手や腕の痺れ

手や腕の痺への保存療法のエビデンス

手や腕の痺れが出たときに、世界の医学会のコンセンサスではカイロプラクティックのような保存療法を第一選択すべきとされています。何よりも大切なのは「今は痺れで心配ですが、必ず回復に向かいますから心配なさらないでください。」という事です。

いつまで痺れが続くのか、病院へ行ってもビタミン剤を飲んで様子を見るだけなので、心配や不安がおおきくなっていくんだよな…

心配ないというのなら、具体的な回復にかかる時間が知りたいよ トホホ

先ずは保存療法が第一選択ということ

首から腕、手への症状にカイロのような保存療法が第一選択である 2003年

脊髄造影やMRIなどの診断研究は適切なタイミングで行われるべきだが、ほとんどの首の痛みは、自己限定性疾患であり適切な保存療法で解決されます
カイロプラクティックのような非外科的治療は、頚頚腕症候群(頚椎付近が原因で出る腕の痺れ症状)のほぼすべてのケースで最も適切な最初のステップである
(Instr Course Lect. 2003;52:489-95)

変な話ですが、「ビタミン剤を服用して様子をみる」というスタイルも「保存療法」といえば保存療法なので、間違ってはいないのですが、他に出来ることは無いのか?という観点で考えてみると、上記のようにカイロプラクティックや針治療、中国式マッサージ(推拿)といった手技療法という選択があります。それぞれのエビデンスは少しずつ出てきているので、順をおってみていきましょう。

「しばらく様子をみて、変化がなければ手術を検討しましょう」はホント?

外科的な手術というのは基本的には「命に係わる問題」がある時に行われます。例えば交通事故で出血をしている、骨折をしているなどです。

頚椎の手術が必要な場合は、頚椎の中に納まっている神経(頚髄)に問題がある時です。つまり頚椎の構造が頚髄を押しているときです。交通事故や首からの落下でもない限り、そのような大きな麻痺は起こりません。

黄色いところが脊髄の通り道(写真は胸椎部)

つまり画像診断で、頸椎や頸椎椎間板の変形を画像診断により指摘されたとしても、半身不随などの重篤な症状が無い限りは手術を検討する心配をする必要はないでしょう。ですから命に関わるような状態でない限り、画像診断自体が不安を煽りますから必要ないからであり、ガイドラインが示す通りです。

病院へ行ってもお薬や牽引治療だけという場合、回復していく実感が持てないこともあります。またマッサージや整体治療だけでも回復していかない場合も多いと思います。私もカイロプラクティック大学で学んだ教科書通りの対応をして回復を実感していただけなかった経験もあります。

各症例単位では数多く頸椎神経根症状へのカイロプラクティック治療の有効性は論じられていますが、高品質デザインの研究は未だ世界に存在しないようです。

背骨の矯正で良くなるケースもあるけれど、大きな変化がないケースもあります。統計的に解っていることをみていきましょう。

推拿(中国式マッサージ)の神経根症状への効果

私自身はひょんなことから、カイロプラクティックの大学を卒業した後に、中国式指圧マッサージのお店にお世話になっていました。WHO基準カイロプラクティックの治療院は買い手市場で、私のような平凡な人間には就職口がなく、ご縁があって中国人の方々と働いていました。そのような経緯もあって推拿にも好意的な立場です。

中国式マッサージは、頸部神経根症の症状を緩和するために頻繁に適用される非手術的介入の1つですが、腕の痺れに対するマッサージの有効性を確認頚椎神経根症のため)には科学的な文献証拠は不足しています。メタ分析を行ったが、文献の中に2重盲検比較対象試験がないので、質の高い比較研究が必要。

Evid Based Complement AlternatMed。2017; 2017:9519285

この研究では高品質な研究がないということですが、中程度の品質の研究では一定の効果が得られることが解っています。勿論私のような一臨床家の経験からも効果が見込めると言えます。

鍼灸、針治療は現在メタ分析が行われている最中です

メタ分析とは過去に出された医学文献を、専門家が数人で調査して批判的に吟味した結果出す最上級の研究を言います。

エビデンス三角

体系的レビュー、メタ分析は研究する難易度も高く困難なため、信頼度が非常に高い研究です。

2020年12月の段階で確認できるのは、首からの腕の痺れ(頚部神経根症状)への鍼灸、針治療は分析中です。このページの他の文献もそうですが、メタ分析といって科学的に一番信頼性の高い研究の事をさせいています。

中国伝統医学の鍼灸、針治療は2400年以上のあいだ、頚部神経根症への治療としても行われてきたが、科学的根拠という面では、メタ解析、体系的レビューは未だ行われていない。そのため高品質なデザインの研究をするため調査が始まった。

Chen B, Zhang C, Zhang RP, Lin AY, Xiu ZB, Liu J, Zhao HJ. Acupotomy versus acupuncture for cervical spondylotic radiculopathy: protocol of a systematic review and meta-analysis. BMJ Open. 2019 Aug 8;9(8):e029052. doi: 10.1136/bmjopen-2019-029052. PMID: 31399459; PMCID: PMC6701683.

ストレス環境下だと背骨の矯正は効果がない

2012年の腕の痺れへのカイロプラクティックの統計研究

低品質の研究デザインによるレビューによるものの、カイロプラクティックによる背骨の操作(脊椎マニピュレーション)は痺れなどの腕の諸症状(頸椎神経根症状)に対して有効であることが示されている

頸椎神経根症状患者の90%は症状の軽減または無症状になったと報告した。
4-5年間のフォローアップでは再発が31.7%で観察された。

(Cervical radiculopathy: a systematic review on treatment by spinal manipulation and measurement with the Neck Disability Index,J Can Chiropr Assoc. 2012 Mar; 56)

カイロプラクティックを受けていれば、再発率は腰痛よりは少ないなといったところでしょうか。
腰痛ではカイロプラクティックは信頼性の高いエビデンスが確立していますが、腕の痺れへの研究は発展段階です。

高品質なエビデンスが出るのを待ちたいところです。

腕の痺れはストレスが多いと回復に時間が必要

2014年の段階では頚頚腕症(首から腕への症状)への無作為比較対照試験へのデザインが提示されています

この段階で明確に言えるのは心理社会的な要因があると治療への反応が無く、痛みが続くということです。
(BMC Musculoskelet Disord. 2014 Dec )

この部分は腰痛と同じですね。患者さんの背景に大きなストレスがあると、回復に時間がかかります。ですから、患者さんの社会的背景によって回復期間が変わってくる、ということは確実に言えることです。

腰痛と同じで相談者の背景にイエローフラッグと呼ばれる所謂ストレスがあると回復に向かいません。初めての来院時に必ず確認する必要がある部分です。

腰痛同様に腕のや手の痺れも、社会-心理的な要因も考慮する必要があります

1992年ノースカロライナでのオペレーター業務への研究

腕や首、肩の痛みも心理社会的な要因によって引き起こされる可能性が高いです。

これまでの一連の小地域分析によって、電話番号案内サービスのオペレーター間で急増中の上肢痛(首・肩・肘・手首・手)は オーバーワークによるものではなく心理社会的な影響で労働環境に起因していることが判明。
(J Occup Med. 1992 Feb)

トラウマの蓄積が症状を引き起こすという仮説
BS-POP
身体の痛みが精神的なものから来ているのかを検査する簡易検査表

これはトラウマ仮説で、腕や首への症状が出る可能性についての論文です。同じような作業を同じ時間していても首肩、腕への症状の方がたくさん出る会社とあまり出ない会社の差について考えられているものです。

問診ではこのような事も確認しています。簡単な検査表BS-POPで状況を確認することもあります。

そしてイエローフラッグと呼ばれる状況である場合は認知行動療法を用いてストレスを軽減していくような措置が必要があります。イエローフラッグがあると痺れが慢性化したり長期化するリスクが高くなるからです。

保存療法の観点から見えてくる手や腕の痺れの原因

カイロプラクター伊藤から見た腕、手の痺れの原因

筋骨格系のスペシャリストであるカイロプラクターから見ると、さまざまな原因で手や腕に痺れがでるといえます。

同じ基礎医学を勉強したカイロプラクターでもその後の考え方の違いで、意見が変わってきます。私は極力エビデンスベースで、なおかつ筋膜を中心とした考え方のカイロプラクターです。

他のカイロプラクターの意見と違う部分もありますが、ご了承ください。私の場合は手技での確認、背骨の動的な確認、マイオバイブによる刺激を丁寧に行うなかで原因を探っていきます。

1回の検査、施術だけでは根本原因が解らないこともありますが、探っていくうちに明確になっていくというスタンスです。理由は表層の筋肉が張ってしまっているとき、深層の筋肉の触診が不可能だかです。

この部分は他のカイロプラクターと立場が違う部分です。私の臨床経験上では、深部の触診をしていくことで患者さん自身が何が痛いのか、明確になり、原因が伝わる最良の方法だと思います。

画像診断だけでは理解できない痺れの原因を、相談者ご自身が実感できると思います。画像診断は頭の中のイメージの話ということです。

当院では原因1が殆どの原因ではないかと考えています。この部分は推拿やマッサージによる頚部神経根症へのアプローチが効果的であることがエビデンスで出てくれば、他のカイロプラクターも納得してくれるのではないかと、個人的には考えています。

原因1 筋肉や筋膜、関節包、靭帯といったファシア構造

近年注目を浴びている筋膜、正確にはファシアとよばれるタンパク質の構造群のことですが、筋膜自体が痺れや痛みを出しているという考え方です。医学的には未だどこまでをファシアと考えるべきかが、議論されていますが、背骨の骨膜から関節や、関節を包んでいる膜、や周辺の筋肉の膜などが直接痛みを出します。またある筋肉からの関連痛として遠部に痺れ、痛みがでます。これも手技での確認を丁寧に進めていくと発見できます。実はこの筋肉や関節が原因の痺れ感が非常に多いです。

カイロプラクティックによる手あてが手の痺れ腕の痺れにとても効果的なのは、もっとも得意とする分野が痺れの原因になっていることが多いからです。

原因2 血管性

血管が圧迫されて、血流不足による痺れが起こることもあります。病的な状態でないかぎり、手術をする必要はなくカイロプラクティックによる手あてで筋骨格系の機能を回復していけば、回復していきます。

原因3 神経絞扼

神経が筋肉や関節によって潰された状態になります 斜角筋症候群 胸郭出口症候群 手根菅症候群などからだの様々な個所で絞扼が起こり得ます。理学検査を等を行うと見えてきます。

原因4 ヘルニア

椎間板ヘルニアによる痺れ、椎間板が飛び出して、神経を押すことで出る痺れ感です。この考え方は、オーソドックスな整形外科学的な考え方で、1980年代までは主要な原因として考えられてきましたが、統計的調査が行われてからは、直接腕、手の症状と関わりがないかもしれないという考えも出てきていて、未だに  神経そのものを押していますから、痺れの他 運動障害なども起きます。最近の世界の潮流では、神経根症状としてくくられることが殆どです。ディスクの突出はさほど気にする必要はありません。

マイオセラピーから見えてくる手や腕の痺れの原因

上部胸椎、中部胸椎が原因

図は腕にいく血管を支配している神経節は肩甲骨の間辺りにあることを示した図です。マイオセラピー理論はこの理論に則って施術

交感神経系の血管支配
腕や手の血管を支配している神経は胸椎(背中)にあります

をしていきます。ですから例えば右腕に痺れがある時は→の肩甲骨の内側辺りが治療ポイントになります。

通常のカイロプラクティックによる手あてで全く功を奏さないような状態の方は、お気軽にご相談ください。このことは現在の整形外科学やカイロプラクティックの教科書には記載されておらず、マイオセラピー創始者の辻井洋一郎先生が考案した学問になります。

通常頚頚腕症候群として首から鎖骨下辺りまでが念入りに検査されますが、寛解速度は上がらないこともあり、実際には痺れの原因と考えられる血流障害が神経根レベルで起きているため腕や手への痺れが出ていることも多くございます。

検査で鑑別していき効果的な対応をしていきます

WHO基準カイロプラクティックでは、初めての来院時にこれらの事を考慮して腕や手の痺れの原因を判断していきます。手技での確認、整形学的検査、神経学的な検査などを行っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました