品川区のWHO基準カイロプラクティック。エビデンスに基づく対応で腰痛や肩こり ヘルニア 首痛、うつ病などの根治をサポートします。

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

頸椎ヘルニアと診断を受けて2年

3か所の頚部ヘルニアを指摘された方へのカイロプラクティック治療

あえてヘルニアを指摘された方という記述にしましたが、そこが重要だからです。痺れや首の症状があってヘルニアを指摘された方も少なくありません。もし手術を考えていらっしゃる方がいたら、「しなくていいですよ」というエビデンスを先ずご紹介します。

慢性頚部根性痛(3ヶ月以上持続)患者81名を対象に
①頚部椎間板切除術
②固定術群
③各種理学療法群(カイロプラクティック治療など)
④頚椎カラー群を比較した世界初のRCT(ランダム化比較試験)の結果、手術には保存療法を上回る効果がほとんどないことが判明。
http://1.usa.gov/PVsSUC

 

順調に回復した症例です

  • 頸部痛と左手の親指から中指にかけての痺れ
    頚椎

    頚椎のヘルニアの診断

  • 発症は2年前
  • MRI検査で医師は頸椎ヘルニアが3か所あると指摘

30代男性 会社員 大田区東馬込在住

痛みと状態

生活に影響が出ている状態

  • 2年間痛み止めの薬と牽引治療を続けるが、全く改善しない
  • 湿布薬の無い生活は考えられない
  • 冷や汗が出やすい
  • 寝つきが悪い
  • MRIの画像では確かに頸椎の3番4番5番6番の間の椎間板膨隆を確認したものの、臨床検査所見ではヘルニアの影響から出るでると考えられる所見はない

頸部の症状は自律神経症状が出やすいのが特徴です。蓄積されてくるとより厳しい状況になりQOLの低下を招いていまいます。常態化する前に来院なさるといいでしょう。勿論ストレッチなど、こまめにして下さることも大切です。

 

検査と施術

緊張が非常に激しい

カイロテーブル

カイロプラクティックのテーブル

首の筋肉のトーンが高い
脊柱に機能不全があるので、カイロプラクティックアジャストメントにより可動性の向上
前腕に筋緊張がみられたので緩和操作
ヘルニアを解剖学的に説明してマッケンジー体操を含む運動療法

 

 

ご感想

来院を重ねるたびに症状が引いてくるので、そのたびに信用できるようになった
初診時に来院回数の目安を伝えて頂けるので安心できました
ひと月に1回のメンテナンスが楽しみ

 

院長のコメント

とてもよくあるケースです

カイロテーブル

カイロプラクティックのテーブル

ヘルニアと診断を受けて注意しなければならないのは、運動障害や感覚麻痺、鈍磨がある時ですがそのような所見は見られませんでした。

頚部と胸部の境目など解剖学的に構造が変化するあたりは機能障害が生じやすいです。カイロプラクターの手で動かしてもらうほうが賢明である部分です。

腰部の椎間板ヘルニアの研究ですが、頚部でも同じことが言えると私は思います

21~80歳までの腰痛未経験者52名を対象にCATスキャンで腰部椎間板を分析した結果、年齢に関わらず35.4%に何らかの異常が検出され、40歳未満の19.5%に、40歳以上の26.9%に無症候性椎間板ヘルニアが確認。http://1.usa.gov/mBTclS

無症候性椎間板ヘルニアとは、画像診断でヘルニアがあるのに症状がないものを言います。腰痛や首痛が無い方でもヘルニアの方が2割以上いるのです。

■20~80歳までの腰痛未経験者67名を対象にMRIで腰部椎間板を分析した結果、21~36%に椎間板ヘルニアが、50~79%に椎間板膨隆が、34~93%に椎間板変性が確認されたことから、手術の選択は慎重にすべきと結論。http://1.usa.gov/knGWuH

この研究に関しては腰痛に1度もなったことが無い方だけを対象にMRIで椎間板を調べたということです。上記の通り椎間板の何等かの変化は殆ど全員に起きているものなのです。

■20~80歳までの腰痛未経験者98名を対象にMRIで腰部椎間板を分析した結果、少なくとも1ヵ所以上の椎間板膨隆が52%、椎間板突出が27%、椎間板脱出が1%確認されたことから、腰痛下肢痛患者の異常所見は偶然の可能性。http://1.usa.gov/l2kc0U

絶対に知っておいた方が良い情報です。

運動習慣のある方は回復がはやい

週に1回スポーツクラブへ行く運動習慣のある方でしたから、比較的早期に回復しました(8回の来院)。2年ある症状ですともう少し時間がかかる方が多いです。カイロプラクターは運動器の機能障害を取り除き、神経の流れを改善させます。運動をしている方のほうが機能低下が少ないですし、心肺機能はしっかりしているのでリハビリの補助になるからです。

現在快調にお仕事、育児をされているようで安心しました。お役に立てて光栄です。

肩甲骨までつながって痛い頚部痛

首から肩甲骨まで繋がって痛い 

カイロプラクティック症例報告
30代女性 出版業界

  • 1ヶ月ほど前から首の痛みがでてきた
  • もともと慢性的な肩こりもある
  • 2カ月おきくらいで首が痛むのでどうにかしたくて来院
  • お医者様では原因不明

繰り返し起こる首痛は人生を憂鬱にさせるものです。なんとかしたいものですよね。

初診時の痛みと状態

朝が特に気になる

  • 朝起きた時に首が全く動かなくなることがある
  • 悪化すると 肩甲骨のほうまで痛みが出る
  • 首を反らすと痛みが肩甲骨まで走る
  • レントゲンも撮影したが病院では原因がわからないという
  • 10年前から同じような症状を繰り返し今回で4回目

このような症例の場合一般的な医師の治療は効果が低いです。

エビデンス三角

非ランダム化比較試験ですからレベル3の研究

1992年のレベル3の比較対象試験によると

頚部痛と腰痛患者256例を対象に、医師の標準的な治療群、脊椎マニピュレーション群(背骨の矯正)、理学療法群、シャムトリートメント群(偽治療)に割り付けたRCTによると
最も成績が悪かったのは医師の標準的な治療群とシャムトリートメント群(偽治療)だった。
http://1.usa.gov/kfFvV6

簡単にいうとレントゲンとってお薬を飲むより、理学療法か首の骨を矯正するカイロ治療の方が治療成績が良いということです。

検査と施術

首の関節の機能低下による硬節痛(こうせつつう)

  • 検査の結果、第5頚椎の機能不全から出る痛み(硬節痛)が疑われる。当然頚部の筋肉群も硬化している
  • 斜角筋群のトリガーポイントがあるのでストレッチ&プレッシャー(伸ばして押すこと)
  • 位置感覚認識異常の疑い(どれだけ首が動いているか認識できていない状態)
  • 充分な緩和操作とカイロプラクティック治療
  • 頚部の位置感覚の補正

カイロプラクティックは硬節痛という考え方をよくします。これはカリエという学者が関節に食塩水を注射してどこの領域に痛みが出るかを調べた研究に遡ります。

今回は首から腕へということですが、腰から腿へなど様々な関節関連痛が確認されています。

このように首の関節から肩甲骨周囲に痛みが関連して出ることは良くあります。

最近はインターネットでも同じような自己ストレッチ方法などが良く見られます。まず自分で試してみて、それでも納得できるレベルまで回復しないようならカイロプラクティック治療に行ってみましょう。

感想

回復していくのが解かる

  • 数回の施術で随分楽になりました 
  • 運動不足も原因と指摘していただいたので、時間を作って運動していきたい

院長のコメント

首の筋肉からの関連痛

院長

院長の顔

肩甲骨まで走る痛みは、頚椎の関節からの関連痛やそれに付随する筋肉症状の疑いが強いです。首の構造は非常に複雑ですから異常を感じた時は速やかに受診されると良いでしょう。

頸椎は専門家でないと矯正した時の力加減が強すぎて大きな事故につながりますから間違っても素人にやってもらわないことです。

痛みが出てから遅くても3ヶ月以内にはご来院を

慢性化すると(3ヶ月以上になると)健康面、経済面にも大きく響きます。早めに来院した方が絶対に有利ですから迷わずお近くのカイロプラクティックにお電話ください。

再発防止にはリハビリテーションの必要性

運動だけが有効という2001年のレベル1の研究

頚部痛と腰痛の予防をテーマにした27件の比較試験を分析した体系的レビューによると

教育的介入(腰痛首痛教室)、コルセット、人間工学的介入、危険因子の修正に予防効果は確認できなかったものの、運動だけがその有効性を証明できた。
http://1.usa.gov/sQ19b6

多くのカイロプラクティック治療院はリハビリテーションも行っています。再発防止や回復した機能を維持することも大切ですから治療院選びの一つのポイントにしてみてください。

しかし運動習慣が無かった方にとっては、習慣作りが一番の難関でもあります。気長に取り組む必要があります。

また女性は関節構造が男性にくらべて比較的柔軟にできているので、回復は早いことが多いですよ。

20年ある首の鈍痛(40代男性)

首の鈍痛へのカイロ治療 

40代男性 大田区西馬込在住

中期的に完治した症例です

  • 20年ほど前から後頭部に重だるさ
  • 朝起きた時から寝る前までずっと首の重さがある
  • この症状に付きまとわれて嫌で嫌でしかたがない

痛みと状態

朝から晩までの首の痛み

  • 鈍い痛みが後頭部に起床時から消灯時まで常にある
  • 交感神経過敏
  • 頚椎は機能を著しく損なっている
  • 鈍い痛みが緊張でさらに強まると頭痛になる

検査と施術

筋肉が固まっている

  • 首の筋緊張が凄い
    カイロテーブル

    カイロプラクティック専用のテーブル

  • 頚椎は3分節ほど固まっているような状態
  • 後頭部から首いかけて充分な緩和操作
  • カイロプラクティックアジャストメントで神経の流れを良くする
  • 来院毎に自宅でのストレッチ指導

施術ごの感想

少しずつ回復を実感

  • しっかりとしたカイロプラクティック治療は初めて受けた
    猫のポーズ

    背骨のリハビリ

  • 20年あった症状だが少しずつ改善していくのが実感できた
  • 何所へいっても良くならなかったけれど、良くなっていった
  • 時間をかけて毎回ストレッチを修正してもらえた。意地になってつづけたのが良かった

院長コメント

慢性の症状にはアクティブに治療していきます

最初数回の来院では、翌日には首の重さが出ていたが1週間後に来院 モビリゼーションを中心に、頚部の可動域を時間をかけて回復させる5回の来院で頭痛の消失。

改善と増悪を繰り返しながら4カ月間の間に計20回の施術を行い、20年間あった頭痛はほぼでなくなり、首も幾らか楽になってきている。15回目から20回目はヨガのアーサナなどを取り入れて積極的なアクティブケアを行っています。カウンセリングの様子

首の関節が棒のように固まっていました

首の骨は7つありますが、症状がある方は複数個の関節がまとまって棒のようになっていることがあります。このような状態は筋肉を固めてしまい、悪循環になってしまします。レントゲン上では問題なく映りますが大切なのは、それらの機能性です。

何十年のある症状でも、積極的にとりくんでいけば改善していきますのでお気軽にご相談ください。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約