多様化する「うつ」。さまざまな角度から うつ を考えていきます。

2020年10月5日うつ情報,不安,心身一如,腰痛

腰痛と脳や認知機能の関連は大手メディアでも数多く取り上げられるようになってきているので、お話ししやすい状況になったので感謝です。

そもそも慢性腰痛が不安や鬱病と関連が指摘されてきたのは2000年を過ぎたころからです。私達も ...

2020年10月12日うつ情報

運動と瞑想でうつに打ち勝つ

有酸素性運動と瞑想を組み合わせて行う事によってうつ症状を軽減するのに役立つようです。この、精神と身体を組み合わせた活動を、週当たり2回、2ヶ月にわたっておこなうだけで、うつの学生の症状を40%軽減することがで ...

2020年10月12日うつ情報

気を付けて、抗うつ薬の増量

頭打ちではあるものの、抗うつ薬の売り上げは高水準を保っています。一般的なネット検索では落ち込んだ時は精神科、心療内科→薬物療法 という流れになるのが現代です。(もちろん私は賛成しませんが)

そんな ...

2017年11月6日うつ情報,予防医学

鬱の予防にもなる運動

運動には様々な効果があることが解かってきているが、鬱病のリスクも低下させるようです。

当院にいらっしゃる方も最初は運動不足の方が多いので、運動をしてもらうように絶えず促しています。

カイロプ ...

うつ情報

鬱をいろいろな角度から考えていきます薬物療法以外の視点欧米ではうつへの治療法は認知行動療法が主流です。このような試みも効果がみとめられています青少年の鬱病へのゲーム治療

認知行動療法的手法を用いた3Dゲーム(SPARX)が、青少年のうつ ...