手・腕の痺れのページ

手・腕の痺れに関するカテゴリーページになります。当院での症例が多いとおもいますが、さまざまなエビデンスを基に書かれていますので、各症例が参考になると思います。

手・腕の痺れ

カイロプラクティックが脇から手の平への痺れを改善

ヘルニアの診断がだされ、投薬による経過観察をしていた患者さんへの脊椎マニピュレーションが、頚部神経根症状を改善させた例をエビデンスを基に書いていきます。
手・腕の痺れ

左手の痺れでヘルニアと診断を受けて

頚椎ヘルニアの診断が出た50代男性への代替医療の症例をご紹介します。良好な経過だったのですが、ある時に痺れが再発してしましました。 失敗例を参考に、同じ失敗がないように参考にしてみてください。 ボディビルダーの症例(50代男性...
手・腕の痺れ

左腕が痺れて寝返りができない

手・腕の痺れ

右腕の痺れが1ヶ月続くので背骨の矯正

右腕の痺れが1ヶ月/カイロプラクティックによる症例報告です。MRIでは問題なし。この方のように、痺れを分けて考える必要があるケースもあります。人間の身体ですからつながっていないわけではないですが、この方は首からの痺れと、手の小指側の痺れは違う要素から成っていました。
タイトルとURLをコピーしました