頸椎椎間板ヘルニアの症例 の記事一覧

病院に行く前にカイロプラクティックでも良い

日本では未だ知られていませんが、腕への症状がある時などはカイロプラクティックのような保存療法が第一選択として適切であると世界の医学会でのコンセンサスが2003年に得られています。

画像診断をしてヘルニアなどの変形が見つかると、画像だ脳裏に焼き付いてしまい機械的損傷であるという認識が患者さんに起きてしまします。「故障」という認識は回復を遅らせてしまうことが統計上証明されていることです。

首から腕、手への症状にカイロのような保存療法が第一選択である 2003年

脊髄造影やMRIなどの診断研究は適切なタイミングで行われるべきだが、ほとんどの首の痛みは、自己限定性疾患であり適切な保存療法で解決されます。

カイロプラクティック治療のような非外科的治療は、頚頚腕症候群のほぼすべてのケースで最も適切な最初のステップである
(Instr Course Lect. 2003;52:489-95)

急性期から慢性化した症状も対応しています。ご安心ください。急性期なら5回ほどの来院である程度症状はコントロールできるようになります。3ヶ月以上の慢性症状も多くの場合初回で大きく改善し、心理社会的要素がなければ5~10回ほどの来院の中でほぼ消失します。似たような症例がないかチェックしてみましょう。

 

腰痛革命

NHKスペシャルの1分程動画です

頸椎ヘルニアと診断を受けて2年

頸椎ヘルニアと診断を受けて2年|カイロプラクティック治療による症例報告です。頸部の症状は自律神経症状が出やすいのが特徴です。蓄積されてくるとより厳しい状況になりQOLの低下を招いていまいます。ご覧のとおり手術は必要ないですし、カイロプラクティック治療で回復をめざせますよ。

≫頸椎ヘルニアと診断を受けて2年の続きを読む

病院で頸椎ヘルニアと診断を受けて2カ月

病院で頸椎ヘルニアと診断を受けて2カ月|整体に品川で通うなら【そのまんまサンシャイン】へ。WHO基準のカイロプラクティック治療で腕の痺れや首痛はお任せ。世界の腰痛診療ガイドライン準ずる対応で頚椎ヘルニアも完全対応。都営浅草線中延駅から徒歩5分で、専用駐車場もございます。是非一度お越しください。

≫病院で頸椎ヘルニアと診断を受けて2カ月の続きを読む

左手の痺れでヘルニアと診断を受けて

左手の痺れでヘルニアと診断を受けて|整体に品川で通うなら【そのまんまサンシャイン】へ。WHO基準のカイロプラクティック治療で手や腕の痺れはお任せ。都営浅草線中延駅から徒歩5分で、専用駐車場もございます。是非一度お越しください。

≫左手の痺れでヘルニアと診断を受けての続きを読む

デスクワークで左腕に痺れがでる

デスクワークで左腕に痺れがでる|学生時代に頚部椎間板ヘルニアの診断歴がある30代男性の症例です。6回の治療でトリガーポイントを完全に除去しても、日常的な症状が改善しない為、再検査をおこないました。肩回りの筋肉が症状の原因ではあるが、姿勢筋の機能低下が根本的な問題であると判断。 

≫デスクワークで左腕に痺れがでるの続きを読む

カイロプラクティックそのまんまサンシャイン

〒142-0043
 東京都品川区二葉4-24-1 GSハイム中延105
営業時間:10~22時
(基本的に水曜日休・予約制)

ご予約・お問い合わせ

Tel:03-5749-3558
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのご予約はこちら

東急大井町線および都営浅草線・中延駅A1出口から徒歩6分。

東急大井町線・荏原町駅やJR横須賀線・西大井駅からも徒歩8~9分。