急性腰痛(ぎっくり腰)に硬膜外ブロック??

2019年2月19日

いまのところ、ぎっくり腰への注射での治療は不適当という判断になっているようです。

 

なぜそれが行われているかは、不明ですが・・・

 

限られたエビデンスによれば、ステロイドや局所麻酔剤とオピオイドを併用した硬膜外ブロック、あるいはいずれかの単独注射は、神経根症状の伴わない急性腰痛に対する有効性が証明されていない(★)。
http://amzn.to/Hk8veA

現時点では急性腰痛(ぎっくり腰)に硬膜外ブロックの適応はない​ということです。
2019年時点ではどこの国のガイドラインも推奨していませんから、今後も奨励されないのではないでしょうか。

気になる方は参考になさってください。