昼寝のススメ

2019年2月25日

厚生労働省も勧める昼寝

共同通信さんの記事で昼寝関連が増えている。
厚生労働省の睡眠指針が今春11年振りに書き換えられ、昼間の30分以内の睡眠が勧められている。

企業でも昼寝空間を導入しているところも増えてきているようです。
身体は正直ですから、幾ら気合で短眠、集中しようとしても限界があります。

お昼寝の30分がもったいないと考える方もいるようですが、眠い時は寝た方が仕事もかえってはかどりますし、遠慮なく業績アップ目的で、お昼寝することをおススメしています。

かく言うわれわれの業界でも、昼食後は仮眠をとる先輩方も多くおられます。
人のお身体を見させて頂く仕事は、みなさまがおもってらっしゃるよりも多くのエネルギーを使います。

自身が良い状態でないと、人さまの身体をみることは難しいですから、体調管理には万全を期しております。

ということで 夏場はとくにお昼寝 おススメします。