ご質問ご相談も受け付け
0357493558の電話番号
Reservations for the same day can be made by phone.
ご質問があればお気軽にどうぞ
If you have any questions, feel free to ask.

available time ※aft = after anytime you want

※混雑時更新ができていない場合はご容赦ください。子育て中で変則的に早じまいすることがあります。

WEBライティングでの予約はこちら

伊藤孝英
院長
ロイヤルメルボルン工科大学健康科学部カイロプラクティック学科日本校卒業。B.C.Sc(カイロプラクティック学士), B.App.Sc.(応用理学士)。従来の筋骨格系障害としての腰背部痛から生物社会心理的要因としての腰背部痛へとシフトチェンジ。鬱や不安障害にも着目したマルチモデルでヒューマンケアしています。

再発性の腰痛の原因が明確になった症例

目次

腰痛のきっかけは2年前のBMX

40代男性事務職

  • 2年前から続いている腰痛が無くなれば嬉しい
  • 急性腰痛は人生で3回経験している
  • 2年前は自転車のトライアルのジャンプで腰がヌルっとなった
男性医師

統計的には1度ぎっくり腰になると80%以上の方は、1.2回は再発します。ですから2.3回目のぎっくり腰でも落胆せず、皆そうだからと捉えることも大切です。
カイロプラクティックのメンテナンスケアを受けていると、ぎっくり腰の予防はできないのですが、2回目、3回目のぎっくり腰になった時に「程度が軽くて済む」ということは、質の高いエビデンスレベルで証明されています。

来院時の痛みと状態:症状は2年間つづいている

  • 2年前の自転車での着地時から続いている
  • 18歳の時に初めて経験したぎっくり腰から慢性的な腰痛を抱えている

検査と施術:前屈力の低下

  • 前屈は+20㎝とハムストリングスが硬い
  • カイロプラクティックの後は腰痛は無くなる
  • 週に1回のカイロプラクティックを10回行っていく中で、再発する時の条件が明確になる。理由は回復過程の時にBMXバイクでジャンプの練習をすると再発
  • 完全に回復するまでBMXは控えていただき、腹筋群を付ける宿題を行ってもらう

カイロプラクティックの仮説診断としては、腹筋群の機能低下を伴った脊柱機能不全になります。

男性

結果的に腰痛の全くない生活を迎えることが出来きました。

問診の大切さ

腰痛の再発を繰り返している方は、何かしらの再発する条件があることが多いです。

発症のキッカケがバイクだったので、私も早く気付くべきでした。毎回問診はしているのですが、ご本人も含めて納得できるようになるには時間がかかることもあります。

現在この方は5週間に1回のマイオセラピーメンテナンスに来てくださっています。その後の腰痛もなく、充実した日々を送られているようです。

目次