日本の若者の自殺念慮はBMIとも関連

2019年2月19日

低BMIが 若者の自殺年慮と関係がある可能性が出てきた。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22456583

明らかにはなっていないものの、木下氏らは日本人の若者18,104名に対し自己評価によるアンケート調査を実施して、低BMIと自殺念慮・自傷行為との関連を分析した。

 

結果は

1)低BMIは自殺念慮や自傷行為との関連が認められた(性別、年齢、薬物使用、精神的苦痛、BWPで調整)。
2)低BMIは日本人の若者の自殺念慮・自傷行為の独立した危険因子であると考えられる。

とのこと。

 

痩せの風潮が広がっていますが、健康面から考えるとあまりいいことはなさそうですね。