椎間板は負荷をかければ強くなります

2019年2月21日

負荷をかけた椎間板の方が強い

フィンランドの600名への調査。
身長、体重、等速性のリフティング、椎間板の高さ、日中の仕事の動作、年齢を考慮して

BMI高値、引き上げ筋力が強い、作業強度が高いといった因子はすべて椎間板変性を遅らせるらしいということが、椎間板のMRI信号強度スコアから証明された。http://1.usa.gov/m8HAed

より高い体重、大きなリフティング強度、重い作業はすべて、より椎間板高狭小化を少し進行させるものの薄くなった椎間板が、むしろ有益な効果をもたらしていることが予測されたとある。

骨密度と同じように椎間板を若々しく保ちたいなら負荷をかけることです。このように従来の考え方は誤りだったことが証明されています。頭を切り替えましょう。

腰痛、ヘルニアの正確な情報提供をしています。