その他

主要なカテゴリーにない部位の症状についてまとめてあります。元来カイロプラクティックは身体全体をケアするので、お腹や肩甲骨、喉など触れる部分は何処でもケアします。参考になるページがあるやもしれません。

その他

慢性症状が無くるという「喪失感」 

慢性痛が減ってくると出てくる感覚 喪失感が出るということは症状もあなたの一部 3か月以上続いている症状は慢性痛といって記憶として定着している為 症状が無くなるという喪失感について書くのですが、少し回りくどい解説からしていきます。 「...
その他

肘部管症候群について

肘部管症候群について考えていきましょう。エビデンスでは手術か否かは場合によるようです。最終手段のカイロプラクティックではなく、ファーストチョイスでのカイロ治療をおススメしています。手術はそのあとからでも遅くはないのがエビデンスの示すところです。
その他

メールマガジン

そのまんまサンシャインメルマガ配信フォーム お手数をお掛け致しますが、メールアドレスと参加、退会のクリックをお願いいたします。 メールアドレス
その他

自律神経症状の考え方

自律神経症状を一般的に考えると、つまり西洋医学的に部分的な疾患として捉えると、自律神経の不具合が種々の症状を招くということになりますが、実際は症状は結果であって自律神経がそれを介しているという考え方が現実的だと私は思います。生活習慣をお伺いすると「湯船に浸からない」「運動習慣が無い」「夏はエアコンをつけっぱなし」など基本的に冷え続けていらっしゃる。 冷えを感じるのは当然ですよね?実際に冷えている訳ですから。そしてそのような生活習慣が身についている。ですから結果として「自律神経症状」と言われるような症状に悩まされる。
その他

慢性疲労症候群

慢性疲労症候群は医学的に原因が不明で治療法、予防法が確立されていません。ですから日々疲労感がある方々は要注意ですが、炎症の後に発症する事が多い。認知行動療法では10-20%の人が回復。正確な情報をお伝えしてカイロプラクティックでサポート。
その他

推奨される運動量

カイロプラクティックはどちらかというと予防医学の範疇に属します。このページでは健康維持に必要な運動について、カイロプラクティックの立場で説明していきます。 基本は週に150分以上の運動 カイロプラクティックの生みの親の息子は1...
その他

身体を温めて免疫力を上げる

カイロプラクティックは投薬をしないで、患者さんの自然治癒力を上げるということをコンセプトに持つ代替医療です。よくボキッと背骨を調節すれば何かが治ると勘違いされがちなのですが、そうではありません。患者さんが回復していくのに何が足りていないか。もしかしたら情報もその一つかも知れません。特に今日は身体を温めてあげることの大切さを綴っていきます。
その他

老人の曲がった背骨(亀背)について

老人の極端に曲がった背骨は亀背(きはい)と呼ばれ、生活の質の低下、身体機能の低下、健康関連の質の低下を引き起こします。 医学的にはHyperkyphosis=ハイパー・カイホーシス=過後彎(かこうわん)という状態を指します。 ...
その他

鬱/不安障害と身体の痛みの関係

鬱と不安と痛みの関係を科学的根拠に沿って述べています。痛みが先で鬱になることもあれば、鬱が先で痛み、不安になっていくこともあります。大切なのは関連性を考えて対応していくことです。特にアジア人は抑鬱感を痛みで表現しやすいです。俗にいう身体表現性疼痛です。 /> 不安,品川,カイロプラクティック,痛み,鬱
その他

手や腕の痺れ

WHO基準カイロプラクティック「そのまんまサンシャイン」による手、腕の痺れの解説です。科学的根拠を参考に臨床経験上気づいていることをお伝えします。
タイトルとURLをコピーしました