品川区のWHO基準カイロプラクティック。エビデンスに基づく対応で腰痛や肩こり ヘルニア 首痛、うつ病などの根治をサポートします。

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

妊婦のカイロプラクティック・ケア

カイロプラクティックは妊娠中の方でも受けられます

世界中でカイロプラクティック・ケアは行われている

良くある質問

カイロプラクティックが法制化されている国では、妊婦のカイロプラクティック・ケアは日常的です。

WHO基準のカイロプラクティックでは危険性はありませんし効果的であることが科学的に証明されています。

妊娠期間は安定するまでは体調が大きく変化する方が多いものです。他の代替医療の先生方も妊婦さんは敬遠しがちと聞きます。

カイロプラクティックテーブルのアブドミナルセクション

カイロプラクティック専用テーブルですので、お腹の部分に負担が掛からないように変形させられます

害がある訳ではありませんが、関節に素早い負荷を掛けるアジャストメントは気になる方には行いませんし、カイロプラクティックテーブルでも、うつ伏せが心配のようでしたら横向きで施術をしています。

お気軽にお申しつけください。カイロプラクティックは安心してご利用いただけます。

2015年の研究(システマティックレビュー)

研究方法の不均質や一貫性のなさなどの指摘はあるが、妊婦へのカイロプラクティック治療が有効であることが超一級のレポートとして報告されています。
https://goo.gl/EMnT7g

流産の心配

実際に心配なのは胎児にダメージを与えてしまうのではないかという事だと思いますが、お腹に負担のかかる施術は行いませんし、無理な体勢での施術も行いません。カイロプラクティック・ケアによって流産のリスクは高まりません。

ただし妊娠12週までにカイロプラクティックを受ける場合は次の事を理解していることが大切です。

妊娠12週までの初期流産は母体が原因ではなく赤ちゃんの問題、つまり染色体異常とかで成長できず亡くなっていくということ。

妊婦の腰痛治療・品川区の整体カイロプラクティックそのまんまサンシャイン

妊娠12週までにカイロプラクティックを受ける場合は、その事を十分にご理解いただいて判断してもらっています。

問題なのはもし流産してしまったときの母親が「あの時カイロプラクティックが原因かも?」と考えて自分を責めてしまうようならば、特に妊娠12週目まではカイロプラクティック治療は避けた方がいいかもしれません。

腰の機能を高める

妊娠中に腰痛になっても椎間板などの構造が壊れているわけではありません。生活の変化による腰部筋膜群への負担、出産への不安などからくる心理的な側面などからの腰痛が多いと考えられます。

妊婦54名と非妊婦41名の 腰部椎間板をMRIで比較した結果

椎間板異常は妊婦群で53%、非妊婦群で54%妊婦も安心・整体カイロプラクティックそのまんまサンシャイン

椎間板ヘルニアは妊婦群で9%、非妊婦群で10%

椎間板膨隆は両群とも44%と差がなかったことから、妊娠で体重が増加したり腰部の構造が変化することで椎間板が潰れることはなく、安全であるとこの研究では結論している。 
( Radiology. 1989 Jan.Weinreb JC et at al.)

早めのご来院を
院長

院長の顔

妊娠中に腰痛や肩こりが出てきたら、カイロプラクティック・ケアを通してしっかりサポートさせていただきます。
あれこれ悩んでないで早めにご連絡いただければと思います

痛み自体が不安を増強させますし、快適な状態を作るとこは元気なお子さんの出産に繋がりますよ。

院長ブログの「女性の健康コーナー」もお楽しみください

妊婦の健康について

品川区で妊婦の健康管理のお手伝い
カイロプラクティック治療は安全かつ有効です

妊娠中の腰痛、肩こりの治療は当院におまかせください。

なかなか受け入れてもらえない、妊婦の腰痛や肩こりの治療。妊娠中は痛みを抱えやすいものです。WHO基準のカイロプラクティックは安全で効果的です。お気軽にご相談ください。

当院ではマタニティー・ヨーガを推奨しています。

近くのヨガ教室と協力しています

妊娠中の身体の変化は大きなものです。腰痛から回復した後も、健康管理はとても大切です。当院は呼吸法を中心としたマタニティー・ヨーガをお勧めしています。元気なお子さんを産むために、ご利用ください。

松原夏穂のマタニティーヨーガ

妊娠中に健康についても解説していきます

先進国では過去30年間にアレルギー疾患の罹患率が上昇。妊娠中に理解しておきたい事

先進国では過去30年間にアレルギー疾患の罹患率20%以上にまで上昇。食べ物の原因説もあるものの、妊婦のω3脂肪酸摂取に乳児のアレルギー減少効果見られなかった。卵アレルギーだけは減少(介入群9%、対照群15%)妊婦の健康

妊娠中の女性がn-3系(ω3)長鎖多価不飽和脂肪酸を摂取しても、生まれた子供のIgE関連アレルギー全般のリスクは低下しない。
妊婦のω3系の摂取が、産後1歳児までの牛乳、鶏卵、小麦、マグロ、ピーナツ、草花粉、牧草(ペレニアルライグラス)、オリーブ花粉、カビ(Alternaria tenuis)、猫の毛、ヤケヒョウヒダニなどへの乳児のアレルギー発生リスクを下げる証拠はないということです。(BMJ 2012;30 January 2012)

当院ではマタニティー・ヨーガを推奨しています。

呼吸法を中心とした優しいヨーガ

品川区では少ない、マタニティーヨーガ教室と提携して妊婦の健康管理をさせて頂いています。お気軽にお問い合わせください。

Home>  良くある質問>  妊婦の健康について

妊娠中の骨盤矯正

妊娠中でも問題なくカイロ治療は受けられます

カイロプラクティックは妊娠中でも受けられます 骨盤矯正や筋肉を緩めることで産中の心身の負担を軽くします。極力ストレスの少ない生活で元気な赤ちゃんを産みましょう。

流産のリスクは高まるのか?

妊娠初期(12週まで)の流産は染色体異常が主な原因で胎児が成長できないために起きると言われています。これは妊娠全体の10%という数字です。カイロ治療が直接流産のリスクを高めるわけではありませんが、心配な方は安定期に入ってからにしましょう。

胎児に負担のないように

ご本人が不安な場合はお話あいのうえ、より負担の少ないカイロケアが選択されます。ご安心ください妊婦のカイロ治療 中延

妊娠中の骨盤矯正で一休みを

妊娠中は生活が大きく変化していく期間です。さまざまな理由から腰痛や肩こりを引き起こす方もいらっしゃいます。たまには身体を芯から休めてあげることも、元気な赤ちゃんを出産するのに大切な要素です。

WHO基準のカイロプラクティックなら安心して来院

中国医学などでは妊娠中の施術は、部位によっては流産を招くから不可としていますが カイロプラクティックの骨盤アジャストメントでは臨床研究から骨盤矯正で流産をする招く可能性は否定されています。ご安心ください。妊婦と夫のカイロ治療中延

妊娠中は特にナーバスになりやすいものです。

カイロプラクティックを取り入れてで円満な夫婦生活を!

 

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約