腰痛には認知行動療法

2019年2月21日

腰痛治療というと、牽引や安静臥床(安静にして寝ている事)などを思い浮かべるかもしれませんが
データに基づく効果的は、そのような事は薦めていません。

例えば認知行動療法があります。現在さまざまな疾患において認知行動療法の有用性が証明されて
きていますが、腰痛もその例外ではありません。

■短期間(数日~数週間)のうちに認知行動療法に基づいて段階的再活動化を実施した場合と、段階的再活動化を単独で実施した場合を比べると、疼痛と活動障害の回復速度に差はないが、慢性的な活動障害の発生率と失業率が低下する(★★★)。http://amzn.to/Hk8veA