MENU
営業日
予約状況

10月19日(火) 昼以降空き時間多

10月20日(水)水曜定休日

10月21日(木)空き時間多

歩行困難なぎっくり腰 ヒップヒンジでコントロール

過去に大きなぎっくり腰をやっていると、人生の中で何回か繰り返すものです。

この方は10年前に酷いぎっくり腰を経験して、今回で人生4回目のぎっくり腰。カイロプラクティックの症例を通して、心構えと回復のポイントを抑えていきましょう。

目次

50代男性4回目のぎっくり腰 症例

そのまんま

だいぶ辛そうですね

男性

ええ…3日前から腰に違和感があったけど、昨日から急に酷くなって歩くのもままならないです。

そのまんま

初めてのぎっくり腰ですか?

男性

いいえ、4回目くらいかなあ、前回は10年前だから久しぶりのぎっくり腰で…

人生の中で8割の方はぎっくり腰を1度は体験され、その中の6割以上が再発するのがぎっくり腰です

そのまんま

それは大変ですね。他に何か症状はありますか?

男性

あと1週間ほど不眠傾向だなあ

痛みがあると、基本的には眠りが浅くなりますし、もともと不眠傾向だと腰痛になりやすいです。また回復に向かう気配が無いと不安がつのり不眠傾向にもなります。この状況を早めに立てなおす必要があります。

そのまんま

簡単な検査をしてみましょう

痛みと状態;前かがみになれない

そのまんま

はい、前屈はできますか?

男性

まったく無理ですね、怖すぎる

そのまんま

そうですよね、歩くだけ痛いですものね。そうすると
日常生活で一番困る動作はありますか?

男性

椅子から立ち上がるのが一番苦労します

ぎっくり腰の男性
そもそも歩くだけで痛い

歩くのも大変、椅子から立ち上がるの痛いとなると、施術でその場で大幅に痛みを下げるのは難しいので、2.3日で痛みが半減することをお伝えします。

ただし動き方を確認することで、痛みを感じない生活を送ることができるようになります。

そのまんま

そうしたら背骨の検査をして施術していきましょう

治療と経過

  1. 問診から非特異的腰痛と判断
  2. 初回のカイロ治療で骨盤、腰部へのアジャストメント
  3. 動作時痛をなくす為に、ヒップヒンジ、スクワットの練習
  4. 呼吸法とホッカイロの処方
  5. 1週間後に電話で状況を確認をした所、全く問題なく生活できているとのこと

股関節のヒップヒンジ、正しいスクワットが出来ることがポイント。
痛みを感じない動きを認識してもらうことで、気持ちも含め随分楽になる。

男性医師

え?歩くのも大変なのにスクワットなんてできるの?と思うでしょうけどポイントを抑えれば簡単です。

院長コメント:初診が大切

カウンセリングの様子
説明をする院長

ぎっくり腰は初めての来院での対応が肝になります。ぎっくり腰の社会的要因の説明と、回復スパン、日常生活動作の維持などで安心して回復に向かいます。

この方は繁忙期で仕事でのストレスが少しあり、不眠傾向にありましたがイエローフラッグ(黄色信号)とまではいかないストレスであったことが幸いしました。

このような場合はカイロプラクティックで3-4日以内に急速に回復に向かうことが統計的根拠としてあります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる