ご質問はお気軽にお電話ください
当日は電話予約

ご予約の空き状況

3日㈯15.16.17.19時30分以降ご予約可
4日㈰11時半、19時半以降ご予約可
5日㈪午前中、20時ご予約可
6日㈫空き時間多
7日㈬定休日
8日㈭空き時間多
9日㈮午後~空き時間多
10日㈯13.14時、17時以降ご予約可
11日㈰17時以降ご予約可

※忙しい時に更新ができていない場合はご容赦ください。土日祝は比較的ご予約が取りづらいので早めのご予約をお勧め致します。

土日も営業 最終20pm受付 当日予約はお電話で
営業日
伊藤孝英
院長
ロイヤルメルボルン工科大学健康科学部カイロプラクティック学科日本校卒業。B.C.Sc(カイロプラクティック学士), B.App.Sc.(応用理学士)。従来の筋骨格系障害としての腰背部痛から生物社会心理的要因としての腰背部痛へとシフトチェンジ。鬱や不安障害にも着目したマルチモデルで腰痛ケアを行っています。
換気機能、ウイルス除去機能付きのエアコンを導入しました。常時外気を取り入れ、排気を行いながらの営業でコロナウイルス感染症対策は万全

うつ病– 薬物療法以外の代替案 –

うつ病を多角的にとらえて、ある種の囚われを俯瞰的に見られるようにエビデンスを載せてあります。
目次

カイロプラクティックは背中を押す仕事

日本語には「背中を押す」という言い方があります。

前に進むのをためらっている人、励ましや助言を与えて踏み出させる(広辞苑より)

カイロプラクティックはまさに背中を押す仕事です。

人が回復するのにマニュアルは存在しません。一人一人と向き合い、解決策を一緒に探ります。地道に改善を試みていけば、必ず何かしらの活路が見えてくるものです。

そのまんま

大丈夫ですから。

答えの出ない事態に耐える力

精神科医の帚木蓬生(ははきぎ ほうせい)先生の著書に「ネガティブケイパビリティ」があります。

ぐっと耐える力、ネガティブケイパビリティ、つまり「答えの出ない事態に耐える力」を少しずつ養う必要がある

しごく当たり前のことかもしれませんが、人生の危機を耐えている期間に必要な力です。

カイロプラクティックの業務の中で、あなたの苦しみに共感し、寄り添う存在でありたい。大学の頃、恩師が患者を救えない苦しみを僧侶に相談した話をしてくれました。その時、僧侶は「少しでも楽になればいいではないですか?」と答えたといいます。

人は苦しい時に一人では踏ん張れないけど、誰かが見ててくれるだけで踏ん張れるものですから。(stay and watch)

不確実性なことに耐性をつけるのも大事

このネガティブケイパビリティ能力が極端に低い方は、鬱病の根本的な原因の一つと言っても良いと思います。

腰痛などの身体症状が鬱病のキッカケにもなる

世界保健機関の行った研究データから、鬱病の発現因子といわれている腰痛などの身体症状が、鬱病や不安などの検出に有益だと言われています。

2004年の研究

医学的に説明のつかない身体症状(腰痛、体の一部の重さ/軽さの感覚、体の衰弱の期間、発作/けいれん、永続的な倦怠感、最小限の努力の後の倦怠感)および-ちょっとした-多様な不安症状(例えば、不安/神経質の感覚、緊張の感覚、リラックスの困難)はうつ病の検出に大きく貢献する。

プライマリケアにおいて身体症状がうつ病の発現に重要な役割を果たす。

Barkow K, Heun R, Ustün TB, Berger M, Bermejo I, Gaebel W, Härter M, Schneider F, Stieglitz RD, Maier W. Identification of somatic and anxiety symptoms which contribute to the detection of depression in primary health care. Eur Psychiatry. 2004 Aug;19(5):250-7. doi: 10.1016/j.eurpsy.2004.04.015. PMID: 15276656.
女性医師

身体症状の背景には何かしら問題があります。痛みや疲れなどの身体症状を訴えとするうつ病も多いです。

WHOのデータから5大陸14ヵ国のプライマリケアを受診した25,916名の患者を抽出して行なった身体症状と気分の落ち込みに関する国際的研究によれば

気分の落ち込み患者の69%が主訴として筋骨格系などの身体症状を訴えていた。

WHOの調査にもあるように、特に我々アジア人は鬱の時に身体が痛いという状態(表現)になる、ことが解かっています。現に心療内科を受診する方の6割以上は身体の痛みも同時に訴えることも解っています。

このことも冒頭にご説明した「鬱病は、複数の根本的な原因を伴う不均一な障害」という立場に立つと、身体の痛みは根本的な原因の一つと言えます。ただし不均一とありますので、人によっては全く関係ない要因とも言えます。

男性医師

うつ病は「痛みのケア」もしていくことがポイントになります。

2008年の精神医学の研究
慢性筋骨格系疼痛にうつ病と不安障害が併存する患者は疼痛の重症度が最も高い

一部の医師は疼痛の治療によってうつ病や不安障害も改善すると信じているが、もし医師が疼痛の治療だけに集中すれば誤診と過少治療に繋がる可能性がある。

Bair MJ, Wu J, Damush TM, Sutherland JM, Kroenke K. Association of depression and anxiety alone and in combination with chronic musculoskeletal pain in primary care patients. Psychosom Med. 2008 Oct;70(8):890-7. doi: 10.1097/PSY.0b013e318185c510. Epub 2008 Sep 16. PMID: 18799425; PMCID: PMC2902727.

日本で運動器の痛みがあって、カイロプラクティックに流れつく方々はかなりこじらせていることも珍しくありません。ですからカイロプラクティック臨床の現場では、上記の精神医学の論文の内容は日常的に遭遇していると言えます。

カイロプラクティックの鬱病への効果

マニピュレーションや筋操作の効果

鬱や不安症状へ身体の施術を行った場合、どのような効果があるのか。筋操作や背骨のマニピュレーションの科学的根拠も出てきています。

2018年のオステオパシーの研究

背骨のマニピュレーション、背骨の操作、筋肉操作は少なくとも不安には効果が認められ、鬱にも半数は効果が見込める。

International Journal of Osteopathic Medicine Volume 27, March 2018, Pages 23-33 The effects of osteopathic treatment on psychosocial factors in people with persistent pain: A systematic review MadalinaSaracutuJaynieRanceHelenDaviesDarren J.Edwards

上記の論文にあるように、筋肉を緩め、背骨の矯正(マニピュレーション)を行うことで不安は確実に減りますし、抑うつにも効果が見込めます。

この臨床研究は心理学でのジェームズ=ランゲ説を支持するものと考えられます。身体を押圧する、脊椎マニピュレーションをするという外部刺激は、生理学的反応を起こします、それを意識化した時に情動が表れるということです。

ジェームズ=ランゲ説/抹消起源説
ジェームズ=ランゲ説は、心理学者のJames,WとLange,Cによって1890年に提唱され「環境に対する身体的・生理学的反応の認知が情動を生む」という説。

「抹消起源説」とも言われ、情動は「1.外部刺激→2.身体反応→3.身体反応の意識化→4.情動」の順に生じるとするものです。

心理学用語の学習サイト https://psychologist.x0.com/terms/132.html

脊椎マニピュレーションに鬱病への一定の効果があるとすれば、背骨の関節の不具合、不快感も鬱病の根本的な原因の一つになり得ます。ただしこれも人によっては要素になっていない方もいます。

カイロプラクティックの特徴

カイロプラクティックの特徴は無投薬による徒手脊椎治療です。また医学にはない特徴として「哲学」があります。考えます。

そのまんま

意味のない薬を盛らない。それが一番大事なんです。

1998年に世界15の都市で行われたWHOの行った調査

抑鬱状態3つのグループに分けて追跡調査を行た結果、1年後に鬱の改善率や状態が明らかに良かったのは無投薬群であった。3つのグループとは①抗うつ薬を処方群、②ベンゾジアゼピン系処方群、③無投薬群である。

精神医療被害連絡会Facebookページ

エビデンスにもあるように鬱と痛み(特に慢性痛)には深い関係があり卵が先か、鶏が先かということだけだです。大切なのは相談者が『人生の危機に瀕している』ことを理解することです。

焦らず慌てず、じっくりと自分と向き合う時期であることを認識しましょう。過渡期にあるという自分を認めてあげない限りは、いつまでたっても堂々巡りです。

あなたの人生の問題は貴方の生きる力が解決してくれます。その力を信じてあげましょう。

カイロプラクティックでは、その力を「イネイトインテリジェンス」と呼んでいます。

つぎのページは「人の病の最良の薬は人」です。

1 2 3 4
目次