品川区のWHO基準カイロプラクティック。エビデンスに基づく対応で腰痛や肩こり ヘルニア 首痛、うつ病などの根治をサポートします。

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

むちうち症になって30年

カイロプラクティック治療では良くならなかった鞭打ちの考察です

30年鞭打ち症が続いているケース。中枢感作の疑いが強い。

  • 何をしてても首が痛い
  • 痛みが怖い、何かにすがりたい気分
  • 今までありとあらゆる療法をやったが効果が無い

 60代男性 会社経営 神奈川県川崎市在住

痛みと状態

触診だけで痛すぎる訴え

  • 30年痛みがあると、わらをも掴む思いである
  • 首に軽くふれるだけで痛い
  • 神経ブロック注射も過去に30回ほど行っている
  • 痛みで死んでしまいたいと思う事もある

指で軽く触れるだけで「痛い」ということは痛みが感作性疼痛(中枢感作)になっていることが考えられます。これは首の筋肉や皮膚が本来感じている信号を脊髄や脳が複雑な経路をたどって痛みを増強して感じている状態です。詳しい機序は解っていないのですが異常な状態と言えます。

神経ブロックを30回程行ってきたようですが中枢感作に対して行われていたかは不明です。もし同じような状態であるならば専門的に研究されている「不定愁訴など原因不明で治療困難な症状を専門に治療を研究・実践するサイト」 をご覧になるのもいいでしょう。

検査と施術

ほぼ触診のみ

  • 簡単な触診をして、身体とこころの関係を説明する。触れるだけで激痛がはしるので、首は触診のみで状態をみる
  • 2回目の施術は首には触れずに、背中、腰の治療をする

施術後のご感想

触診だけで悪化

カイロテーブル

カイロプラクティックのテーブル

  • 初回の治療の翌日に 痛みの悪化を訴える
  • 施術が怖いので、2回目の施術の翌日にお電話にて治療をやめると申し出られた

コメント

マニピュレーション、モビリゼーション、運動療法が何もできなかった

まずカイロプラクティック治療らしいことが何一つさせてもらえなかったのが悔やまれるところです。触れるだけで激痛がありますから関節をゆっくり動かすこともできませんでした。カイロプラクティック治療はケベック特別委員会での報告でも有効性が説かれています。

【マニピュレーション】長期間にわたる治療は正当化されないが、短期間ならWADの治療に脊椎マニピュレーションを用いることができる。ただしこのテクニックを行なうのは有資格者に制限すべきである。http://1.usa.gov/LYNegq

【モビリゼーション】限られたエビデンスからモビリゼーション(瞬間的に外力を加えることなく可動制限がある関節の可動域を無理なく徐々に広げて行く他動的ストレッチ)はWAD(むち打ち関連障害)の治療として用いることができる。http://1.usa.gov/LYNegq

【運動】限られたエビデンスからROM(関節可動域)運動はただちに実行されるべきである。痛みが激しい時は休み休み行なう必要があり、症状の悪化がみられた場合は臨床的判断が重要である。http://1.usa.gov/LYNegq

脊椎の牽引や起立筋の緊張を緩めることで頸椎へのアプローチの可能性も出てくると考えていましたが、痛みを増強させてしまい可能性は無くなりました。

カウンセリングが必要だったカウンセリングの様子

上記の状態で出来ることは認知行動療法による疼痛管理でしたが、出来ませんでした。カイロプラクティック治療院ということで徒手治療を期待して来られると本質を見失うことがあるのですが正にそれでした。痛みが本人の生活の奥深くに入りこんでいたので充分なカウンセリングを初回に行うべきであったと考えています。

頚部には触診しか行っていないが、悪化を訴えているので慢性痛の特徴である脳内ペインマトリックスも活性化しているものと考えられる。
痛み方もお話しを伺っていると心理的な要素からの痛みが深刻であったようである。

痛みが30年続いていると、想像をはるかにこえる苦しみの中でいらっしゃったのでしょう。痛みと環境は密接に関係しているので環境が痛みをここまで肥大化させてしまうとおもような症例でした。

中枢感作という現象

上記の「不定愁訴など原因不明で治療困難な症状を専門に治療を研究・実践するサイト」 を一読されると良く解るのですが非常に難しい症例であることは間違いないようです。

仮にブロック注射で神経根ブロックによる中枢感作にアプローチする方法を選択するにしても、回復する方向性に行くと血流が増して一時的に耐えがたいような痛みが出る事もあるようで、極めて難治と言えるようです。

今ならマイオセラピーで施術する

現在ならばマイオセラピーを選択肢の一つに上げます。この場合は交感神経節の存在する胸椎を中心に施術を行うことで中長期的に回復に向かうことを狙いにします。マイオセラピーの施術も中枢性の神経炎症が起きるため痛みがさらに増幅する可能性があります。

中枢感作がない人にも30分は説明する重要な反応ですので、本症例が胸椎のマイオバイブによる振動に耐えうるならば症例としては興味深いものになるかもしれません。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約