腰痛の心理社会学的な要因。

2019年2月21日

とてつもない痛みの腰痛をくりかえしたりなかなか社会復帰できない場合に、社会的な問題を抱えている場合は少なくない。現実的な状況が厳しかったり、実現不可能な理想を抱いている場合もおこりうることである。

このようなことは、統計的に明らかになっていて腰痛の治療時に考慮すべきことであるとことが解かっている。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK52408/

・心理的・社会的・経済的因子は腰痛発症と治療成績に大きな影響を与える。
・レッドフラッグがないのに日常生活が困難な場合、検査や治療を追加する前に非現実的な期待や心理社会的因子を検討する。

いままで腰痛を繰り返したり、腰痛が改善されなかったりしたときには耳を傾けて下さる方もいらっしゃいます。勿論臨床上はすべてがすべて心理的な要因ではありあません。

ひとつ言えることは、素直に意見を取り入れて試してくださる方は少しずつ改善します。
全部裏のとれた情報ですから、リンク先などをクリックされて確認されるといいとおもいます。