MENU

大腸がんリスクを下げる菜食主義

目次

菜食をすることで大腸がんリスクが2割低減

歳を重ねると自然と肉類は減ってくるものの、若いうちから意識するに越したことはありません。

アメリカでの7年間にわたる、77000人への追跡調査の結果です。

研究の対象とした菜食主義者は、肉だけでなく甘味類、スナック食品、精製穀類、カロリー飲料の摂取量が少なく、果物、野菜、全粒穀類、豆類、ナッツ類を多く摂取していた。

菜食がいいのか、肉が悪いからかは不明

面白い所は
Alfred Neugut氏曰く

「菜食により大腸がんリスクが低減する理由はわかっていないという。野菜に防護成分が含まれているのか、肉に有害成分が含まれているのかは明らかにされていない。菜食は、運動や禁煙など、他の健康的な行動を示す指標である可能性もある。」と述べられていること。

被験者の約半数は、週1回以上肉を食べる非菜食主義者だった。その他の被験者は、以下の4タイプの菜食主義者だった。

  • 肉を食べる頻度が週1回未満の半菜食主義者(semi-vegetarian)
  • 肉は食べないが魚介類を食べるペスコ・ベジタリアン(pesco-vegetarian)
  • 肉を避け、卵や乳製品を食べる乳卵菜食主義者(lacto-ovo vegetarian)
  • 肉・卵・乳製品をいっさい食べない完全菜食主義者(vegan)

非菜食主義者に比べ、菜食主義者全体では大腸がんリスクが平均22%。

ペスコ・ベジタリアンが一番大腸がんリスクが下がるそうで43%低減。

完全菜食主義者では16%、乳卵菜食主義者では18%、半菜食主義者では8%、リスクの低減がみられた。

魚介類は食べたほうが大腸がんリスクは下がる

私自身はなるべく野菜を摂るようにこころがけています。セミベジタリアンを自称していますが週に1回以上お肉を食べることもあります。

ベジタリアンになっても84%は肉食に戻るという研究もありますが、それでもベジタリアンの経験をしておくこをは、重要だと私はおもいます。

2021年追記:最近では私もご多分に漏れず、すっかりお肉も食べています。ただ一度はベジタリアンの軽い感じを知っておいても損は無いと思います。

おすすめの書籍は蒲原聖可先生の 「ベジタリアン食のススメ」です。
非常によくまとめられていて、なんだかとっつきにくいベジタリアンというイメージが払拭されるとおもいます。

食は健康を維持するのに絶対必要な条件です。無理なく少しずつ健康生活になれるといいですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる