品川区のWHO基準カイロプラクティック。エビデンスに基づく対応で腰痛や肩こり ヘルニア 首痛、うつ病などの根治をサポートします。

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

健康について

カイロプラクティックはヘルスケアの専門職。健康をケアする専門職です。

『健康とは病気のないこと』ではない

カイロプラクティックは腰痛を治す人のように思われがちですが、ヘルスケアの専門職です。健康に焦点をあてて人間を診させていただいています。その健康が損なわれると病気になり、健康が枯渇すると死を迎えるという考え方です。では健康とはいったい何でしょう。WHOの健康の定義を参考に見ていきましょう。

まずはWHOの健康の定義

健康とはさまざまな要素が満たされた状態

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

世界保健機関のマーク

世界保健機関

「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。」
(日本WHO協会訳)

1998年に提案された健康の定義の新しい案

実は新案が出されていたWHOの健康定義

Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

「健康とは完全な肉体的(physical)、精神的(mental)、Spiritual及び社会的(social)福祉のDynamicな状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない。」(厚生労働省)

という変更案でした。交感神経副交感神経もいつもダイナミックに変動しています。肉体的にも精神的にも死生観的にも社会的にもダイナミックであることって、いかにも充実した人生で躍動感がありますものね。

健康と病気は連続性があり、常に変動しているという概念

静的に固定した状態ではないということを示す dynamic は、健康と疾病は別個のものではなく連続したものであるという意味付けからまた、 spiritual は、人間の尊厳の確保や生活の質を考えるために必要で本質的なもの だという観点から、字句を付加することが提案されたのだと言われています。 (日本WHO協会)

この点に関して私の考え

昨今のスピリチュアルブームは人間には必要な要素であることを意味しているとも考えられます。カウンセリングの様子

オーム事件から新興宗教等へのアレルギーが本邦にはありますが、宗教観というようりは昔から言われている『死生観』や『あの世の話』など、科学では証明できない情報も科学的ではないのですが、人間が健康的に生活していくには必要なのだろというスタンスでいます。

この部分は内田樹先生が面白いお話しをされていたのですが、ネアンデルタール人と猿人との差は火を使う事と、埋葬が始まったのがネアンデルタール人からだとうことです。猿と人との差は埋葬をして死者を弔うか否か。

実際にあの世があるとか無いとかはどうでもよくて、そのような感性を持っているかどうかです。この点が著しくかけていていると幾らお金儲けが上手でも健康ではなくなってしまうところが人間の面白い部分でもあります。

堅苦しく考えずに、日本の場合、お正月に初詣でに行くとか、お盆にお墓参りに行くなど生活にとけこんだ宗教的な行動から考えれば良いのではないかと考えています。

このWHOの健康観は、腰痛らの解放という観点からしても重要です

最新の研究でも、腰痛を構成する要素と似ています。腰痛(特に慢性痛は)以下の4つから成ると言われています。つまり腰痛から完全に回復するには以下の4つの要素を満たす必要があるのです。

  1. Physical 肉体的要素
  2. Social  社会的な要素
  3. Mental  心理的な要素
  4. Spiritual 精神的な要素

健康の社会的な因子とは

上記の2.にあたるSocialの要素

WHO欧州地域事務局は明確な根拠のある事実から『健康の社会的決定要因』として 「社会格差」「ストレス」「幼少期」「社会的排除」「労働」「失業」「社会的支援」「薬物依存」「食品」「交通」 を挙げて健康政策の重要性を強調している
(WHO欧州地域事務局2003 pdf.日本語)

これは人間関係は勿論のこと、就業状態つまりブラック企業でないかなどは想像しやすいですよね。必要な時に社会的な支援が受けられることも健康の要素ですし、交通なんてのも重要な要素のようです。

つまり各個人で取り組めることと、みんなで作り上げていくこととあるということです。これらが不足していても不健康と考えられます。グローバリゼーションで地域社会が崩壊したと言われる昨今、新しいsocietyを模索していく必要もあると思います。

世界の抱える健康問題が浮き彫りになっている

欧州やアジア圏、もちろん日本の社会も不健康が蔓延している状況が伺えますよね。痛みからの解放もそうですが、健康的な生活を送っていける社会を作っていく事は、我々人類が向かう方向性を示しているように私は思います。

健康の価値

カイロプラクティックはヘルス(健康)ケアの専門職

健康にどれくらいの価値があるのだろうか?

どれくらいの価値があるかどうかは人それぞれが大前提です

まず何に価値を置くかというのは、各々の人生で違います。どれが正解というわけではありませんが、お金や貴金属が一番の価値だと思っている人、いや友人などの人間関係こそ一番の価値だという人、趣味に価値を置く人、骨董品に価値を見出す人など、他人から見れば「何が面白いんだろう…」という価値もあります。

Googleで調べると

かち価値】 どれくらい大切か、またどれくらい役に立つかという程度。またその大切さ。ねうち。

とあります。健康が各々にとってどれくらい大切なのかも人それぞれ。健康がどれくらい役に立つか?と問われれば、かなり役に立つとしか言いようがありませんが、大病をなさった方はその大切さに気づき、何ものにも代えがたいものと表現したりします。

もちろん何に価値を置くかはひとそれぞれですが…

疾病の大規模研究から考える健康の価値

病気になったときにしか解らないことでもあるので疾病から考えてどれくらいの金銭的価値かを考える

運動不足による損失

身体不活動の経済負荷について世界レベルでの定量化は初

2013年のデータで、142ヵ国について身体不活動に起因する経済負荷を推算したところ、 直接医療費用と
DAILY(障害調整生命年(しょうがいちょうせいせいめいねん、英: disability-adjusted life year、DALY=病的状態、障害、早死により失われた年数を意味した疾病負荷を総合的に示すも)

冠動脈疾患、脳卒中、2型糖尿病、乳がん、大腸がんについて算出

2013年の世界の身体不活動の経済負荷は、保守的解析(conservative analyses)では675億ドル(185~1,821億ドル)であった一方、非保守的解析では1,452億ドル(470~3,388億ドル)と、より高値の推算値が示された。

原著論文はこちら
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27475266

昨今運動をしましょうという風潮が盛んですが、運動するだけで冠動脈疾患、脳卒中、2型糖尿病、乳がん、大腸がんだけでも多めにみると30兆円にもなるようです。え、数字が大きすぎて分からない?私も数字は苦手ですが、割り算をすると全世界で一人当たり年間約5000円の負担になっているみたい。

 健康生命年の最大損失は「癌」

既知の主要予防可能なリスク要因に関連する健康生命年の最大の損失はがんという報告です。(米国)
https://www.eurekalert.org/pub_releases/2016-10/acs-mcw101816.php

二つの予防可能なリスク要因と密接に関連するのは喫煙と飲酒。

いろいろと健康生命年の損失はあるでしょうが、癌が一番損失が大きいようです。細かいところより、喫煙と飲酒が癌のリスクが高いということです。

安易に抗生物質を使わない

世界経済3・8%減少も 耐性菌流行で世銀報告
2016年9月20日 (火)配信共同通信社

 【ワシントン共同】世界銀行は19日、抗菌薬の効かない薬剤耐性菌の流行で、2050年時点の世界全体の国内総生産(GDP)総額が3・8%減る恐れがあるとする報告書を公表した。経済が順調な場合と比べ、6兆1千億ドル(約610兆円)の損失になるとしている。

抗生物質に関してはさまざまな医療関係分野から不適切な使用が問題視されています。私が最近読んだ本では、腸内フローラが崩れてしまうことになるのが問題と書かれていました。

ご興味がある方はご一読ください。次世代の医療を示唆する画期的な内容になっているます。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約