MENU

患者さんがいつも教えてくれる

カイロプラクティックにしろ、メディアドクターにしろ経験が人を成長させてくれる。日々の臨床の中で患者さんがいろいろな訴えをしてくれるから、こちらも勉強して応えようとする。

目次

スタチン服用での変化は患者が報告して明らかになった

スタチンによる副作用が発現した患者650名を対象にした研究によると、関連性を疑ったのは医師ではなく患者だった
筋肉痛では患者86% vs 医師14%
神経障害では患者96% vs 医師4%
認知障害では患者98% vs 医師2%。

身体のことが良く観察できている、しかも変化を正直に訴えることができる環境は大切です。

パフォーマンス指摘しよう
体調の変化は細かく報告しよう。紙に書いておくと忘れずに伝えられます。

お医者さまも多忙で、プライドもありますが昨今、ネットで皆さんよくご自身の病状のことを調べています。

代替医療の現場でもそうですが、いつも患者さんがヒントをくれます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる