急性腰痛には日常生活の維持を

2019年2月19日

ぎっくり腰になると、安静にしてくださいと 告げられることがあります。

ところが安静にしていると回復が良くないことが分かってきています。

 

こんな研究があります。

 

急性腰痛患者186名を対象に2日間の

安静臥床群

ストレッチ群

日常生活群

 

に割り付けたRCTによると、ストレッチ群は安静臥床群より欠勤日数が少ないものの日常生活群には及ばないことが判明。急性腰痛の特効薬は日常生活の維持http://1.usa.gov/mOolz9

 

最近では追跡調査という形で、本当に効果があるのかないのかが明らかになってきています。

そしてカイロプラクティック治療を受けると急速に回復に向かうことが統計的に解っていることです。

ぎっくり腰になっても心配なさらずに

日常生活をつづけましょう。