院長紹介

院長は海外でも通用するカイロドクター
About Chiropractor

院長の顔

院長 伊藤孝英

愛知県出身 1974年生まれ

2007年 オーストラリア:メルボルン州立大学健康科学部 カイロプラクティック学科日本校卒業

現東京カレッジ・オブ・カイロプラクティック) フルプログラム修了

・応用理学士(医科学)
Bachelor of Applied Science,Clinical Science 
・カイロプラクティック学士 
Bachelor of Chiropractic Science

卒業時の症例報告

・症例報告1 「投薬下における筋緊型頭痛へのカイロプラクティックマネージメント 」
・症例報告2「椎間孔拡大手術の必要性を伝えられた患者のカイロプラクティック治療」

・卒業研究  『カイロプラクティック治療におけるうつ症状への有効性』(PDF) 

・2005年 デンマーク開催『世界カイロプラクティック学生評議会』にRMIT大学日本校の学生代表として出席

WCCS参加証

WCCSデンマーク大会参加

・日本とはまるで違うデンマークのカイロプラクティック事情を垣間見た感想はこちらをお読みください。

・2005年 RMIT大学付属新橋外来センターにて臨床実習を開始
・2007年 RMIT大学日本校卒業
・2007年 新橋元気院勤務

・日本カイロプラクターズ協会正会員
・TMSジャパン入会
・2012年 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法ビデオ研修修了(第242-202号)
・2013年 国立精神・神経医療研究センター 『不安と鬱の統一プロトコル研修』修了

修了証の写真

各種修了証

・2015年 日本カイロプラクティック登録機構 登録

 

趣味:・ヨーガ・読書・銭湯

皆さまのお声です

院長メッセージ
Message from the Director of Sonomanma

はじめまして

はじめまして、この歴史ある品川区という地域でカイロプラクターとして、背骨を軸にヘルスケアができる運びになったことをたいへん光栄に思っております。カイロプラクティック治療を通して、背骨の健康の素晴らしさ大切さを一人でも多くの方に知ってもらえたら幸いです。

カイロプラクティックは21世紀の医療と言われています。その思想体系も含め、予防医学的なヘルスケアの専門職になります。この品川区で背骨のケアを通して地域社会についてもお話できたらいいなと考えています。

背骨を中心に考えると面白い

背骨はバックボーンと言いますね。バックボーンは大黒柱というような物理的な意味もありますし、 あなたを成り立たせている考え方、精神的支柱という意味もあります。あなたのバックボーンが機能不全になっていると様々な不具合が起きてくるというのがカイロプラクティックの考え方です。

皆さまの健康を維持するのには背骨の調整やお身体を温める、ストレスを溜めない(扁桃体を活性化させない)、前向きに生きる(側坐核の活性化)など他の要素も多く関連しています。

医学は病気を見つけるのが目的、われわれカイロプラクティックは適応阻害因子を見つけるのが目的

カイロプラクティックの特徴は背骨を中心に現状を把握し、背骨の上にあらわれた適応阻害因子をアジャストメントで取っていきます。適応阻害因子が取れれば人の身体は自然治癒力を発揮させます。

背骨の検査風景

坐位での背骨スクリーニング

アジャストメント、振動療法で物理的に背骨の健全性を取り戻すことも大切ですし、認知行動療法によって適応的な考え方を見出していくのも大切です。

自律神経の働きにより自然治癒力が発揮されていけば人は自然と健康状態をとりもどしていきます。

そしてメンテナンスの時期にはいると健康を維持、増進していくのがカイロプラクティックです。

健康が増進していけば病気にかかるリスクも低下します。これらのことは運動療法が一番効果的です。取り敢えず痛みで運動するのはとてもという方や、抑うつ状態で何もやる気が起きない方が運動できるところまで健康の度合いを上げることが第一歩です。

自然医療は完璧ではないが、捨てたものでもない

誰しもが抱きがちな幻想にある一つに「自然医療こそ人間にとって最高の医療」というものがあります。これは癌治療や終末期医療で語られ、誤解や訴訟にもなりがちなことなのですが、自然療法に頼りきるのは現代社会を生きている限り得策ではないとおもいます。

しかし西洋医療だけが唯一の解決方法ではないことも確かなことで、こと腰痛、肩こり、うつ病などは西洋医学が介入すればするほど複雑になるのではないでしょうか。カイロプラクティックのような自然医療がお役に立てるシーンも多いことを実証しつづけています。

鬱で苦しんでいる方々の背中を押してあげたい

鬱で苦しんでいる友人がきっかけでこの道に

わたくしは友人がカイロプラクティックでうつ病から回復したことでカイロプラクティックに興味を持ちました。鬱の方は自己否定や状況を否定していることが多く、そんな方々に少しでも楽になって頂けたらということで「そのまんまサンシャイン」という個性的な院名になりました。院内の一風景

そのままのあなたで輝いてますよ

 

という意味がこめられています。この意味は背骨が自由になればなるほど感じられるようになります。社会的なしがらみや押し付けられた価値観の中でガンジガラメになってませんか?

現代医療とは別の視点のカイロプラクティックが私には新鮮に映りました。カイロプラクティックは3つの構成要素で成り立っています。それは科学と芸術と哲学という3要素です。

考えてみると人間はお薬一つでポンと変われるような機械ではなく、芸術性、哲学性ということ抜きには語れない存在であることが見えてきます。

腰痛と鬱には深い関連があることが、ここ数年で解ってきている

腰痛とストレス、うつ状態との関連性について考察をつづけています。痛いから気分が落ち込むこともありますし、気分の落ち込みが身体の痛みとして現れることもあります。

1999年のWHOのデータ

WHOの心理的問題に関するデータを用いて14ヶ国の患者25,916名を分析した結果

プライマリ-ケアを訪れるうつ病患者の約70%は身体症状を主訴として受診しており、最も一般的な症状は痛みに関連するものであることが判明
(N Engl J Med. 1999 Oct 28)

どちらも相互に関連していますので、精神科医のように精神だけに偏ったり、背骨さえ治療すればすべて解決という偏った見方はしていません。中庸を大切に相互を診ていきます。
院長の卒論 『カイロプラクティック治療におけるうつ症状への有効性』(PDF) 

 
ウェルネスケアの時代へ

くしくも医学は予防医学という方向へ方向転換せざるおえなくなっています。病気になってからのコストは高すぎますものね。どこの先進国でも医療費だけで国家財政は火の車のようです。お薬を何年も飲み続けていても根本的に解決しないのは何故でしょうか?

身体の痛みや自律神経症状、心の痛みをきっかけに、予防医学に転換していくことをお薦めしています。

私がカイロプラクターを目指した理由はこちか

背骨はあなたの大黒柱 精神的肉体的な柱です!

医聖ヒポクラテス、発明家トーマス・エジソンの残した言葉は本当だった。

ここに私がカイロプラクティックを学ぼうと決心した2人の言葉を転載いたします。

エジソンとヒポクラテスの言葉

エジソンとヒポクラテスの言葉


一つは医学の父や医聖とよばれるヒポクラテスの言葉。

「病気の原因を知る為には脊椎をよく調べなさい」 

これは病気の原因を知りたい時は背骨をしっかりと調べてみなさいということです。最近この言葉が真実であると実感しました。

次にかの有名な発明王エジソンが残したとされる言葉

「未来の医師は薬を処方しないでしょう。しかし患者の身体の管理、食事、病気の原因と予防に関心を払うようになるでしょう」 

カイロプラクティックだけがそうだとは言いませんが、統合医療という形で人類の歩む方向を指し示している言葉だと私は信じています。

人間の可能性を信じて、自然治癒力を引きだしていく

カイロプラクティックは「手」で人を診る自然療法です。副作用がありませんからどなたでも気軽に受診することができることが特徴です。21世紀の医療と呼ばれるカイロプラクティックで、近隣の皆様の生活に多少なりともお役に立つことができるのなら、これ幸いであります。

私がカイロプラクターを目指した理由はこちら

皆さまのお声です

お問い合わせ

カイロプラクティックそのまんまサンシャイン

〒142-0043
 東京都品川区二葉4-24-1 GSハイム中延105
営業時間:10~22時
(基本的に水曜日休・予約制)

ご予約・お問い合わせ

Tel:03-5749-3558
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのご予約はこちら

東急大井町線および都営浅草線・中延駅A1出口から徒歩6分。

東急大井町線・荏原町駅やJR横須賀線・西大井駅からも徒歩8~9分。