脊椎分離症が腰痛の原因ではない

たまに脊椎分離症と診断を受けたかたが来院なさいます。しかし分離症自体が腰痛の原因ではないです。

■18~50歳までの腰痛患者807名と健常者936名を対象に、腰部X線撮影で脊椎分離症の検出率を比較した結果、腰痛患者群は9.2%、健常者群は9.7%だった。脊椎分離症が腰下肢痛の原因と考えるのは非論理的。
http://1.usa.gov/j2Jw5a

上記の論文を簡単にご説明すると、健康な人(腰痛の無い人)でもほぼ同じ割合で脊椎分離症をレントゲン上発見できるということです。

よ-く考えよう~♪ です。

いろいろな要因を考慮する必要がありますが、私は筋膜が痛みを発しているか否かが症状があるか無いかの差だと考えています。

脊椎分離症と診断を受けて腰痛が残っている方は参考にしてください。