ご質問はお気軽にお電話ください
当日は電話予約

ご予約の空き状況

2/2㈭空き時間多
2/3㈮日中空き時間多
4日㈯13時~17時ご予約可
5日㈰13.14時、17時以降ご予約可
6日㈪12.13時、19時半以降ご予約可
7日㈫空き時間多
8日㈬定休日
9日㈭空き時間多
10日㈮空き時間多
11日㈯14時半、17時半以降ご予約可
12日㈰10時、12時半、13~15時、19時以降ご予約可
13日㈪空き時間多
14日㈫午後~空き時間多
15日㈬定休日

※忙しい時に更新ができていない場合はご容赦ください。土日祝は比較的ご予約が取りづらいので早めのご予約をお勧め致します。

土日も営業 最終20pm受付 当日予約はお電話で
営業日
伊藤孝英
院長
ロイヤルメルボルン工科大学健康科学部カイロプラクティック学科日本校卒業。B.C.Sc(カイロプラクティック学士), B.App.Sc.(応用理学士)。従来の筋骨格系障害としての腰背部痛から生物社会心理的要因としての腰背部痛へとシフトチェンジ。鬱や不安障害にも着目したマルチモデルで腰痛ケアを行っています。
ウイルス除去フィルター、換気機能付きエアコンを導入。感染症リスクを最小限にしています。

左肩が上がらなくなり2カ月

いわゆる40肩、50肩の典型的な症状です。いろいろな代替医療を受けてきた後のカイロプラクティックだったんで、比較的回復が早いケースになります。

カイロプラクティックは生体力学を考慮して施術するのが特徴です。

目次

 50肩が長引きイライラする60代女性

目の充血の絵
いちいちイライラする50肩

50肩の痛みで目が覚めるので睡眠不足

  • 2カ月前から急に肩が上がらなくなって、挙げようとするととても痛い
  • 寝返りを打つと痛みで目が覚めてしまう!
  • 痛みのせいで不眠傾向にあると、とてもツライですよね。QOL(生活の質)の著しい低下につながります。

50肩はエビデンスでは半年から長いと4年継続するとされています。しかし積極的なアプローチを行うと、ある程度までの回復は1-2カ月で可能だという臨床的印象です。

計5回のカイロプラクティックでほぼ元通りの50肩

来院前に針やらなんやらいろいろ受けていてくださったので比較的早く改善したのだと考えられます。カイロプラクティックで具体的に何を行ったのかを見ていきましょう。

痛みと状態:いろいろ試したが変化なし

  • 肩を70度くらい上げるとズキンッという痛みが走る
  • 針治療なども行ったが効果がなかった
  • 寝不足でイライラしてきている
  • 体中が強張っている

検査と施術:良くある三角筋の過緊張

  • 肩甲骨と腕で作られる関節がロックしている。
  • 三角筋の過緊張もみられるので、緩和操作をおこなう
  • 肩甲胸郭関節の機能不全にモビリゼーションを時間をかけて行う
  • 背骨と骨盤のメンテナンス
  • 肩関節の構造を解剖学的に説明
  • ご自宅でできるエクササイズを毎回確認、追加、修正をおこなう

自宅でできるエクササイズを丁寧に直接指導、修正、追加していくことが非常に重要です。多くの場合、プリントを渡して家でやっておいてください、というのが一般的だと聞きます。
この指導で肩の使い方を覚えていくことで回復速度が一気に早まります。

そのまんま

施術を受けた後は楽だけど、次の日には戻って繰り返す方は指導してくれる治療院を探してください。

ご感想

女性

回復していくのが、目に見えて分かりました。冗談ばっかり言っている先生だから、ひさしぶりに沢山笑いました。緊張がとれていき、夜痛みで目が覚めなくなりました

まとめ:笑い上戸の方が早く回復します

痛みが中長期化している方は、まず全身の強張りが顕著です。それらを取り除いていくことから始めました。

カイロ治療の目的は自然治癒力を高めることです。人間は夜眠っている時に回復しますから、眠れない状態では回復もおぼつきません。先ずは眠れるようになりましょう。

しっかり眠れるようになってから肩をしっかり施術していきます。

施術で取り戻した可動域が、もとに戻らないようにエクササイズが重要になります。家で行うエクササイズも毎週増やしていくことで自己コントロールできるようにします。

この方の肩は計5回の来院で肩は自然に上がるようになって健康な生活に戻りました。今では趣味の映画鑑賞や天体研究に居没頭しておられるようです。とても良く笑う方だなあという印象です。

50肩は数年続く方もおりますし、数年して痛みは無くなっても肩が上がらない状態がつづく肩もおります。この方のように早めに来院されることで、QOLの向上がみられますし、2次的、3次的な健康効果も望めます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次