人でも多くの方の人生の変革を見届けたいと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる