品川区のWHO基準カイロプラクティック。エビデンスに基づく対応で腰痛や肩こり ヘルニア 首痛、うつ病などの根治をサポートします。

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

湯船で身体を温めることの大切さ

経験してみないと解らなかった大切なこと

私自身が今年の春から4ヶ月咳が続いたことで、改めていろいろと健康について大切なことを確認しました。

確定診断ではないのですが、咳喘息、気管支喘息だろうという状態でお医者様のお世話になっていたのですが、お陰様でなんとか回復するまでに至りました。

咳は辛かったのですが、いろいろと新しい医療の形に繋がる勉強をさせて頂けたことは良かったです。

医学の情報も、当たり前のように巷で言われていることも、実際に経験していみないと実感しないものです。

カイロプラクティックは投薬をしないで、患者さんの自然治癒力を上げるということをコンセプトに持つ代替医療です。

よくボキッと背骨を調節すれば何かが治ると勘違いされがちなのですが、そうではありません。

患者さんが回復していくのに何が足りていないか。筋骨格系のケアやお喋り、お話しを通して見えてくる事も多いですから、そのように対応させていただいております。

冷えは大敵

特に今日は身体を温めてあげることの大切さを綴っていきますね。故安保徹先生が研究されていた冷えと癌との関係からも読み取れるように冷えは、やっぱり良くないですね。

例えば当院で痺れを主訴として来院なさる方は8割くらいの方が湯船には浸からないライフスタイルです。

当院で回復された方は体感的に良く分かるのですが、痺れはヘルニアのような物理的損傷では起きていません。基本的に原因は血流不足です。それが筋膜レベルなのか、神経根レベルなのか、はたまたその辺り一帯が、ということなのかは解りません。

一般的にはお風呂に浸かることで血流を良くする訳ですから、毎日の入浴がある方と無い方とでは、痺れのような症状が出るリスクが違ってきます。

昔から冷えは万病の元と言われますが、より良い健康を維持するという観点からも近年研究がなされています。

ヒート・ショック・プロテイン
猿の温泉

38度を目指すといいですよ

耳にした方も多いとおもいますが、ヒート・ショック・プロテイン(HSP)という考え方です。銭湯に行くとポスターが貼ってあります。

ヒート・ショック・プロテインをざっくり説明すると
「人間の身体はタンパク質で出来ている。そのタンパク質を温めてあげるとタンパク質の再合成能力が上がる」ということです。

新しい細胞が沢山できるということです。痛んでいる組織の修復も早いのです。

入浴の方法

方法は週に2.3回、お湯の温度にもよりますが、計15分~20分湯船に浸かって、お風呂上りに37度以上の体温を10分だか15分だかキープするという方法です。(詳しい数字は忘れました)

体温が37何度とか言われても、昔から銭湯や温泉に浸かるのが好きな人でないかぎり、体感的に病気になりづらい状態というのは判りづらい。

体温計を使い38度まで上げる

具体的にどれくらい体温が上昇しているか知るには、体温計を口にくわえて入浴なさるといいです。

体温計

慣れると面白い体温計を加えてお風呂

入浴中は38度以上になるのが良いとされています。これが入浴習慣のない方にはかなりのハードルの高さ。熱めのお湯にしておかないと意外と体温が上がってきません。入浴習慣の無い人は取り敢えず37度以上を目指し、段階を追って38度を目指すと良いと思います。

自然とある程度の入浴時間が確保されますから、心臓などの循環器系にも良い影響があり、リラックスもできます。

湯船に出たり入ったりしてもいいので、38度まで体温が上がるように入浴を工夫してみてください。週に2.3回だったかな?このような時間を作ることでタンパク質の合成が活性化するようです。

ふくらはぎに痺れ 医療機関で椎間板障害と診断を受けて

手術を検討中20代女性へののカイロプラクティック治療症例報告

よくある状況ですし、全く心配いりません

ヘルニアの診断歴があり、手術を検討しているという状況は多々あります。基本的には手術は必要ありませんので、ご安心ください。

  • 太ももからふくらはぎにかけての痺れ感
  • X線検査、MRI検査を受けて伴に腰部椎間板ヘルニアの診断
  • 手術を勧められているのでセカンドオピニオンがほしい足に痺れのOL

20代女性 事務職 品川区東馬込在住

取り敢えずお伝えしたいのは、この程度の痺れで画像診断はしないでください。

■腰下肢痛患者に対する早期画像検査(X線・CT・MRI)の有効性に関するRCTを詳細に分析した結果

エビデンス三角

RCTを詳細に分析しているので体系的レビューということです。信頼性の一番高い研究ということです。


レッドフラッグのない患者に画像検査を行なっても臨床転帰は改善しないことが判明。医師は腰下肢痛患者の画像検査を控えるべき
http://1.usa.gov/rpcVg2   ※レッドフラッグとは命に関わるような疾患の兆候です

 

痛みと状態

立ち時間が長いと現れる脚への症状

  • 痺れ感は何時もあるわけではなく、立ちっぱなしの時など負担のかかるとき
  • お尻の部分や足先には痺れはない
  • じわっとした痺れ感
  • 出来れば手術は避けたいと考えている

勿論です、手術はしない方がいいですし、ガイドラインでも進められていません。何故ならばヘルニアと腰痛とは関係ないことが証明されているからです。

■腰下肢痛患者246名を対象にMRI所見と保存療法の治療成績について2年間追跡した結果、椎間板ヘルニアは腰痛患者の57%、下肢痛患者の65%に検出されたものの、治療成績とヘルニアのタイプ、大きさ、活動障害は無関係だった。

http://1.usa.gov/tZmk9p

検査と施術

神経症状の所見はなく、仙腸関節の機能障害と判断コックス牽引可能なカイロテーブル

  • 下肢ベースラインテスト異常なし
  • 運動障害や触感覚異常は認められない
  • ゲンズレンテスト+
  • 仙腸関節(骨盤)への整形学的な検査で症状がでる
  • 骨盤へのカイロプラクティック・アジャストメントで機能障害の改善
  • 脚全体の筋の緩和操作とストレッチ

施術ごの感想

思い切って受けてみて良かった中延整体カイロプラクティック、そのまんまサンシャイン

  • 回復が目に見えて分かったので信頼できた
  • ジョギングの習慣があったので骨盤も動いているとおもっていた
  • 丁寧な対応で、質問に答えてくれて何でも聞く事ができた

院長のコメント

打検機を使った検査

きわめてアナログ的な検査ですが打検機の神経学検査があります。検査所見から、運動障害や触感覚異常は認められないため、仙腸関節の機能障害ではないかと考え施術をしました。院長の顔

初回のカイロ治療で好結果だったので続けて週一回の治療をおこなっていきました。5回の来院で痺れ出現の80%減。期間を空けていき 計8回の来院でで症状の完全消失。

痺れの原因はさまざま

骨盤の機能低下からくる痺れ症状の典型的なケースです。痺れといっても原因はヘルニアとは限りません。筋肉や関節、時には糖尿病からくる痺れなども鑑別して施術していきます。この方のように若年層で痺れがでて間もない頃には数回のカイロプラクティック治療で回復していくことは良くあります。

回復されたあとは、中止していたジョギングやマラソンを再開されたそうですよ。マラソンを再開

高額な手術をする前に2年間は保存療法をして様子をみることも腰痛ガイドラインは勧告しています。お気軽にセカンドオピニオンを聞きにきてください。

 

椎間板ヘルニアについての情報はこちら

  • 都営浅草線中延駅A3 徒歩6分
  • 東急大井町線中延・荏原町駅徒歩9分
  • JR横須賀線 西大井駅 徒歩7分
  • 東急バス 荏原営業所 徒歩2分

症例報告> 腰部椎間板ヘルニア> ふくらはぎに痺れ 医療機関で椎間板障害と診断を受けて

春になると必ず腰痛になる

季節的に繰り返す腰痛へのカイロプラクティック治療
荏原中延在住 30代女性の症例

長期的に回復した症例です

  • ・動けなくなるほどの急性腰痛を数回経験している
  • ・もう腰が壊れているのではないか??
  • ・右のお尻から膝下外側あたりまで痺れ感もある

30代女性 会社経営 品川区荏原中延在住<strong>品川区の腰痛治療/中延・整体・カイロプラクティックそのまんまサンシャイン</strong>” width=”173″ height=”135″ class=”right” /></p>
<h3>痛みと状態</h3>
<h4>不安でいっぱい</h4>
<ul>
<li>・一生<strong>腰痛</strong>と付き合っていかなければならないと覚悟はしている</li>
<li>・ズキッとした<strong>腰痛</strong>と右脚に痺れもある</li>
<li>・<strong>腰が壊れている</strong>かもしれない と 思っている</li>
<li>・過去の<strong>急性腰痛</strong>で何度もヘルニアと診断を受けている</li>
</ul>
<h3>検査と施術<img src=

まずはオーソドックスなカイロ治療

  • ・腰部のストレステストでは痺れの増強はないのでオーソドックスなカイロプラクティック治療
  • ・腰仙部に強い圧痛と機能不全があるのでアジャストメント
  • ・腰仙部の機能障害が痛みの原因である可能性が高いことの  説明
  • ・運動療法を適宜追加して、メールケアで確認を行っていくことに

施術後のご感想東京で腰痛治療なら品川区二葉のそのまんまサンシャインへ

続けてみる事が大切

  • ・何回か通ううちに痛みがとれてくるのが実感できた
  • ・痛みの原因がヘルニアではないことを知って安心した
  • ・諦めていた腰痛からの回復ができるなんて幸せ。好きなライブにも行ける
  • ・以前は映画を観に行くのもためらっていたので、生活が豊かになりそう

院長のコメント

理解力のある方で良かったです

 長年の腰痛で苦しんでいる方の典型的なパターンです。痛みがヘルニアなどの原因で、画像が脳裏に焼き付いてしまっていると痛みに縛られてしむことが良くあります。

この方のようにある季節になると腰痛を繰り返す方もいらっしゃいます。原因はさまざまですが、この方は会社の都合上、年度末で睡眠時間を削る生活になることが原因でしょう。プライベートの時間も削られますし、長い目でみるとストレス対策も必要になってきます。

諦めずに院長の顔

この方はメンテナンス期も含めて25回ほどのカイロ治療の中で、痛みがぶり返したり改善したりを繰り返して回復しております。年単位である腰痛はしつこくぶり返しますが、確実に回復していきますのでご安心ください。

慢性的な腰痛運動療法が不可欠です。治療時間の半分以上を使い運動をして行く場合もあります。
人によってどこの部分が機能低下しているか見定める必要がありますから、まさにオーダーメイドの治療となります。

  •  ○ 都営浅草線中延駅A3 徒歩6分
  •  ○ 東急大井町線中延・荏原町駅徒歩7分
  •  ○ JR横須賀線 西大井駅 徒歩7分
  •  ○ 東急バス 荏原営業所 徒歩2分
  •  〇 専用駐車場有り

「グーグル+に当院の施術を受けられた方のご感想がございます。他の方の参考になりますので、ご感想をご投稿いただけると幸いです。」 こちらから

お問い合わせはこちら

Home> 症例報告> 慢性腰痛> 3年前から毎年春になると必ず腰痛になる

狭窄症による早朝の脚の痺れと数年間ある腰痛

狭窄症による一瞬の脚の痺れ

品川区豊町在住 50代男性

どれくらいまで回復は可能か

  • 早朝の歩行時に、特定の角度になると「ズキッ」
  • 脊柱管狭窄症と医師の診断を5年前に受けている
  • 整形外科での牽引治療、薬物治療、針治療などを行ってきたが効果はない

 50代男性 ビル管理職 品川区豊町在住男性の狭窄症

痛みと状態

前かがみで歩くとズキっ

  • ズキッと足に痛みが出た時は、少し前かがみの姿勢になると楽になる
  • 痛みの種類としては、ビーンと走るような、鋭い、ズキッとする、やっかいな、痺れたような痛み
  • 運動をやめたので、身体が硬くなってきている
  • 腰痛は慢性的で10年以上常にある

検査と施術カイロテーブル

  • MRI画像を拝見したところ腰部の脊柱管部分が狭くなってい るのを確認
  • 首から腰にかけての脊柱起立筋の緊張が著しい
  • 腰部椎間板ヘルニアへのレーザー手術歴があるので、腰椎の動きが失われている部分がある。コックス牽引で可能な限り可動性を回復させる
  • 体幹筋群の強化

施術後のご感想男性のガッツポーズ

  • 少しずつではあるが、来院の度に症状が和らいでいく気がしていた
  • 5回目くらいからは朝痛みが出ない日も出てきた。
  • 教えて頂いた体幹筋を鍛えていき、なるべく運動を心がけるようにしていきます。

コメント

脊柱管狭窄症は、状態を表す言葉と専門書には書いてあります。構造的なことで、脊柱管の狭まりが神経を圧迫しているのなら運動障害等が常に起きていないと説明がつきません 。院長の顔

患者さんご自身のペースで計22回の来院回数でした。結果的には朝の、ビーンと走るような、鋭い、ズキッとする、やっかいな、痺れたような痛みが歩行時に脚に出なくなった。腰の重さや、ふくらはぎが少し突っ張るという感覚が少し残っている状態まで回復。

多くの場合は運動器(筋肉や骨格)の機能低下が原因で症状が出ていますから、様々な手法で運動機能を回復させていくことで症状は少しずつ軽減していきます。

本症例は定期的にデータ更新して状況を追っていきたいと考えております。

3ヶ月前から左足外側が痺れる

カイロプラクティックによる足の痺れの症例
品川区中延在住 50代男性

マネージメントしきれなかった症例になります。失敗から何かを学ぶ。

  • 圧迫されるような、熱い、死ぬほどつらい脚の痺れ(痛みの調査票による訴え)
  • 3ヶ月前から全く変化がないので、どうしよう…
  • このままずっと脚の痺れがあるのかもしれない…

痺れのあるままでお仕事は大変ですよね

 

 50代男性 自営業 品川区中延在住50代男性

痛みと状態

朝は腰、夜は脚の痺れ

  • 耐えがたい痺れ感が左足に出る(死ぬほど辛いと表現)
  • 針治療を1ヶ月間毎日受けたが変化は無かった
  • 整形外科を受診して、レントゲン撮影の結果 腰椎の4番、5番間が潰れている為に神経を圧迫していると指摘を受けている
  • 朝は腰の痛みだが、夕方になると脚の痺れが出る

基本的な疑問ですが、朝は神経を圧迫していないのでしょうか?このようなエビデンスがあります。

6研究をレビューした結果、重篤疾患のない急性・亜急性腰痛患者に画像検査(X線撮影・CT・MRI)を行なっても臨床転帰は改善しないため、腰痛患者の画像検査はやめるべき (Chou R. et al, Lancet, 2009)

あのランセットで発表されている極めて質の高い研究です。

検査と施術

歩けるが痛いカイロプラクティックそのまんまサンシャインのカイロテーブル

  • 歩行は可能
  • 神経学的な検査では、触覚、運動、反射に異常は無いので一般的なカイロ治療を行う。来院時に症状は無いために、症状の変化の確認は不可能。 初診時に2週間に計4回の来院で、症状の半減を計画しました。
  • 2回目の来院時、側臥位で腰部筋を触診すると脚の痺れが完全に誘発されることから、腰部筋のトリガーポイントと判断
    筋操作を中心にトリガーポイント治療を行う 。

施術後のご感想痺れの治療 整体・カイロプラクティックそのまんまサンシャイン

  • 腰の筋肉を押された時は、飛び上るほど痛く、足の痺れも誘発
  • 2回の来院では、あまり変化なかった。自己判断にて来院を終了。

コメント

残念なが2回の施術では…

残念ながら回復しなかった症例の一つです。今回のようなケースでもレッドフラッグ(命に関わりのある症状)がないため、レントゲン検査は不必要であると考えています。(レ線撮影は症状回復を遅らせることが疫学調査で明らかな為)。結果として無駄な画像診断が回復を遅らせていると言えなくもない。

筋肉の触診で筋肉が痛みをだしている院長

今回のような、本人の訴える症状が重大である場合は改善には時間がかかります。私の判断では3か月間の脚の痺れは、腰部の筋肉を触ると症状が誘発されるので、明らかに筋肉からの関連症状であると疑われましたが治療は3回で打ち切られました。

ご本人の中で、神経根圧迫折が離れないという印象はありました。

 

言葉を理解する能力が必要

神経根症状で、もし神経をつぶしているようならば、3か月間の脚の痺れはお休みの日でも生活をしていれば同じように症状が出ているはずだからです。解剖学的な図の説明、触診での症状誘発など身体を通しての判断が必要ですが、どうしても神経根圧迫の指摘が頭を離れなかったのだとおもいます。

脚の痺れがある方は、1.2回の治療で劇的な効果を期待しないこと

とにかく早く症状を取りたいご要望に添えなかったと思います。もう少しお時間を頂けたり、能動的な治療、例えば家で運動や呼吸法をしっかりしていただく構えがあれば、違った方向に行ったのではないかを考えています。

しかし本症例のように死ぬほどつらいような症状を訴える場合は、3.4日での判断は少し早すぎるように思います。

今回のような下肢症状(脚の痺れ)もカイロプラクティックケアは有効ですが、効果の有無の判断には1ヶ月間くらいの経過観察が必要だと考えてください。(ガイドライン参照)

特に予後の悪い患者の傾向として2010年に挙げられた4点です

・腰痛は有害なものである、もしくは重い障害を招く危険性があるという思い込み
・恐怖回避行動(痛みを恐れて動作や活動を避ける)と活動レベルの低下
・抑うつ状態や引きこもり傾向
・自ら積極的に治そうというより、むしろ受身的な治療が役立つという考え                 
(ACC, 急性腰痛と危険因子ガイド, 2010)

こえらの全てが当てはまっていたとも言えますし、3か月間の脚の痺れの原因を、もう少ししっかりとお話しをするべきだったと考えます。

 

  •  都営浅草線中延駅A3 徒歩6分
  •  東急大井町線中延・荏原町駅徒歩9分
  •  JR横須賀線 西大井駅 徒歩7分
  •  東急バス 荏原営業所 徒歩2分
  •  専用駐車場有り

 

お問い合わせはこちら

 

Home> 症例報告> 脚の痺れ> 3ヶ月前から左足外側が痺れ

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約