足・脚・膝の症状

カイロプラクティックそのまんまサンシャインでの下肢の症状を訴えて来院した方の症例のページになります。

脚の痺れや足裏への痺れ、痛み、ふくらはぎへの痛みは病院で検査をうけて「腰部椎間板ヘルニア」などを指摘された方も多いです。

殆どのケースで手術という選択肢は回避可能だと考えられます。

 

足・脚・膝の症状

土踏まずが痛い 足裏の症状

整形外科で足底筋膜円、腱膜炎が原因 カイロプラクティック症例の記事 1か月半つづいている土踏まずの痛みで来院。朝立ち上がった時、歩行時に出ることが多い。 痛みは出たり出なかったりしているが、ここ1週間ほどずっと痛いので来院した。37歳...
足・脚・膝の症状

ヘルニアを外科検査で指摘された腰痛及び足の痛みがある40代男性

腰痛歴は長く、病院で手術はさけたい 大道具のお仕事をされている方へのマイオセラピーによる症例報告 主訴は足の痛み、両足の痛み、しびれ、ときどき刺すようなしびれがあった方です。 足腰は力を入れると鈍い痛みがあるということで、特に右足が痛...
脚の痺れ

左腰から左膝まで痛みが走る40代女性

左腰から左膝まで痛みが走る40代女性へのカイロプラクティック治療による症例報告。 神経学検査では左のS1の反射が+1と低下ぎみ、L4.L5周囲の起立筋群から主訴が押圧によって導き出される。 初回の治療後はどっと疲労が出たが痛みは9/10→3/10にまで減る
脚の痺れ

じっとしてると足の指が痺れ痛む女性

じっとしてると足の指が痺れ痛む女性の症例です。12種類の処方箋薬を服用しており心理的要因も加味して考える必要がありました。
足・脚・膝の症状

ふくらはぎに痺れ 医療機関で椎間板障害と診断を受けて

ふくらはぎに痺れ 医療機関で椎間板障害と診断|東馬込在住20代女性の症例です。品川区WHO基準のカイロプラクティック治療で脚の痺れや椎間板障害はお任せください。初回のカイロ治療で好結果だったので続けて週一回の治療をおこなっていきました。5回の来院で痺れ出現の80%減。期間を空けていき 計8回の来院でで症状の完全消失。エビデンスを交えて説明していきます。
足・脚・膝の症状

10年ある腰痛と右脚外側が痛む(ヘルニアの診断歴)

これまでに計5回のMRI撮影でヘルニア自体は縮小しているにも関わらず腰痛と脚の痛みが残っています。カイロプラクティックの検査と緩解した理由を症例ベースで記述。品川区WHO基準カイロプラクティックそのまんまサンシャインの報告。
足・脚・膝の症状

2日前から右脚全体が薄っすら痺れる

カイロプラクティック治療により早期に回復した女性の症例報告です。神経学的な原因での脚の痺れの兆候は見当たらない SLRテストやケンプテストなど、整形外科的な検査では脚の痺れは誘発されない。結果的には1回の施術で回復したケースです。
足・脚・膝の症状

腰部椎間板ヘルニアで入院後

ヘルニアで1週間入院した後にカイロ治療を選択された方の症例報告です。世界の腰痛診療ガイドライン準ずる対応で歩行困難な椎間板ヘルニアも対応しています。お気軽にご連絡ください。
足・脚・膝の症状

再発した足裏の痺れ(椎間板ヘルニア診断あり)

このページでは腰部椎間板ヘルニアの診断を受けている40代男性がカイロプラクティックで回復した症例と、その科学的根拠をベースに書かれています。心配している方の参考になれば幸いです。品川区中延/馬込/西大井エリアのWHO基準カイロプラクティックの報告
脚の痺れ

脚裏面がジワーッと痺れる

この方がカイロプラクティック治療の初回で症状が取れたのは、さほどストレスフルな状況ではないことと、運動習慣がしっかりあったこと(週に180分のrun)、痛みの程度が大きくなかったことです。 エビデンスとしては、「急性あるいは亜急性腰痛に対する脊椎マニピュレーションは、他の治療法に比べて短期間で疼痛および活動障害の改善、ならびに患者の満足度という点でより高い効果が得られる」というものがあります。
タイトルとURLをコピーしました